本当に頭がよくなる!?『1分間アイデア法』とは?  はてなブックマーク - 本当に頭がよくなる!?『1分間アイデア法』とは?

本当に頭がよくなる1分間アイデア法

自動販売機のボタンは、アインシュタインが押しても、小学生が押しても、あなたが押しても、同じジュースが出てきます。

あなたが天才になれていないのは、天才と同じボタンを押していないからです。

P.4
ではその「天才と同じボタン」とは?


本『本当に頭がよくなる1分間アイデア法』から、「1分間アイデア法」3つのポイントを紹介します。





1. ひらめいたら、1分以内に紙に書き留める

「ひらめき」と「アイデア」は、明確に違います。

  • ひらめき……頭の中で、一瞬で思いついたもの。すぐに忘れてしまうもの
  • アイデア……ひらめきを紙に書き留めたもの

つまり、ひらめきは、紙に書き留めた瞬間に、アイデアと呼ばれるものに変わるのです。

P.8

ひらめいたら、1分以内に紙に書き留める。
これが、「1分間アイデア法」です。

P.12
衝撃を受けました。

本書では上記の通り、まえがきで「1分間アイデア法が何なのか」を全て言い切ってしまっています。

そう、たったそれだけのことなのです。

しかし、やっていない方が多いのではないでしょうか。


2. ひらめきは、「質」ではなく「量」で決まる

ひらめきに、質(クオリティー)は関係ありません。
というのも、くだらないひらめきだったとしてもそれをきっかけに、次のひらめきを生むケースがあるからです。

P.25

ひらめいたら、ジャッジせずに書き留めることを習慣にしましょう。

P.26
秋元康さんがAKBのシングルの作詞をするとき、作曲家が作った1,000曲を聞いて、その中から選ぶときもあるそうです。


量がなければ、質は高められないということです。

秋元康はなぜ次々ヒットを生み出せるのか 〜本『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』


たとえば「ランチをどの店で食べよう?」と考えるとき。

最高のアイデアをいきなり出さなくても良いのです。


まずは思いつく店をどんどん書き出す。このときジャッジはしません。

量を書き出してから、質を求めるのがアイデア出しの基本ですね。


私もマインドマップ・インストラクターとして、いつもみなさんにそうお伝えしています。



3. 多数決よりも、少数の意見を大切にする

多数決では、独創的なアイデアは生まれません。中途半端になるだけです。マイナーな意見のほうが、個性的で尖っていることが多いため、ブレイクする可能性を秘めています。

P.122
これまた秋元康さんも、同じことを言っています。

みんなの気持ちを満たそうと思えば思うほど、どうでもいいものができちゃうわけです。結局、みんなにとって 「どこか物足りないなー」というものができてしまうし、みんなが「たぶんこういうものができるんだろうな」と思った通りのものができあがってしまう。

プロはこう考えてたのか!ヒットメーカー秋元康のAKBを生み出した3つの考え方


まとめ

「1分間で素晴らしいアイデアを出す方法」が書かれているのかと思ったら、そうではありませんでした。

アイデア発想についての「ノウハウ」はほとんど書かれていません。


とはいえ、
  • 新しいアイデアは他人と違う道のなかにある
  • アイエアを出した人ではなくアイデアそのもので判断する
  • 一発のヒット作ではなくシリーズでヒット作を出す
などの言葉は、この手の本を読んだことのない人には役立つでしょう。






オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3551-bb5bf85d