長男長女・間っ子・末っ子・ひとりっ子、それぞれの性格の特徴とは? 〜本『きょうだい型人間学』  はてなブックマーク - 長男長女・間っ子・末っ子・ひとりっ子、それぞれの性格の特徴とは? 〜本『きょうだい型人間学』

きょうだい型人間学: 性格と相性を見ぬく

血液型と性格は、無関係

医者や科学者の世界では、「血液型による性格診断は科学的根拠がない」との意見が大多数だと言われているそうです。


私も血液型診断はまったく信用しません。

しかし、きょうだい型診断は信じられそうです。


本『きょうだい型人間学: 性格と相性を見ぬく』には、
  1. 一番っ子
  2. 間っ子
  3. 末っ子
  4. ひとりっ子
それぞれの特徴や相性、合う職業などが詳しく書かれており、とても興味深い内容です。


ちょっとした経験から「長男ってこういう人多いよね〜」というようなことは私たち素人でも考えるわけですが、本書の著者は心理学博士であり、社会的状況における人間心理、友情ときょうだい関係など、対人関係に潜む心理機制をさまざまな角度から追究・発表している方です。


今日は本書から、それぞれの特徴について見ていきましょう。




1. 一番っ子はマジメ

一番っ子が理解できるなるほど!キーワード

  • 責任感が強い
  • 親分肌で面倒見がいい
  • 正義感が強い
  • 慎重、神経質、繊細、几帳面
  • 頭がいい
  • ケガが少ない
  • 外ヅラを気にする
  • 型にはまった考え、行動
  • 仕切り屋
  • 長生きできる
  • 教え魔、かつ、上から目線
  • オーソドックスな恋愛
  • 預金はいちばん多い
P.21
芸能人では、和田アキ子さん、ダウンタウン浜田さんなどが一番っ子なのだそうです。


私も長男。セミナー講師や勉強会を主催し、またこのブログをしていることからも、
  • 教え魔
  • 仕切り屋
なところがあると言えそう。またその他も大きく間違ってはなさそうです。



2. 間っ子は人間関係の達人

間っ子が理解できるなるほど!キーワード

  • 空気を読む
  • 調整役
  • 共感性が高い
  • 人当たりがよい
  • 本心がわからない
  • 自分を露骨に出さない
  • 非暴力
  • 融通が利く
  • そこそこ慎重
  • そこそこ大胆
  • 人からどう見られているか気になる
  • 人間関係の達人
P.37
間っ子はつねに、上の子と下の子の双方を意識してきました。

それで上記のような特徴があるのだといいます。


私の弟は間っ子。

友だちが多く、周りから良い影響を受けているように見えます。



3. 末っ子は自由

末っ子が理解できるなるほど!キーワード

  • お気楽 楽観的 ポジティブ
  • 大胆
  • 決断が早い
  • 型にはまらない
  • 要領がいい
  • お調子者 おちゃらけ
  • 甘え上手
  • あまり考えずに直感で動く
  • 感情的
  • 物おじしない
  • 負けず嫌い 対抗心が強い
  • 熱中しやすい
  • 無鉄砲 思い切りがいい
  • 友だちが多い
  • カリスマ性がある
  • 知ったかぶり
  • すぐ調子に乗る
  • スポーツに秀でる
  • 結婚が早い
P.53
上のやり方を見てきた末っ子は、何事もうまくやっていくのだとか。

また困難があっても周りから助けられることが多く、結果「たいていのことは、なんとかなる!」という発想になるのです。


私の妹が末っ子。

バックパック1つでインドに数週間行ってしまったり、いつのまにか決めてオーストラリアにワーキングホリデーで滞在していたこともありました。

長男の私には考えられない発想と行動力で、うらやましく思うこともよくありました。



4. ひとりっ子は自信がある

ひとりっ子が理解できるなるほど!キーワード

  • ツボにはまると力を発揮する
  • ここぞ!というときは強い
  • 妙な自信をもっている
  • 無邪気
  • おっとり マイペース
  • のんびり屋
  • 人とのやり取りが上手でない
  • 大人とのやり取りはうまい
  • 共感性に欠ける
  • 楽観的
  • 意外としっかりした面もある
  • 空想にふける
  • 知的な能力は高い
  • 自分の世界をもっている
  • わがままのように見える
  • つねに親を意識している
  • やさしい
P.69
ひとりっ子はきょうだいがいないため、人と比較されたり競争したり、ケンカしたりする経験が少ないので、上記のような傾向があるのだそうです。

「ひとりっ子はわがまま」「ひとりっ子は協調性がない」とよく聞きますが、これについては科学的・統計学的な根拠はない偏見なのだとか。のんびりしているせいで、自己中心的に「見える」というのが著者の見解です。



まとめ

血液型診断と違い、なぜそうなのか?が書かれている点で、信ぴょう性が高いと感じます。

また興味深いのは、一番っ子・間っ子・末っ子・ひとりっ子についてそれぞれ、以下についても詳しく書かれていること。
  • ”らしく”なるヒミツ
  • 性格と行動パターン
  • 恋愛
  • 勉強
  • 職業
  • スポーツ
  • 健康
  • あるある

さらに、
  • 一番っ子の彼氏と末っ子の彼女は相性最高
  • ひとりっ子上司と末っ子部下は相性最悪
  • 間っ子同士の友だちは相性最高
  • 末っ子同士の夫婦の相性は最悪
のような相性についても、表で分かりやすくまとめられ、さらに詳しい説明があります。


自分の身の回りの人の傾向や相性を知るために、あるいは話のネタに持っておくと面白い一冊です。

この記事はあなたの役に立ちましたか?




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3699-75dd09ce