話し下手ほどうまくいく!相手に気持ちよく話をしてもらう5つの技術 〜本『なぜかうまくいく人の「聞く」技術』  はてなブックマーク - 話し下手ほどうまくいく!相手に気持ちよく話をしてもらう5つの技術 〜本『なぜかうまくいく人の「聞く」技術』

アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術

「話し下手」というのは実は、「話す」ことを気にしすぎることに原因があるのだと思います。

P.26

私のお勧めは、相手の話に意識を集中することです
「自分も何か話さないと」といった考えをいったん忘れ、目の前にいる相手の話に意識を集中するのです。

P.28

本『アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術 』の著者は、トニー・ブレア元英首相やマイケル・サンデル教授、著名投資家ジム・ロジャーズ氏などに独占インタビューをした経験があるといいます。

その「聞く」技術を学び、あなたのコミュニケーションを変えてみませんか?


今日は本書から、相手に気持ちよく話をしてもらう5つの技術を紹介します。





1. 相手のメリットを考える

自分が相手に提供できるメリットについて考えます。簡単に言えば、「どうしたら相手が喜んでくれるだろうか」ということです。

P.59
コミュニケーションの基本ですね。

「交渉」でも同じ。

【チェック】いつも思い通りにならない?!あなたが交渉下手な5つの理由


2. 事前に共通の知人から情報収集する

相手を知っている人からも情報を得るようにしましょう。
ひとつは、共通の知人に聞くことです。私はよく、フェイスブックなどSNSで相手の交友関係を確認します。フェイスブックでは、共通の友達という欄がありますので、事前にその中の数人に「ご無沙汰しています。今度◯◯さんとお会いする予定なんです」とご報告します。(中略)
このような共通の知人からの情報は、ご本人の素顔や人柄を知るのに役立ちます。また、共通の知人は、コミュニケーションの本番でもちょっとした話題になります。「◯◯さんが”よろしくお伝え下さい”とおっしゃっていました」と伝えれば、打ち解けるきっかけになる確率は高いと思います。

P.63
会話のキッカケがあるだけで、ずいぶんラクですね。

先日150人の飲み会に参加したのですが、主催者が友人だったため、初対面の誰と話しても「共通の知人」の話題があって助かりました。


3. 冒頭のひと言で、「空気」をつくる

挨拶に続く、冒頭の言葉はとても重要です。(中略)
相手のために用意したひと言で、相手の気持ちを柔らげたり高めたりするのです。

P.111

「態度が大きいのでTVでは大きく見えるそうですが、実物は小さい谷本です!」(中略)
→名前や顔を覚えてもらうため、自分の特徴をひと言、名前の前につける

P.111

「今日はぜひお聞きしたいことがいっぱいあるんです!」
→会えてうれしいという気持ちとともに、会話への期待感を伝える

P.111
無難な会話をしてしまうこと、ありませんか?

本『憂鬱でなければ、仕事じゃない 』には、こうあります。

天気の話でコミュンケーションを図るホテルマンは最低である

P.104
ついつい「今日も天気良いですね〜」などと意味のない話をしてしまいがちですが、これは相手のことを考えていないからこうなるのだ、と。


あるいは、本『一流の人の話し方』には、

会話は「工夫したつかみ」から入ってみる

P.18
という話があります。

会話の冒頭は、とても重要なのです。

『一流の人の話し方』に学ぶ!「また会いたい人」になるための8つの会話の極意


4. 「ありきたり」を避ける

質問をつくる際のポイントは、

  • 相手に刺さるテーマや話題について
  • ライバルとは違う切り口で
  • 自分の強みと関連づけて
ということです。
P.75

× 冒頭をありきたりな言葉で済ませてしまう

P.111

相手へ質問するといっても、聞く前から答えがわかっているようなものや、誰でもすぐ思いつくような紋切り型ではインパクトがありません。

P.136
このように、本書には「ありきたりな表現はNG」という話が何度も出てきます。

相手のお話を聞くのが目的ですが、同時に自分の印象を残す工夫がしたいですね。


そうは言ってもなかなか難しいでしょう。詳細は本書を確認してください。


5. 盛り上がらないときは、子ども時代の話を聞く

以前、脳科学者の茂木健一郎さんとお話をしていて意見が一致したのは、「誰でも子どもの時の話をすると絶対盛りあがる」「お互いの共通点を見つけるためには、小学校の頃の話をするのが一番近道」ということでした。誰にでも似たような経験があり、似たような感覚を持てるからです。

P.150

「子どもの頃からいまの職業に就きたいと思っていたんですか?」というのは、テレビや雑誌のインタビューでは定番の質問です。ほかの話題だとインタビュアーを警戒してくることが多い方でも、子ども時代の話というのはだいたい喜んで話してくれます。

P.151
ただこの定番の質問、便利ですが気をつけたほうが良いでしょう。

先の「ありきたり」になってしまう危険もあるからです。


とはいえ以下の記事にも書いたように、学校での話(=子ども時代の話)は相手との共通点が多く、盛り上がりやすいのは間違いありません。

マインドマップで「面白い話ができる人」になる方法│タウンワークマガジン


まとめ

本書を読んで、「質問」に対する考えが変わりました。

「質問」とは、相手からただ情報を得るための手段ではなく、相手の心を動かす技術なのです。


とはいえ、自分がベラベラしゃべるのではなく、相手の話を引き出すための効果的な「質問」をする、というスタンスでいることが大切なわけですね。

とはいえ、あらかじめ用意してきた質問を淡々とするだけだったり、次々と質問を連発するようでは、「尋問」のようになってしまうから、気をつけたほうが良さそうです。


本書では、「聞く」には
  • 傾聴
  • 問答
の2つがあり、
  1. 準備
  2. 本番
  3. フォロー
の3ステップが大切だと言っています。

どちらかというと「問答」、つまり相手の話を引き出すための質問の仕方・コミュニケーションの取り方が多く書かれている印象です。


「会話が苦手」という方は、「聞く」についてもっと考えてみては?

「あの人と話すと楽しい」

そんなふうに言われたいですね。







オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3460-3d587b85