見た映画についてマインドマップをかく3つのメリット  はてなブックマーク - 見た映画についてマインドマップをかく3つのメリット

http://blog-imgs-37.fc2.com/k/o/s/kosstyle/movie.jpg
2015年は、映画を50本見よう!

っと思ったのですが、まだ3本…。


マインドマップ・インストラクターの私コウスケ(@kosstyle)は、映画を見終わったらマインドマップでメモします。

これがすごく楽しいんです。


3つのメリットを紹介します。





1. 映画について「思い出す」ことができる

映画好きが集まるSNS「Filmarks」に、映画のレビューや感想を書くとき、マインドマップを見るととても書きやすい。

ちょっと間があいても、マインドマップをかくうちにどんな映画だったか、どんな感情が湧いたかを思い出すことができるんです。

映画レビュー | Filmarks(フィルマークス)

現在の価格: 無料(サイズ: 16.8 MB)

App

現在のバージョンの評価: (161件の評価)
全てのバージョンの評価: (842件の評価)

ss1 ss2


2. 映画について「考える」ことができる

マインドマップをかく一番のメリットは「脳が動く」こと。

映画を見終わってからマインドマップをかくと、映画の印象的なシーンや興味深い内容を思い出せるだけでなく、それについて深く「考える」ことができます。

映画『そして父になる』では、「カメラ」が重要な役割を果たしていたので、中心にカメラを描きました。

そこから色々なシーンを次々と思い出し、放射状にどんどんかいていきました。



ただただ「面白かった〜」で終わらせず、

「あれ?よく考えてみると、あのシーンはどうしてあんなふうになったんだ?」
「あ、最初のあのシーンは、あとのあの部分につながっていたのか」
「自分なら、ああいうときどうするだろう…」

など、いろいろ考えるキッカケになります。

そして何より、楽しいんです。


3. 映画レビューの「文章」を書きやすい

映画についてブログ記事を書くときにも、すごく役立ちます。

マインドマップを見たり書き足したりすれば、そこから文章を起こすのはカンタン。

1枚のマインドマップを見ているだけで、どんどん文章のアイデアが浮かんでくるんです。

父はいつ、父になるのか。そして親子は血のつながりか、過ごした時間か。 〜映画『そして父になる』


まとめ

マメな人や、イラストが苦手な方なら、こんなふうに映画のホームページなどにある画像を印刷、切り貼りして映画マインドマップを作る方法もあります。

映画『BECK』の感想をマインドマップにした(たぶんネタバレ無し)


最近みた映画は何ですか?

試しに、マインドマップでメモしてみませんか?




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3302-0c0f34c6