父はいつ、父になるのか。そして親子は血のつながりか、過ごした時間か。 〜映画『そして父になる』  はてなブックマーク - 父はいつ、父になるのか。そして親子は血のつながりか、過ごした時間か。 〜映画『そして父になる』

そして父になる 

映画『そして父になる』。

息子を6歳まで育てたある日、出産時の病院で子供の取り違えがあったことが発覚。2組の親子の苦悩を描いた作品です。





母は子ができた瞬間から母だが、父が父になるタイミングはそこではないのかもしれない、というのが、男性として興味深い発見でした。


親子は血のつながりが大事なのか、過ごした時間が大事なのか。

そんなテーマで話は進みますが、しかし主役の父親は仕事が忙しく、子供と長い時間を過ごしていません。

それを、もう一人の父親に指摘されたシーンが印象的です。


  • お金の有無
  • 厳しいしつけをするか、しないか
  • 言って聞かせるか、やって見せるか
など、それぞれの親子のしつけや環境の違い、それに対する子供の反応も面白い。

自由に育てられた子は「なんで?なんで?」と疑問をぶつける子に成長していましたが、厳しくしつけられた子は自分の頭で考えなくなっているように見えました。


「映画」としては、セリフや演技のアドリブが多いのか時々おかしなとこがあり、それが逆にリアルで良かったです。


思い出したのは、私の友人。

営業職で素晴らしい成績をあげ給料も良かった彼。

ところがとにかく忙しく、なかなか会えない娘が懐かなかったことをキッカケに、年収は半分だが休みがしっかり取れる工場勤務に転職したのです。

私は「もったいない」と思っていました。

でも、彼はあのとき父になったのかもしれません。


アマゾンにもレンタル動画がありますよ。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3308-7e934b3b