「謝る」ことで100%信頼される!人間関係の5つの法則 〜本『なぜ一流の人は謝るのがうまいのか』  はてなブックマーク - 「謝る」ことで100%信頼される!人間関係の5つの法則 〜本『なぜ一流の人は謝るのがうまいのか』

なぜ一流の人は謝るのがうまいのか 100%信頼される人間関係の法則

一流の「謝る」とは
人生を変える超・実践的な
「コミュニケーション・ツール」
なのです。

P.9
「謝る」ことに抵抗のある人も多いでしょう。

しかし、それで仕事や人生がうまくいくとしたら…?


今日は本『なぜ一流の人は謝るのがうまいのか 100%信頼される人間関係の法則』から、「謝る」ことで信頼される人間関係の5つの法則を紹介します。





1. 仕事がうまくいくかどうかは人間関係が9割

仕事がうまくくかどうかは、人間関係次第です。
人間関係が9割、といってもいいでしょう。
多くの人が人間関係をよくするために苦労しています。(中略)

そのときに必要なのが、挨拶をする、プレゼントを贈るといったコミュニケーション。
「謝る」こともその中のひとつです。(中略)

「長くなると思ったけど、野呂くんが謝ったから5分で終わったね」
「よくあそこで頭下げたよね」
と周囲の評価も上がります。

P.27
チャンスもお金も、「人」が運んでくれます。

人間関係がうまくいっていなければ、仕事もうまくいきませんね。

「謝る」ことが人間関係を良好にするのであれば、そこは割り切ろうと考えたいものです。


2. 偉くなるほど謝る回数は増える

「偉くなれば、謝らなくても済む」というのは、大きな勘違い。
実際は偉い人ほど謝っています。謝る回数が増えるのです。
顧客や取引先、部下が増え、接する人が多くなって、気づかいのコミュニケオーションが多くなった結果です。
「最近、謝る回数がなんだか増えてきたな」と思っても落ち込む必要はありません。出世したなと思っていいのです。

P.36
上司が部下の尻拭いで謝るのは当然。

それだけでなく、部下に謝る上司はすごく信用できます。


部下に資料作成を頼んでいたのに、急遽それが不要になってしまったとき。

「例の資料、要らなくなったから」

と偉そうに言うのか、

「ごめん!せっかく資料作ってもらってるのに、急に予定が変わっちゃったんだ。申し訳ない!コーヒーおごるよ」

と謝るのか。

その後の仕事に大きな違いが表れるでしょう。


3. 攻撃的な人を味方につける

相手が怒ってしまったとき、どうしますか?

著者はこう考えるといいます。

「相手が怒っているんだから仕方がない」

現実問題として、目の前で相手は怒っています。
まずは、怒りを早くおさめてもらうことを優先して考えましょう。

P.39

「そんなに怒らなくても」と思わず、相手の怒りを受け入れ、割りきって謝ってしまいましょう。

P.41
反論してますます怒らせるよりも、謝って味方につけるほうが良いですね。


4. すべて自分の責任だと考える

人のせいにした瞬間にあなたの評価は下がります。せっかくがんばっても「下手な言い訳」ひとつで、評価が下がってはもったいないと思いませんか。

P.62
特に、「3D」に気をつけたほうが良いでしょう。

あなたは大丈夫!?他人に嫌われ、不幸になる人の口癖「3D」


5. 相手の「下」に立つ

謝るということは、相手を立てるということでもあります。
謝ることで相手の「下」に立ちましょう。

普通は誰もが相手の上に立ちたいと思ってしまいます。(中略)
しかし、どちらが上に立つかを争っている関係は、いい関係とはいえません。
マウンティングしているうちは、いい仕事はできないのです。(中略)
下に立つメリットは、相手の気分をよくすることで、より良好な人間関係をつくれることです。


P.149
プライドが邪魔して「下」に立つことができない人もいるかもしれません。

しかし「相手の気分をよくする」ことで仕事がうまくいくと考えれば、割り切ることもできるでしょう。


まとめ

TVで謝罪会見など見ていても、謝っているはずがかえって炎上するものも見かけますね。

「謝る」ことの大切さ、ちょっと考えてみても良さそうです。


ただ、わけもなく謝ることはどうなんだろう、と考えることもありますね。

たとえば店員さんを呼ぶときの「すいません〜!」とか。


個人的には、上司から指摘を受けたときなどは、「すいません…」というよりも「ありがとうございます!」と言ったほうが、印象が良い気もします。

おそらく著者は「謝っておけ」と言うのでしょうが。


ちなみに、超オススメの本『キレる女 懲りない男: 男と女の脳科学』を読んでみるとやはり、男性が女性にただひたすら謝るのが良いようです…。男はつらいよ。


本書では38項目もあるのに、ここでは5項目しか紹介できませんでした。

申し訳ありません。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3347-451965c0