【これが確実】相手に分かりやすく伝え、心を動かす2つの方法  はてなブックマーク - 【これが確実】相手に分かりやすく伝え、心を動かす2つの方法

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_62421.pnghttp://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/graph.jpg

最近、

こうやって伝えれば相手に届くんだ!

と思えることが2つありました。






1. 「イラスト」を使う

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/graph.jpg

先日、いつものように私のかいたマインドマップの画像をツイッターに投稿したところ、ドイツ?の方とこんなやりとりがありました。


日本語が分からないから、アイコンを追加してほしい、ということでした。

そこでイラストを追加、英語のキーワードも補いました。


▼これを、



▼こんなかんじに。



イラストやキーワードだと伝わりやすい、ということは確実にあります。

マインドマップに限らず、分かりにくいことを図解するのはとても大切なことですね。

【新型も登場!】持ち歩けるノート型ホワイトボード「nu board(ヌーボード)」活用術20選!


「外国の方にも分かるように」という視点で物事を説明すると、同じ日本人には確実に伝わるでしょう。


2. 「実演」する

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_62421.png

昨日、マインドマップの発明者で脳と学習の世界的権威、トニー・ブザン氏と再会しました。

なんと彼が来日中に開催した2つのセミナーで、受講生に向けて私のマインドマップの動画を紹介してくれたんです!




ツイッターでも!

曰く、

「花が咲くようにマインドマップが広がる。たった3分半の動画で、世界中の誰でもマインドマップの基本が分かる。」


つまり、かいたマインドマップの画像より、そのかき方や使い方を文章で伝えるより、「動画」だととても分かりやすいということですね。

そしてそれは動画に限らず、「実演」して見せるということが分かりやすいということです。


何かを紹介するとか説明するときに、実際のモノを見せたり、その場で実演してみせることは大切ですね。

そういえば以前、消えにくいホワイトボードマーカーという面白いものを紹介するときも、動画を使いました。

これは買い!ノート型ホワイトボードの新型nu board FME(ファイン・マーカー・エディション)は超極細文字が消えにくくて便利!【動画あり】



トニー・ブザン氏から学んだ内容は、またこのブログやセミナーなどで紹介しますね。

イラストと実演を使って。








オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3174-cb797dab