あなたは見た目で損してる!ファッション誌の編集長に学ぶ、服装でデキる男に見せる5つの考え方 〜本『結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?』  はてなブックマーク - あなたは見た目で損してる!ファッション誌の編集長に学ぶ、服装でデキる男に見せる5つの考え方 〜本『結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?』

結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?

私の感覚では、ビジネスパーソンの7割が服で損をしています。

P.13
本『結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?』の著者でファッション雑誌『メンズクラブ』編集長の戸賀敬城さんは、こう言っています。


戸賀さんが仕事で会う「デキる」ビジネスパーソンやエグゼクティブの方々は、「一緒に仕事がしたい」と思わせる魅力をもっているのだそうです。

そしてそれは、相手に好印象を与える服装をしているということだといいます。


では、私たちは具体的にどうすれば良いのでしょうか?


戸賀さんが『メンズクラブ』編集長に就任してから、この雑誌不況の時代になんと売上が倍増!

自身も「仕事のできるビジネスパーソン」な戸賀さんから、仕事のデキる男に見せるための5つの考え方を学びましょう。





1. 仕事のデキる男は、他人のために服を着る

断言できることがあります。
それは、「服の着こなしがきちんとしている人は仕事ができる」ということです。(中略)
勘違いしていただきたくないのは、彼らは最新のファッションを追い求めている「ファッショニスタ」(ファッションオタク)ではないということです。
本当に仕事ができる人は、ビジネスシーンにふさわしい服を着こなし、初対面で相手に「信頼できる」「魅力的だ」という第一印象を与えています。

P.12

仕事で着る服は、「他人のために着るもの」といっても過言ではありません。

P.31
つまり、ビジネスにおいては最新のファッションの知識やセンスよりも、周りの人に好かれる服装が重要だということです。


2. 服に語らせる

(面接で)「私は明朗快活です」といくら熱く語っても、ヨレヨレのスーツをだらしなく着ていれば、「本当だろうか?」「口だけに違いない」と思われる可能性があります。
一方、清潔感のあるスーツをパリっと着こなしていれば、黙っていても「明朗快活そうだ」というイメージをもってもらえます。
そのくらい服は、「どんな人か」を語る力をもっているのです。

P.35
思っている以上に、「見た目」は重要。

仕事ができるかなんてすぐには分からないからこそ、見た目でそれを判断されてしまうのです。


3. 腕時計はあなたの「価値」をあらわしている

腕時計は、単に時間を知るためのツールではありません。その腕時計をしている人のビジネスパーソンとしての「価値」をあらわすものです。
腕時計を見れば、「自分にどれだけの投資をしているか」「どれだけ自分磨きをしているか」が一目瞭然です。端的にいえば、「どれだけ稼ぐ人なのか」がわかる。

P.51
意外と見られているのが時計。

長く使うことを考えて、本当に良いものを手に入れたいですね。

30代を過ぎてもカッコ良い男になりたい!冴えない自分を変えたい!そんなあなたが絶対見るべきTVとは?


そういう意味では、話題のApple Watchはちょっと…?

たった1枚で「Apple Watch」のすべてが分かるマインドマップ


4. 仕事ができると思わせる「逆三角形」をつくる

太古の昔から変わらない「一流の男」の原則があります。それは、「逆三角形の体型が男らしく見える」ということです。(中略)
だから、私は理想的な体型を維持するために、ジムでの筋トレも欠かしません。(中略)
おすすめしたいのが、服で逆三角形をつくる方法です。実際に、仕事ができそうに見える人は、ファッションで逆三角形をつくり出しています。
つまり、上半身を大きく見せると同時に、下半身を細く見せているのです。

P.67
簡単なのは細身のパンツをはくことですが、他にも色々な方法があります。

詳しくは本書を確認してください。


私服なら、こんな方法も…?

これは使える!目の錯覚を利用して女子にモテるための着こなし方


5. 無料のマイ・スタイリスト、「店員さん」を活用する

重宝するのがショップ店員です。(中略)
とにかく客観的なアドバイスをしてくれる気の合う店員さんを見つけて、その店に通うのです。そういう存在が2人いれば、より客観的な視点で服を選ぶことができるでしょう。

P.179
私は以前はショップ店員さんを「売り込みがうっとおしい」と思っていました。

が、最近は「店員さんを使おう」と考えています(笑)。

買う・買わないの最終判断は自分がするわけですし、疑い深い性格なので、釣られて買って後で後悔、ということはありません。


まとめ

本には他にも、
  • スーツを「武器」に変える基本スタイル
  • 仕事の服はサイジングに始まり、サイジングで終わる
  • ネクタイで「人との距離感」をはかれ!
  • スーツは3万円で買い、3年で捨てろ!
など、興味深い内容がいっぱい。

具体的に、どういうシャツを選ぶべきか、ネクタイの結び方など基本的なことまで書かれており、男なら知っておかないと損する内容です。

Facebookページには、本書をまとめたマインドマップを掲載しています。



戸賀さんの前の本も以前、この記事で紹介しましたよ。

男も見た目の時代!モテる美貌男の7つの美容術 





オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3154-b528051b