あなたが「早起き」できない5つの理由 〜本『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』  はてなブックマーク - あなたが「早起き」できない5つの理由 〜本『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

正直いいます。

朝4時起きが良いとか、早起きすれば朝の時間を有効活用できるとか、そういう話はこれまで散々聞いてきました。

でも私はひねくれているのか、「そんなに無理して早起きしなくても良いのでは?」とも思っていました。


ところが、本『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』のタイトル、そして表紙をめくったところに書かれているこのフレーズが刺さりました。

朝、何時に起きていますか?
会社の始業から、起きる時間を決めていませんか?
その時間に起きている理由が、「会社に間に合わないから」というのでは、受け身の人生です。
たった30分でも自分の意志で早く起きることで、人生の主導権を取り戻せます。

仕事に間に合うように起きる時間を決めることは、受け身でその日をスタートすることなのです。

仕事が理由ではなく、自らの理由で起きる時間を決めれば、能動的に余裕を持って、自分の人生の主導権を握って1日を過ごせるというわけです。


とはいえ、早起きはなかなか難しい。

挫折した経験のある方も多いでしょう。

今日は本書から、あなたが「早起き」できない5つの理由をピックアップして紹介します。





1. 一気に起床時間をシフトしてしまう

「明日から5時起きするぞ!」と気合いっぱいに朝型生活に挑むのはいいのですが、7時起きのところを一気に5時起きにすると、体内時計がびっくりします。やる気はわかりますが、一気に変化しようとすると、それだけ習慣引力の抵抗も大きくなります。

P.049
「5時起きしたい!」という目標があれば、さっそく翌日から「5時起き」を目標にしてしまうのは、むしろ普通ですね。

でもそんないきなりというのはダメなのだそうです。


哲学者・ 小川仁志さんは著書の中でこんな面白いことを言っています。

いつもより少し早起きして5分早く家を出たら、いったい何が起こるでしょうか?(中略)
たった5分ずらすだけで、いつもとは別の世界になるのです。

こう聞くと、焦らずに少しだけ早起きしてみるのも面白いかも、と思えてきますね。

たった1日で人生を300倍面白くする4つの哲学的思考術


2. 早起きするのに早寝していない

起きる時間だけを早めてもすぐに挫折します。なぜなら、多くの人は寝る時間を変えていないため、寝不足になるからです。

P.050
睡眠時間を削ってしまっては、早起きを継続するのが難しいのは当然ですよね。

早起きするなら、「寝る時間」にフォーカスすることが大切なのです。


3. 早起き+αを同時にやろうとする

多くの人は、「早起きして勉強する!」「早起きしてジョギングする!」などと習慣目標を決めますが、実は2つの習慣を同時に始めようとしていることに気づきません。
習慣化は1つだけでも大変です。
欲張って色々始めようとすると失敗する原因になります。

P.054

仕事の時間や飲み会、土日のリズムなど、すべての習慣を一気によくしようとしても、扱う量が多すぎて大変です。

P.051
「早起きしてジョギングする!」という目標は、「早起き」+「ジョギング」なのです。

「毎日早起き」だけでも難しいのに、同時に「毎日ジョギング」も習慣化しようと思ったら、難しいですね。

問題を小さく分ける(チャンクダウンする)ことが大切なのです。

あなたも変わる!「すぐやる」を習慣にするために必要なたった3つのステップ


4. 突発的な予定に振り回される

早起きが難しいのは、突発的・イレギュラーな予定が発生することが大きな要因です。たとえば、出張や急な残業、つき合いの飲み会、土日の家族との予定などがあります。一定のリズムで生活を送れるわけではありません。(中略)
大切なのは、生活をコントロールする「規律」と、イレギュラーに対応する「柔軟性」の両方を兼ね備えることです。

P.051
私たちはロボットではありませんから、毎日同じ時間に仕事を終えて、同じ時間に帰宅し、同じ時間に寝る、というのは意外と難しいものです。

「突発的な予定が入る」ことを前提として、その対策を考えておくことが大切なのですね。


5. 早起きの明確な理由がない

なぜ、早起きをするのか?
どのようなメリットがあるから、朝型生活にするのか?

骨太の理由が、挫折に導く誘惑からあなたを救ってくれるのです。

P.052
思い出したのは、小学生の頃に毎朝6時に起きていたこと。

そんなに早く起きなくても学校には間に合うのですが、大好きな『早見優のアメリカンキッズ』というTV番組が見たくて早起きしていたのです。

早起きに「骨太の理由」があったから、家族よりも早起きして一人で観ていたわけですね。


ただ何となく「早起きするぞ!」では難しいでしょう。


まとめ

「早起き」に挫折してしまう原因がわかったところで、ではどうすれば良いのか。

具体的な技術についてはぜひ本書を読んでみてください。

著者の古川さんは習慣化コンサルタントとして、実際に何人もの早起き習慣を支援してきた実績があり、「机上の空論」ではないところが本書の魅力です。

  • 第3章 根性や意志力に頼らない「起きる技術」
  • 第4章 理想の生活習慣に変わる5つのステップ
がとても役立つのはもちろんなのですが、意外にも
  • 第5章 短時間で仕事を終わらせる高密度仕事術
というふうに、「仕事術」が出てきます。

残業、残業でつい寝る時間が遅くなってしまう方にとって、この第5章がキモとなるかもしれません。


私はというと、まず「早寝」ができません。

どうしても夜更かししてしまいます。

ただ、本書から良いヒントが得られました。試してみます。


あなたも、「頑張る」や「気合で」はもうやめて、「技術で」早起きしてみませんか?






オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3513-5a0800a0