マインドマップを活用!飲み会でウケる話をする方法  はてなブックマーク - マインドマップを活用!飲み会でウケる話をする方法

IMG_5681-500x367

先日、友人との飲み会が10時間も続きました。

このとき、「みんな、面白い話のネタを持っているはずなのに、意外と出てこないんだな」と感じました。


そこで、マインドマップを活用して、飲み会でウケる話をする方法を紹介します。





1. ウケる話を事前にマインドマップで見つけておく

この記事にある方法でマインドマップをかけば、自分の記憶から「ウケる話」を掘り出すことができます。

マインドマップ・インストラクターである私が書いた記事です。

マインドマップで「面白い話ができる人」になる方法│タウンワークマガジン


簡単に説明すれば、マインドマップを使って
  • 家族
  • 学校
  • 住まい
  • 仕事
  • 恋愛
について、
  • 情けない
  • 大失敗
  • ビックリ
  • 恥ずかしい
をトリガー(キッカケ)として過去の経験を思い出してみよう、ということです。


2. ウケる話のマインドマップをスマホに保存

かいたマインドマップを、スマホに保存しておきましょう。

iPhoneなら「Scannable」というアプリを使うと、マインドマップだけをキレイに切り取って保存できますよ。


Evernote Scannable 1.2.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 無料(サイズ: 27.5 MB)
App + iPhone/iPadの両方に対応




ss1 ss2


3. すぐ誰かに話してみる

マインドマップをかいたら、近いうちにいくつかの話を友達にしてみると良いでしょう。

人に話すと記憶が強化されます。

もし忘れてしまったら、スマホにあるマインドマップを見れば、ネタを思い出すこともできます。


何度か話しているうちに、「特にどの話がウケるか?」「どう話せばウケるか?」などと考えるようになります。


まとめ

そもそもマインドマップで「ウケるネタ」について考えてみようと思ったキッカケは、とある飲み会。

突然、某有名ブロガーさんから

「コウスケさん、何か面白い話してよ」

と無茶ぶりされたのですが何も出てこず、とても悔しい思いをしたんです。


帰りの電車で、

「あぁ、あの話すればよかった」
「そういえば、あの話もあったな」

なんて思いついて、後悔したり。


ネタは色々持っているのに、意外と出てこないものなんですよね。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3452-8ba9449f