落ちこぼれを見捨てるべきか?育てるべきか?  はてなブックマーク - 落ちこぼれを見捨てるべきか?育てるべきか?

http://blog-imgs-72.fc2.com/k/o/s/kosstyle/ayaya.jpg

「部下が仕事ができなくて、困っている」
「後輩のやる気が全然なくて、腹が立つ」


そんな悩みを持つ方が多いかもしれません。

その一方で、「一人の落ちこぼれも作らず、チームが一丸となるマネジメント手法」で、JT(日本たばこ産業)31支店中25位より上位の成績をとったことのない支店を、連続日本一に導いたリーダーがいます。

浅井浩一氏、ニックネームは「あややさん」です。

幸運にも以前、あややさんから直接お話を聞くことができました。彼が語ったリーダーにとって重要なマインドを紹介します。

※部下の扱いに悩むリーダーを救う、あややさんの講演も近々ありますよ。





お酒を飲みながら、あややさんにこんな質問をしてみました。

 「どうしても結果が出ない部下がいて、苦労したことはないのですか?」
あややさん「あるよ。3年で、と決めてもそれまでに結果が出ない部下もいる。でも、彼らを育てるのを諦めたことは、一度もない!

その表情は、先ほどまで雑談していた時と違い、真剣。強い目をしていました。

この話、ものすごく大切なことではないでしょうか。

私は、従業員を雇う立場の責任者である友人が「できない部下には辞めてもらう」と言い放ったのを聞き、ショックを受けたことがあります。

また実際に仕事のできない従業員を執拗に責め立て、辞表提出に追い込むケースを身近で見たこともあります。

しかし、誰が雇ったのでしょうか。誰が育てる役目を持っているのでしょうか。

本『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』(河野 英太郎著)には、こんな言葉があります。

『あいつ使えない』という表現は、『あの人は役に立たない』という意味ではなく『私にはあの人を使う能力がない』という意味だ。『あいつ』と指差した手のうち3本は自分に向かっている


部下や後輩が結果を出せないのは、リーダーやチームにも責任があるのです。

リーダーが部下を見捨てない姿勢やその想いは、必ず部下に届くでしょう。

他のチームメンバーもその様子を見て、できない人間を「助けよう」と、チームがまとまる空気も生まれるはずです。


チームで助けあって、大きな結果を出す。

会社とは本来、みんなで助け合うために集まった集団なのです。

助け合う幸せなチーム作りを学ぶために、ぜひあややさんの著書『はじめてリーダーになる君へ』を読んでみてください。


名古屋で講演もあります。チームを大きく変えるチャンスです。

2月15日 『目からウロコのリーダー像』~講師:浅井浩一~幸せな職場758







このイベント、前にあややさんの講演を聞き大ファンになった方々が、

「もっと多くの方に幸せなチーム作りを知ってほしい」

と企画したのだそうです。

結果を出すリーダーは、部下を脅すような「怖い存在」ではなく、「人を惹きつける」魅力的な存在であることが多いですね。






オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3300-669b9e0e