ノーベル物理学賞の赤崎勇氏・天野浩氏・中村修二氏に共通する4つのこと  はてなブックマーク - ノーベル物理学賞の赤崎勇氏・天野浩氏・中村修二氏に共通する4つのこと

http://www.chem-station.com/blog/2014/10/post-662.html


ノーベル物理学賞に、赤崎勇氏・天野浩氏・中村修二氏が選ばれましたね。

三人のインタビューを見ていると、共通するキーワードが4つありました。





1. 「好きなことをしてきた」

赤崎勇 教授
「最初のころは(青色LEDは)20世紀中にはできないだろうと言われていたので、どんどんやめていく人がいましたが、私はちっともそういったことは考えていなかった。成否は考えず、ただやりたいことをやっていた」

天野浩 教授
「学生時代、一番できのわるい生徒でした。人の言うこともきかず、好きなことをやっていました」

中村修二 教授
「好きなことを選んで、情熱を持って仕事をすれば、ノーベル賞をもらえる」

お三方とも、「好きなことをしてきた」とおっしゃっています。

中村教授においてはサラリーマン時代もあり、社長に直訴して青色LEDの研究を始めたといいますから、「研究者」に限ったことではないと言えそうです。


2. 「情熱」を持って続ける

赤崎勇 教授
「私がときどき言っているのは、あまりはやりの研究にとらわれないで、と。しかし、それを本当に自分がやりたいのであればやりなさい。それが一番だと思います。自分がやりたいことだったら、なかなか結果がでなくてもやり続けることができると思います」

天野浩 教授
「研究に必要なものは、情熱とねばり」
「信念を持ち、方針さえ間違えなければ必ずできる。あきらめないこと」

中村修二 教授
「好きなことを選んで、情熱を持って仕事をすれば、ノーベル賞をもらえる」

赤崎教授は、LEDの研究を40年も続けているというから驚きです。

結果が出ないことを続けるというのは、そうとう大変なことのように思います。

中村教授は以前勤めていた職場で、新製品を作っても利益が出ず厳しい立場に置かれ、上司から

「会社の利益をお前が全部開発につぎこんでいる。責任をとれ」

と言われたこともあったといいます。


好きなことを、情熱を持って続ける、ということが大切なのですね。

しかしそれで必ず結果が出る、というわけではないのも、また人生ですが。


3. 常識にとらわれず、チャレンジする

赤崎勇 教授
「当時LEDは赤と黃しかなく、青色がなかった。つまり難題が残されていた。それを選ぶかはその人次第。それが運だった」

天野浩 教授
「世の中の役に立つ、人が選ばないテーマに取り組みたかった」

中村修二 教授
「私は高校は愛媛県、大学は徳島大学、卒業後は徳島の企業に就職した。学歴などは関係ない、本人のやる気が一番」

難しい道を選ぶ。

人が選ばないテーマに取り組む。

それが結果的に、人と違う大きな結果を生み出したということですね。


4. 周りの人への感謝

赤崎勇 教授
「決して私ひとりでできた仕事ではなく、一緒に仕事をしてきた仲間や組織の大きな支えがあった」

天野浩 教授
「土曜も日曜も仕事で、家をあけていた。家族に感謝したい」
「赤崎先生がいたから(青色LEDの実験に)自分も飛び込めた」
「(中村氏は)実験の神様。あの研究があったから実用化が進んだ。最大の功績者は中村さん」

中村修二 教授
感謝を伝えたい人として、かつて勤めていた日亜化学工業の創業者、小川信雄さんの名をまず挙げ、「青色LEDの開発をしたいと言ったら即座に『オーケー』と言ってくれた」

いくら才能や情熱があっても、一人でできることには限界があります。

周りから協力してもらえる人であった、とも言えるのではないでしょうか。


まとめ

スティーブ・ジョブズも世界を変えましたが、このお三方もLEDによって世界を変えましたね。

私たちは、まず自分の周りの世界をちょっと変えるところから、はじめましょうか。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3148-6a25bc8f