スポンサーサイト  はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とつぜん亡くなった友人に学んだ、人生が変わるほど大切な3つのこと  はてなブックマーク - とつぜん亡くなった友人に学んだ、人生が変わるほど大切な3つのこと


2016/1/23夜、友人のツルハさんさんが事故に遭い、亡くなった。

53歳。


彼を尊敬している!というのは、何か違う。

けど、人生が変わるレベルの影響を受けたのは間違いない。


今日1/28は1・2・8で「逸話の日」らしい。

世の中にあまり知られていない逸話を語り合う日なのだ。


ツルハさんが私に与えてくれたビッグインパクトを3つ、ここに書いておく。

彼はもっともっとたくさんの人に、いろんな影響を与えるはずだった。

その役割を、この記事がほんの少しでも手伝えたら嬉しい。




1. やらな損!言わな損!


「やらな損!言わな損!

何度もツルハさんから聞いた言葉だ。

「関西人の精神や!」とのこと。

私はあまり積極的なタイプではないから、彼が物事をノリでグイッと進める姿によく驚かされた。



2009年に名古屋ライフハック研究会を仲間と立ち上げたのは、彼がキッカケ。

当初は仲間内で定期的に集まり、ライフハックについて語るだけのつもりだった。

一般募集もかけて大人数で「イベント」をやろうか?という案もあったが、リスクもあるからなぁ〜とうやむやになった。


ところが別のイベントの懇親会で、

「イベントやるから来てください!」

と宣言してしまった。ツルハさんが。

不安もあったがワクワクしたし、その後の名古屋ライフハック研究会によって、私の人生が変わった。



お酒の勢いで彼が有名講師に電話し、

「今度うちの会で講師やってや〜!」

と話をつけてしまったこともあった。

そういう人だった。

私なら「そんな ずうずうしいお願いはできない」と思ってしまいそうだが、「言わな損!」なのだ。



2016/2/28名古屋ライフハック研究会のイベントは、私がリーダーとして企画を進めることになっている。

どんなネタでイベント開催するか悩んでいたところへ、ツルハさんから突然こんなメールが届いた。

「2月のイベントの講師、◯◯◯さんどう?アポは取れてますが。」

どうやらフェイスブックのコメントのやり取りで勝手に(!)有名講師の方へ講演をお願いしていたのだ。


驚いたが、そのノリの良さ・勢いが彼の持ち味であり、私に足らない部分でもある。

思いついたら「やらな損!言わな損!」なのだ。


ツルハさんが作ってくれたこのキッカケに乗っかって、いま2/28のイベント準備を進めている。



2. 「情熱」「想い」を伝えろ


私はもともと、人前で話すのが苦手だった。

小学生のころに担任から「児童会長に立候補しろ」としつこく説得されたが、泣いて断ったほど。


しかし本当は、人前で話せるようになりたい願望があったのだ。

名古屋ライフハック研究会で毎回おこなうLT(希望者による5分プレゼン)を何度も何度も経験したことで、人前で話すことに抵抗がなくなった。自信がついた。



あるときのLTの発表は、私にとって完璧なものだった。

5分ちょうどで伝えることをバッチリ伝えたし、笑いも取り、スライドもキレイな画像を使い、プレゼン本で学んだ様々なテクニックも使った。


ところが帰りの電車でツルハさんに感想を聞くと、こう言った。

「上手かったわ。でもなんやろな、情熱? 伝えたい!っていうパッションが感じられへんかったかなぁ」

私は「情報」を「上手く」伝えることばかり考えていたのだ。


そんな私も、いまではプロ講師。

初めて参加者アンケートに「想いがすごく伝わってきました!」と書いてあるのを見たときには、嬉しかった。


そういえば「マインドマップの素晴らしさをみんなに知ってほしい!」という私の「情熱」を伝えていたら、2009/4/25マインドマップ講師デビューのお膳立てをしてくれたのも、ツルハさんだった。



3. 本音でぶつかる人間関係

名古屋ライフハック研究会のスタッフミーティングでは、ツルハさんと衝突することも多かった。

彼より一回り以上も年下の私が、

「ツルハさん、イベント冒頭での話が長いですよ。短くお願いします」
「いや、私は違う意見です。それはこうですよ!」

などと、偉そうなことをズバズバ言うからだ。


言いたいことを言わせてもらい、感謝している。

私に腹を立てていたこともよくあったが、それでも飲みに誘ってくれてたくさん笑い合ったりした。

「ホントのこと言うと、他の人が来られへんくなったから、コウスケさん誘ったんやけど(笑)」

と、言わなくてよいことも言ってくれたが。



オープンなほうがええやん!」と、彼は私に何度も言った。

私はそれにモヤッとすることも多かった。

アラサー女子に「結婚せえへんの?」と聞いたり、離婚した人を飲み会でネタにするなど、何でも(?)言ってしまう彼にデリカシーがないと感じたからだ。


「そういうの気にする人もいるから、やめたほうが良いと思います」と彼にハッキリ伝えたら、こう言われた。

「コウスケさんのエエとこでもあるけど、気ぃ遣いすぎなんちゃう?」

モヤっとした。


しかし今書いていて気づいたが、気を遣いすぎと言われる私が、彼にはハッキリ本音をぶつけていたようだ。

一回り以上も年上の彼に、偉そうに説教していたのだから。



彼は、とにかく人と話すのが好きだった。人を知るのが好きだった。

だから彼は、人に本音をぶつける。

彼に返ってくるのも、いつも本音だっただろう。


彼にデリカシーがないのか、私が気にしすぎなのか。

どちらが正しい・間違ってるという話ではない。

ただ、本音をぶつける彼のお通夜には、驚くほどたくさんの人が訪れていた。

嫉妬した。



さいごに

もう1つ。最期に彼が教えてくれた気がする。


やりたいことは、どんどんやったほうがいい。

会いたい人には、すぐ会ったほうがいい。


私たちの命は、タイマー表示のない時限爆弾なのだ。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3674-13110005

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。