絵が苦手でも大丈夫!マインドマップにすぐ使える3つのラクガキ術 〜本『ラクガキノート術』  はてなブックマーク - 絵が苦手でも大丈夫!マインドマップにすぐ使える3つのラクガキ術 〜本『ラクガキノート術』

ラクガキノート術

私は毎日、ラクガキしています


マインドマップ・インストラクターの私コウスケ(@kosstyle)は、「考えるときは、かく(書く&描く)」を実践しているのです。

仕事のメモ、ブログを書く前、旅行の計画など、マインドマップをかいて考えると、とてもうまくいくんです。


しかし、

「絵が下手だから、マインドマップが苦手」

という方もいます。これはもったいない。

マインドマップはイラストを多用するのがルール。記憶につながるなどの効果があるためです。


今日は、大人気ブロガーでデザイナーのタムカイさん(@tamkai)の本『ラクガキノート術』から、マインドマップにすぐ使える3つのラクガキ術を紹介します。

この3つだけで、あなたのマインドマップがグッと変わります。


絵が下手だった私も、毎日マインドマップの中にイラストを練習するうち、ずいぶんマシになったのだから、あなたも大丈夫です。





(1) 5つの口 × 5つの目 × 4つの眉 = 100の表情

ラクガキするなら、「顔」が超基本。

最も実用的であり、しかもコツを知るだけでカンタンに描けます。

ラクガキにおいて、もっとも感情が伝わるのも、顔の表情です。表情だけで、ほとんどの感情を表現できるといっても過言ではありません。
そしてこの表情は、たった14種類のパーツを組み合わせるだけで、簡単に作ることができるのです。

5つの口 × 5つの目 × 4つの眉 = 100の表情

P.093
その方法は、この本『ラクガキノート術』の監修者・タムカイさんのブログにも詳しく書かれているので、ぜひ見てみてください。



(2) 「手」が描けると意外と使える

意外と描くのが難しいけど使えるのが、「手」。

パーでない手を描きたいときは、親指以外の曲がっている指を、ひとつのブロックとして描いてしまうのもポイント。描きやすくなるだけでなく、無駄な線の少ない、見やすいアイコンに仕上がります。

P.114
お手本を真似て、描いてみました。

http://blog-imgs-72.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_2534.jpg


マインドマップに使う場合、(1) 顔 と (2) 手 を組み合わせるだけで、色々な表現ができますよ。

http://blog-imgs-72.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_2535.jpg


(3) 「フォント」を描き分ける

「フォント」とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、文字のデザインと考えてください。

P.122

フォントを変えることで、同じ文字でも雰囲気が変わります。多くのフォントを身につけておけば、ノートの見せ方の幅が広がります。

P.123
これもお手本を真似て、描いてみました。

https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_2540.jpg


他にも、縦線だけ太くするとか、弱々しく描いてみるとか、いろいろ考えられますね。

私はマインドマップに、カラーの筆ペンを使うこともありますよ。

文字にもブランチ(枝)にも、筆ならではの味が出ます。



まとめ

最近「美文字」を習っています。

【美文字への道(3)】Skype美文字レッスンで学んだ、「あ」〜「そ」を美しく見せるコツ!(動画あり)

やってみて驚いたのは、「自分の思い通りにペンを動かせない」という事実。


自分ではまっすぐ線を引こうとしているのに曲がってしまったり、頭では「こう曲線を描こう」とイメージしているのに、ペンをその通りに動かせないのです。

本『ラクガキノート術』にはその対策として線を引く練習方法がいくつか紹介されており、実践すればこの問題が解決できそうです。


もちろん、ノートに練習するのも良いですが、ノート型ホワイトボードもオススメ。

【新型も登場!】持ち歩けるノート型ホワイトボード「nu board(ヌーボード)」活用術20選!


個人的には、
  • 子供を描くときには、顔のパーツを◯◯に置く
  • 顔の向きを分かりやすくするには、◯◯で表現する
などの内容がとても役立ちました。




というわけで、まずは「ラクガキが描けて楽しくなる」ことを目指して、とてもカンタン・分かりやすい本書。


そして、「ラクガキをもっと活かす」ところまでいきたい方には、以下をオススメします。

海外でも、ラクガキ(doodle)が話題なんです。

あなたの用途によって、どれを読むか選んでみてください。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3374-4cea79a4