FC2ブログ

「話し方」で人生を変えたアナウンサーから教えてもらったこと  はてなブックマーク - 「話し方」で人生を変えたアナウンサーから教えてもらったこと


先日予告したとおり、
人生が変わる ビジネスチャンスをグッとつかむ話し方
というセミナーに参加してきました。

講師の方は、
話し方を学んだ結果、会社員からラジオパーソナリティへ転身され、さらにはフリーアナウンサー社長業(&主婦業)とマルチなご活躍をされている北平純子さん。


現役アナウンサーの方から、少人数で話し方のスキルを学べるとあって、とても楽しみにしていたんです。


そこで感じたことなどをまとめておきます。



第一印象は7秒で決まる

人と出会った時、第一印象と言うのはたった7秒で決まってしまう、というお話がありました。

なにかで読んだことがあるような話ではありますが、最近意識出来ておらず(汗


また、話し方について、相手に伝わる印象に影響力のある割合は、
  • 言語情報(話の内容)はたった7%
  • 聴覚情報(口調やスピードなど)が38%
  • 見た目(ボディーランゲージなど)が55%
というメラビアンの法則が紹介されました。

つまり、相手に好印象を与えられるかどうかは、話の内容ではなく話し方で決まる、ということですね。



あなたはどう見られたい?

上記のことから、第一印象を良くするには、何を話すかと言うよりも
  • どう見られたいか
を意識して話すと良い、と教えて頂きました。


これは非常に勉強になりました。

  • 誠実に見られたいのか
  • 仕事がよく出来る人間だと見られたいのか
  • 仲良くなりたい!と思われるように見られたいのか
  • 優しい人だと見られたいのか
自己紹介する前に一度考えて、意識してみると良さそうです。



自分の話し方をチェックしてみる

セミナーの中で、二人組でお互いの話し方をチェックしたり、口の開き方をチェックする機会がありました。
  • 口の開き方・ゆがみ
  • 表情
  • 声の大きさ
  • ボディランゲージ
  • 話の内容
など、、、多くの気付きがありました。

自分の話し方をチェックする機会なんてなかなかありませんよね。
しかしこれは重要だと感じました。

自分では気づかないうちに、おかしなジェスチャーをしていたり、無表情だったり、同じフレーズばかりクセで繰り返していたり、なんてことがあるかもしれませんからね。


一人でチェックするとしたら、自分の話している姿を動画撮影してチェックしてみてはどうでしょう。

鏡の前で口の開きをチェックするのも良いですが、動画なら、声の大きさ、ジェスチャー、表情など全て確認できます。


子供の頃、夜中に目が覚めてトイレへ行ったところ、リビングで父が一人、ビデオカメラの前で会社の朝礼で話す練習をしていたのを目撃したんです。

当時は笑ってしまいましたが、今思えば、実は非常に有効な方法だと思います。

自分がどのように話しているかを知れば、どのように改善すればよいかがわかってきます。

そうなれば、あとはとにかく練習
話し方は、すぐには変わらないんです。



TPO別の自己紹介フレーズをいくつかストックしておく

1分間の自己紹介を隣の方としあって、お互いに話し方をチェックする、というワークがありました。

しかし、自己紹介の内容を考えるのに与えられた時間はたった3分(汗
私は全然内容を決められず、そのせいで焦り、緊張し、全然ダメな自己紹介になってしまいました。。。


そこで、これは北平さんが言われたのではなく私が感じたことですが、自己紹介のパターンを事前に準備してあれば全然違うのではないか、ということ。
準備が出来ていれば、心に余裕が生まれ、笑顔も自然に作れそう。


私、なんでも事前にイメージトレーニングしてから行うことが多いんです。
(要するにアドリブがきかないのか)

上司への報告なんてことすら頭の中で2、3回練習してから実際に行ったりすることも。


自己紹介だって、その場の思いつきでするのではなく、あらかじめいくつか自己紹介のパターンを持っておくと良さそうです。
  • 1分間自己紹介(ビジネスversion)
  • 1分間自己紹介(プライベートversion)
  • 1分間自己紹介(お笑いversion?)
など用意しておくとよいかも?
1分以上自己紹介する機会って、、、なかなかなさそうですから1分でいいでしょう。


フレーズ丸暗記でなくても、こういう内容を話すんだ、というものを持っているだけで違いますよね。

また、自分のキャッチコピーも考えておきたいところ。


ちなみに当日セミナーの中で、突然当てられて自己紹介するよう言われた私は、焦って場違いな [お笑いversion] の自己紹介をして大失敗(汗



「間」を怖がらず、うまく使う

「間」をあえて作ると注目を集めることができる、というお話がありました。

これは私も何かで読んで知っているつもりではありましたが、やっぱりちょっと「間」って怖いんですよね。

ついつい「えーー」とか「んーー」とか言って、間をつないでしまいます。


しかし、この「間を作る」ということの効果を感じる機会がちょうど先日ありました。


友人の結婚披露宴での、新郎から新婦へ言葉を贈るシーン。

新郎は、
「これまで色々苦労をかけてきたけど、、、」
と話したところで感極まってか、少し黙り、があきました。


少しざわついていた会場が静まり、全員の心が新郎の次の言葉に集中します。


そして、
「一生幸せにします!」

ここでオォーーーーっと拍手喝さいです。


彼は意図してそうしたのではないと思いますが、私は新郎のスピーチに感動しつつ、また「間」の効果ってコレだ!と一人で思ってましたw

さらに今回、セミナーで北平さんからもそのようなお話がありましたから、よりいっそう「間」の重要性を感じました。


このように、重要なことを言う前には、間をあけてみましょう。


自己紹介でもそうです。
  • 「はじめましてコウスケです」
ではなく
  • 「はじめまして、 (  間  ) コウスケです」
ですね。


そういえば、セミナーで北平さんがおっしゃってました。
簡単ですよ。黙ればいいんです。
簡単?ですねw



我々素人が知らない?話し方のテクニック

ここで全てを紹介することはしませんが、他に
  • 母音無声化
  • ” のキレイな言い方
  • ○○状態だと、腹式呼吸にしかならない
  • 劇団四季の練習の秘密
など、テクニック的なことも教えて頂きました。

わたし、こういうのが大好きですw
個人的には、こういった内容をもっともっと教えて頂きたかったなぁ。



練習あるのみ!話し方について考え実践する機会を作ろう

普通に生活をしていたら、自分の話し方を変えよう!などといって練習したりすることはなかなかありません。
しかしこういったセミナーに参加したことで、その場で練習できるのがよかったですよ。

セミナー等に参加して、ただ情報を得て帰るのも良いのですが、その場で「一人ではできない(しない)こと」を実践できるのって貴重な機会です。


このエントリーを読んで、何か得た(ような気がしている)という方も、それで終わらず何か実践してみて下さい。
など、できることは色々ありますね。



さて、今回お世話になりましたアナウンサー北平さんの美声を、こちらで少し聞くことが出来ますよ。

アナウンサーがあなたの話し方をトレーニング!DVDで自宅が教室に!


このDVD欲しい!欲しすぎる!w

出版のお話もあるとのことで、そちらも楽しみですね。



関連リンク

話し方入門 新装版和田裕美の人に好かれる話し方 (だいわ文庫)「話し方」の心理学―必ず相手を聞く気にさせるテクニック (Best of business)
接客テクを活用した 好感度119%の話し方-これさえ使えば人生も仕事もすべてうまくいく!(CD付き)人は「話し方」で9割変わる (リュウ・ブックス―アステ新書)


管理人のつぶやき

コメント

報告会開催要望

ぜひ、報告会を!

コメントありがとうございます!

>虹の父さん
ちゃんと考えてますよ(ニヤリ
  • [2009/07/21 14:34]
  • URL |
  • コウスケ@Ko’s Style
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/993-dbedcf8f