「おもしろい人」の会話の公式5つを「あまちゃん」ディレクターに学ぶ!  はてなブックマーク - 「おもしろい人」の会話の公式5つを「あまちゃん」ディレクターに学ぶ!

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!

春は出会いの季節。

相手とのコミュニケーションをうまくとるために、おもしろい話の1つでもできるようになりたいですね。


「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!』は、大人気TV「あまちゃん」「サラリーマンNEO」などを制作した著者が、誰でも簡単に話を弾ませるコツを紹介している本。

今日は本書から、「おもしろい人」の会話の公式を5つ、紹介します。





1. 自己紹介では、相手に見えている自分を上手に使う

春は出会いの季節。自己紹介をすることもたびたびあるでしょう。

そんなときに使えるのが、これ。

<例>
「老けて見えるかもしれませんが、大卒で入社してまいりました」
「やる気があります!表情に乏しいので見た目でわからないと思いますが」


また、見た目とのギャップをうたうのも効果的です。
<例>
「か細くみえますが、趣味は登山で百名山制覇しました」
「派手に見えるのは顔だけで、趣味は切手集めです」

意外な事実がわかると、しっかり覚えてもらえると思います。

P.211
あらかじめ数パターン用意しておくと良さそうです。


2. 自慢話には「自虐」を添える

失敗は話をおもしろくする大事な要素。その中でも積極的に使っていきたいのが「自虐」です。(中略)
自慢話に「自虐」を添える、ということです。
例を見てみましょう。
<例>
「どこに住んでるんですか?」
「港区の45階建の高層マンションに住んでます。コンシェルジュも朝9時から夜10時まで3人いるんです」
「へえー、いいところに住んでますね!」
(中略)
「とはいっても2階なんですけどね」

P.83
自慢したいときは、自虐で落とす。これを覚えておけば、「嫌味な奴」にならずに済みますね。


3. 困ったときは、「太ネタ」でのりきる

今ひとつ盛り上がらない雑談や飲み会。そんなときに頼れるネタが1つあると便利です。そういうネタを「太ネタ」と言います。

P.98
オススメなのは、「鉄板ネタ」マインドマップをかいてみること。

http://blog-imgs-72.fc2.com/k/o/s/kosstyle/2015031417115647c.jpg

「これまで人に話してウケた話、何があったかな〜?」と思い出しながら、枝を広げていくのです。

意外と色々出てくるかもしれません。

一度これをかいておくと、以後その話を思い出しやすくなりますよ。

かいたマインドマップを写真に撮り、スマホでいつでも見られるようにしておいても良いですね。


4. 良い話は最後を悪く、悪い話は最後を良く

より楽しく話したいなら、「良かった話は最後を悪く、悪かった話は最後を良くする」ことがポイントです。

<良かった話>
「この間、デパートのイベントの福引で1等が当たっちゃって!」(→良かった話)

「すごいじゃない」
「でも、当たったのがお米10キロ。電車で持って帰ったんだけど、めちゃくちゃ重かったよ」(→悪かった話に)

<悪かった話>
「昨日、帰りに電車止まっちゃって」(→悪かった話)
「大変だったね」
「もう動かないからいいや、と思って、止まった駅で飲みに行っちゃったんだけど、結構あの駅いい店あるんだ。今度、一緒に行かない?」(→良かった話)

P.120
先の『2. 自慢話には「自虐」を添える』も、これの一部だと言えますね。


5. 逆を言う「きみまろ法」

綾小路きみまろさんがよくやる方法です。
入ってきた早々、大勢のおばちゃんにむかって
「まあ、今日はお若くておきれいな方たちばかりで〜」
これでウケてしまいます。(中略)

次の2つをくらべてみてください。
A「お美しい若い方ばっかりで〜」
B「全員おばちゃんばっかりで〜」


おそらく両方笑いは起きますが、その笑いは真逆です。Aは純粋な笑い、Bは苦笑い
ごくごくベタなネタですが、前者の「お美しい若い方ばっかりで〜」のほうが、みんなウソとわかっている分、おかしいんですね。

P.194
これは皮肉と受け止められてもいけないので、気をつけて使ったほうが良いですね。

自分がこれを言っても受け入れられる場や相手だ、というときには、かなり使えそうです。


まとめ

毎日のようにこのブログを更新し、セミナー講師もする私ですから、「話が得意」と思われがちですが、実は苦手。

アドリブだと失敗するので、上記3の「太ネタ」を多数そろえておき、いざというときにそれを話しています

何度も何度も話してブラッシュアップしているので、その「太ネタ」はだいぶウケるようになりました!


…その代わり、

「それ前も聞いた」

と言われることも増えましたが。

IMG_1359 copy





オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3345-178d511c