FC2ブログ

部下の「やる気」を引き出すフレームワーク  はてなブックマーク - 部下の「やる気」を引き出すフレームワーク

先日紹介したこの本、ついに発売されましたよ。
マジマネ5 部下の「やる気」を育てる!
(キャンペーン情報をこのエントリーの最後に)

著者のブログに、
部下の「やる気」を引き出すフレームワークの図がありました。
わかりやすい。



部下をやる気にさせるモチベーションには、
  • PULL型モチベーション (やりたいからやる)
  • PUSH型モチベーション (やらなきゃいけないからやる)
があるんですね。
そしてそれらの具体的な内容が書かれています。

本「部下の「やる気」を育てる!
では、多くのページがPULL型モチベーションの説明に割かれています。
自発的に、やりたいからやるんだ!という気持ちにさせるのがいかに重要かがよくわかります。
(下記目次の通り、9章だけがPUSH型ですね)

しかしながら、
  • 早く効果がほしい時
  • 強いインパクトを与えたい時
にはPUSH型が良いそうです。

逆に言えば、それ以外、通常はPULL型が良いわけです。
では、どのように部下のやる気を引き出すのか。

先日のエントリー、
良い上司は、良い「質問」で部下を導く
で紹介したように、部下に質問し、答えを考えさせることにより良い方向へ導く方法があります。

ではどんな質問をするのか。

また、他にどんな方法があるか。
その具体的な方法が本の中に書かれています。

目次:
  • はじめに
  1. モチベーションの原則を知る!
      (楽しさ創造力・概論)
    1. 仕事のワクワク感を演出せよ
    2. 「やらなければいけない」と「やりたい」の違いを心得よ
    3. 2種類のモチベーションを使い分けよ
    4. 部下の「やりたい」気持ちを呼び起こせ
    5. 部下の「楽しさ創造力」を育てよ
    6. 5つの技術で「楽しさ創造力」を磨け
    7. PULL型モチベーション「3つの原則」を押さえよ
  2. 「自分で決めて働きたい」 部下に自律感を与える!
    (PULL型モチベーション3原則 その1)
    1. 3つのポイントで、部下の自律意識を育め
    2. 部下のコントロールを緩め、自主性を高めよ
    3. 部下を追いつめるな
  3. 仕事のプラン作りをサポートする!
    (自律感を育てる3つのサポート?)
    1. 選択権を与えながら、最大限の成果を出せ
    2. 部下とともにプランの選択肢を考えよ
    3. 選択肢を整理し、最良のプランに導け
    4. 権限はできる限り委譲せよ
  4. 仕事の価値観に気づかせる!
    (自律感を育てる3つのサポート?)
    1. 仕事の価値に気づくヒントを与えよ
    2. 仕事の価値を再発見する「5つの質問」を活用せよ
    3. 「6つの質問」で部下の内面を理解せよ
  5. 部下を承認する!
    (自律感を育てる3つのサポート?)
    1. 2種類の承認を使い分けよ
    2. 部下への期待を持ち続けよ
    3. 部下に敬意を表せ
    4. 部下の「やりたくない理由」を受け入れよ
    5. 「やる気の矛盾」を乗り越えよ
    6. 部下のことをいつも注目せよ
  6. 「やればできる」 部下の有能感を育てる!
    (PULL型モチベーション3原則 その2)
    1. 部下の有能感を育てよ
    2. 目標はブレークダウンして考えよ
    3. 部下のレベルに合わせた目標を設定せよ
    4. ワンパターンの褒め方から脱却せよ
    5. 自信喪失している部下のモチベーションを高めよ
    6. 部下の新たなチャレンジを支援せよ
  7. 「愛し愛されたい」 部下との信頼関係をつくる!
    (PULL型モチベーション3原則 その3)
    1. 愛し、愛される上司になれ
    2. 平時において部下を助けよ
    3. 尊敬に値する行動を示せ
    4. チームへの誇りを醸成せよ
  8. 反発する部下のやる気を引き出す!
    (チェンジングトーク)
    1. 言葉のキャッチボールで、円滑な人間関係を作れ
    2. 部下の反発という火に油を注ぐな
    3. 「変わりたい!」という部下のサインを見逃すな
    4. 質問力でチェンジングトークを引き出せ
    5. カウンセリングテクニックを身につけよ
  9. アメとムチも上手に使いこなす
    (PUSH型モチベーション
    1. PUSH型モチベーションは時と場所を選べ
    2. 動機付けに「お金」を上手に使いこなせ
    3. 動機付けに「恐怖感」を上手に使いこなせ
    4. 動機付けに「人事評価」を上手に使いこなせ
    5. 「叱る技術」を身につけよ?
    6. 「叱る技術」を身につけよ?
マジマネ5 部下の「やる気」を育てる!
小林 英二
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 19321

管理人 今日のつぶやき

コメント

結果の見える化

PULL型モチベーション (やりたいからやる)

その好例かな?
http://blog.livedoor.jp/kakobon/archives/51124313.html

コメントありがとうございます!

>kakobonさん
面白いですね!!!
いまのところ見たこと無いです。
狙いたい!

なんかついついやってしまうよう仕向けるアイデアを色々考えてみたいです。

ご紹介いただき、ありがとうございます

こんなに詳しくご紹介いただき、ありがとうございます。

PULL型モチベーションとPUSH型モチベーションを分かりやすく説明していただき感謝しております。

それと、前のエントリ。校訓の話。とても面白かったです。確かに校訓って、ワンフレーズで覚えやすくて、良いことをいってます。

気づいてない視点でした。

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。このブログに触発されて、私もブログを始めてみました。そこで、Ko's StyleさんのようにiMindMapを使ってTV番組などを記録しようと思っているのですが、TV番組をマインドマップにする場合はTVを見ながらマインドマップを描いているのでしょうか?録画して気になるところは数回確認して描くようなこともしているのですか?私は自分は一度見ただけであんなにキレイにまとめられないような気がして、どうやって描いているのかが気になりました。もしよろしければ教えてください。

>小林様
なんと!わざわざ本の著者の方よりコメント頂けるとは嬉しい限りです。
…っとまずは2冊目の出版おめでとうございます。
ブログ「モチベーションは楽しさ創造から」、また前著「モチベーションが上がるワクワク仕事術」、そして今回の「部下の「やる気」を育てる!」と、どれも非常に参考になる内容で、とても影響を受けています。

何と言ってもブログのタイトル通りの「モチベーションは楽しさ創造から」という考え方がとても好きです。
このブログの読者の方々も「モチベーション」というテーマはとても興味のある内容だと思いますのでついつい小林様の本を紹介したくなります。

今後も小林様から多くのことを吸収したいと思っています!

>ダック様
「このブログに触発されて、私もブログを始めてみました」
とはとても嬉しいコメントをありがとうございます。
ぜひブログのリンクをコメントに貼って下さいね。

回答ですが、ここに書こうと思ったら長くなりそうだったので、記事にしてしまいました。

マインドマップのコツ ~TV番組のメモ編 - Ko's Style
http://kosstyle.blog16.fc2.com/blog-entry-792.html

参考にして頂けると嬉しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/791-421e2cd5

最高の信頼関係とは

(c) じょん|写真素材 PIXTA いつも楽しみにしているブログ、モチベーションは楽しさ創造からに、「信頼関係を作る」ためのとても勉強になる内...