セミナーで前に座るべきか、後ろに座るべきか  はてなブックマーク - セミナーで前に座るべきか、後ろに座るべきか

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_62421.png

セミナーや講演会などに参加するとき。

すべての席が空いていたら、あなたはどの席に座りますか?


一番前に座る?

真ん中あたり?

それとも、後ろの方?





1. 前に座るメリット

以前の私は基本的に、前の方に座るようにしていました。
  • (1) 講義の内容を見逃さない・聞き逃さない
  • (2) 講師を盛り上げる
  • (3) 講師に顔を覚えてもらう
などが理由です。


(2) については、前の席で、笑うタイミングで笑い、良いところでは大きくうなづき、質問できる場面では真っ先に質問する。

こうして講師の方を盛り上げることで気持ちよく仕事をしてもらえることは、結果的に聞く側の私たちにメリットがあると考えます。


(1) 講義内容をしっかり吸収し、(2) 講師と場を盛り上げ、(3) 講師の方と関係を作る。

これが最大限にセミナーや講演会で学ぶ方法です。

「成長」「学び」にぜったい必要な3つのこと


2. 後ろに座るメリット

一方、あえて後ろに座ることもあります。

「参加者の皆さんの反応を見たいとき」です。

  • 講師の技術を学びたいとき
  • 自分が主催の勉強会のとき
などでは、どういうことを言ったら(したら)、参加者がどう反応しているか(あるいは反応しないか)、後ろの席だと全体が見渡せて良いのです。

そうやって学んだことを、自分が講師をするときや勉強会などの場作りに生かすわけです。


私はほとんどのとき、講演などで学んだ内容だけでなく、講師の技術やそれに対する参加者の反応もメモしています。


まとめ

前に座るにしても、後ろに座るにしても、「積極的な理由」で席を選びたいですね。

「あんまり目立つのは嫌だから…」
「講師に当てられたりすると困るから…」

みたいな消極的な理由で後ろの席に座ったり、なんとな〜く真ん中あたりに座ったりするのは、もったいないですよ。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3181-5f1f0526