【全20冊】とても気になる新刊本情報(2014/10/14版)〜『うまい棒は、なぜうまいのか?』、杉村太蔵『バカでも資産1億円』、メンタリストDaiGo『男女脳戦略。』ほか  はてなブックマーク - 【全20冊】とても気になる新刊本情報(2014/10/14版)〜『うまい棒は、なぜうまいのか?』、杉村太蔵『バカでも資産1億円』、メンタリストDaiGo『男女脳戦略。』ほか

https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/books.jpg

すっかり涼しくなってきて、読書の秋ですね。


今日は新刊を中心に「最近気になっている未読本」を紹介!

などなど20冊。

あなたの気になる本、ありますか?






今年で35周年をむかえる「うまい棒」の製造本数は1日約200万本、最近では本格的なパウダーにこだわった20円のプレミアムうまい棒も話題になっています。
本書では、そんな駄菓子の王様「うまい棒」について、パッケージにも登場するおなじみのキャラクター「うまえもん(仮)」と、「めんたい味」のパッケージに登場する「博士」が、ロングセラーの秘密を解き明かしていきます。

アマゾンより
これは気になる!

私はこれまで何本食べたのだろう?300本くらい?



ナ イキ、IKEA、フォルクスワーゲン、3M、ヴァージン航空、ザ・ボディショップ、ギネスビールといった世界一流ブランド70社、計76本の企業秘話を紹介! もちろん、すべて実話です。知られていない裏話や、予想もつかないアイデアがふんだんに盛り込まれており、マーケティングに携わる方をはじめ、どんな仕事にも通じる「ビジネスの秘訣」が詰まった本です。

アマゾンより
これは話のネタとしても、ビジネスのヒントとしても活用できそう!



タイゾーが落選4年で資産1億を築けた理由

大学中退決定後の就職活動で連戦連敗、料亭発言で猛バッシング、選挙落選で貯金激減し家計の大ピンチ…タイゾーがドン底から這い上がるために実践した大逆転の法則とは?

●時給800円清掃員から外資系証券マンに転身した「出世力」
●国会議員当選のきっかけをつかんだ「5秒ルール」
●小泉元首相直伝 1分で人を惹きつける「伝え方」
●4000万円超の利益を上げた「株式投資の極意」(タイゾー注目銘柄も初公開! )
●商社「杉村商事」社長として語る経営者の「聞く力」 etc.

アマゾンより
どこかで聞いたようなタイトルですが…。

学ぶうんぬんというより、単純に面白そう。



「なぜか、企画が上司に認めてもらえない」
「なぜか、販売成績が伸びない」
「なぜか、今一歩のところで交渉がうまくいかない」
「なぜか、面接でうまく話せない」
「なぜか、プレゼンで手ごたえが感じられない」

それら、すべての“なぜか"はすべて「脳の違い」が原因だった! 

◆見た目で惑わされない「男性脳」「女性脳」の見分けかたとは?

アマゾンより
色んな切り口で本を出してきますね。

いつも心理学を分かりやすく、使える形で紹介してくれて、おもしろいです。



TV 業界関係者から、No.1の支持を得る人気深夜バラエティー『ゴッドタン』やシチェーション・コメディー『ウレロ』シリーズなど、テレビ東京の人気番組のプロデューサー・佐久間宣行氏が、仕事を楽しむための“開き直りの仕事術”を教える。「自分にはモノをつくる才能はない」そう語る佐久間プロデューサーは、いかにして「キス我慢選手権」や「芸人マジ歌選手権」など、TVの枠に収まらない企画を生み出してきたのか?

アマゾンより
テレビマンの本は割りと面白いものが多いうえに、テレ東のプロデューサーとなれば、気になります!



ウェブで660万回以上視聴された
人気のTEDスピーカーがあなたに教える。

ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツ、リチャード・ブランソン、セルゲイ・ブリン、
ラリー・ペイジ、マーサ・スチュアート──
500人以上の著名人にインタビュー。一流の人たちが共通して行って
いる習慣を徹底分析し発見した「成功の法則」を伝授する。

アマゾンより
タイトルだけだと「ありがちな…」とスルーしそうになりましたが、アマゾンで詳しく知ると、とても興味を持ちました!



世の中をあっと言わせた「ザクとうふ」。
相模屋食料は何を考え、超成熟産業をどう変えたのか?
業界No.1企業を率いる鳥越淳司社長には特筆すべき哲学がある。

◎白くて四角いものだけがおとうふではない
◎夢は荒唐無稽なほどいい
◎邪道というものはない。売れるものが王道になる
(中略)
本書は、「ザクとうふ」開発秘話、頭を下げ、お詫びし続けた営業時代の社長の経験、日本最大級の工場を稼働させるためにとった手段など、6年間で売上4倍と快進撃を続ける企業の秘密に迫る一冊。

アマゾンより
普通じゃないことをする会社の考え方を知るのは、とても面白いです。



◎競争で勝敗を分ける要因には何があるのか?
◎プレッシャーやストレスは、競争でのパフォーマンスにどう影響するのか?
◎競争の場面では、ポジティブ思考であったほうがよいのか?
◎勝負強い人間に育つには、何が必要なのか?
◎結果を出すチームはどこが違うのか?

といった「競争」をめぐる様々な疑問について、
ハーバード、スタンフォード、カリフォルニア大学をはじめとする世界中の大学の研究者たちによる心理学、生物学、神経科学等の研究成果をもとに、著者2人が核心に迫ります。

アマゾンより
「小学校の運動会のかけっこで順位を付けない」なんて話がありましたが、今もあるんでしょうか?




私たちはなぜ悩み、苦しむのか。

それは「こうあらねばならない」と自分で自分を縛ったり、身近な人、あるいは他人さえも縛ろうとするからです。

でも、この世に永遠に決められていることなど何もありません。
物事は常に変化しています。

つまり、大きく大きく物事をとらえるようにして
真理を知ることが大切で、そのために必要となるのが「こだわらない」「とらわれない」という念じ方となります。

アマゾンより
この本に通じるものがありそう。




全てのビジネスは「交渉」から始まる! 交渉は物品購入から企業買収まで全ての場面であなたの助けになる仕事術。
正 しい交渉の考え方から実践的な交渉フロー、実際の取引を基にしたトークスクリプトやケーススタディQ&Aを掲載。さらに取引の現場で即、効果を上げる32の実践的交渉テクニックとやってはいけない11のNGアクションを明快に解説。業種・業態や職種を問わず活用できる、実践的なビジネス交渉術の決 定版! 本書のテクニックを明日から実践するだけで、会社はあなたを手放せなくなる!

アマゾンより

「交渉」の場面って意外とあるものですね。

何も考えずにゴリ押しするか、交渉テクニックを持っているかで、大きく差が出ると思います。



私たちの脳が発揮できる力には限りがあります。
脳の力を大切なことに使うか、ムダなことに使うか。
日々の生活でどちらを選ぶかによって、
成果は大きく変わってきます。

本書では、脳のリハビリで用いられている
「エラーレス・ラーニング(誤りなし学習)」の考え方をもとに、
「言葉」「自律神経」「注意」を変える行動習慣を紹介。

アマゾンより
自分のことなのに、すごく大事なことなのに、意外と知らない「脳の使い方」。

知っておいて損はないかと。



「この本で私がお伝えしたいことは、たった一つです。
それは、ムダな打ち合わせをなくし、人とうまく仕事をして成果をあげるための
《基本的なルール》です。(著者より)

時間コストを激減させ、働きがいを創る仕事の進め方を
リアルな具体例満載で伝授する一冊。
人を動かし、成果を上げる「仕事コミュニケーション」の教科書!

アマゾンより
ダラダラと長く続き、たいしたことも得られないような会議、ありませんか?



『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ニモ』『カーズ』『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・創業以来すべての作品をヒットさせてきたピクサー。
財務面を強化すべく、2006年にディズニーの傘下に入るが、創造性においてはピクサーの方が勝っており、ピクサー共同創設者で現社長のエド・キャットムルとジョン・ラセター(監督/アニメーターとして有名)に、ディズニー・アニメーション・スタジオの再建が託された。
本書はエド自身が映画制作の現場で学んだ体験や、ピクサー流アイデアの育て方、創造的組織づくりの秘密を語る。

アマゾンより
最近では、『アナと雪の女王』もピクサーですね。

ピクサーといえば、Appleを辞めたあとのスティーブ・ジョブズがCEOを務めたことでも知られています。

そのジョブズについても書かれているようなので、ファン必読?



本書では、歴史上の人物がどのようにリーダーシップを発揮してきたか、さまざまなエピソードをもとに語る。
本能寺で信長が倒れたとの報を聞いたときの秀吉と柴田勝家の決断の差がいかに二人の命運を分けたか。なぜ大久保利通のもとに人材が集まったか、パットン将軍の覚悟とは、ナポレオンを一躍英雄にした行動とは……。
リーダーシップとはいかなるものか、そしてそれを偉人たちはどう発揮していったのか。三万人以上の経営幹部を育てた著者が語る偉人たちの逸話は説得力に満ちている。

アマゾンより






ビジネス・フレームワークを「コト(事)系」と「ヒト(人)系」の2つのタイプに分け、
フレームワーク(18の武器)の使いこなし方をわかりやすく解説。
変革のプロは、コト系フレームワークを「企画」「計画」「実行」に役立て、
ヒト系フレームワークを使って「布陣」「組閣」「展開」していた。

アマゾンより
「考え方」を知っていると、すごくラク。

フレームワークを使いこなせるようにしておきたい。



テレビで話題の美人弁護士である著者が最も得意としているのがインプット(記憶)。インプットには特別な才能はいらないという著者が実践する「ストーリー法」を初公開!

アマゾンより
美人から教わると、記憶につながる?



  “伝える"だけのコピーなんて、コピーじゃない! 著者は、広告キャンペーンでプレイステーションの全盛期をつくり、いまなお最前線で活躍するクリエイター・小霜和也氏。 コピーライティングというビジネスの根底を理解すると、効果的なコピー、人を動かすコピーが書けるようになる。 広告とコピーに関わるすべての人に役に立つ、いままでにないコピーライティングのビジネス書。

アマゾンより
ブログやイベント集客に役立つかも?



株式会社ぐるなびで広報担当を務め、数々のブームを生み出してきた栗田朋一氏は、
年間300 回にもわたるマスコミ関係者とさまざまな業種の広報担当者の交流会を開き、
若手広報からは師と仰がれ、マスコミ関係者には「困ったときの栗田頼み」と頼られる存在。
本書では、そんな著者が生み出した、従来の“広報の常識" をくつがえす新しい広報メソッドを網羅。
最強かつ、広報の仕事が何倍も楽しくなる方法が満載、広報担当はもちろん、営業や宣伝にも使える1冊です。

アマゾンより
こちらもブログやセミナー・勉強会運営に役立ちそう?



「経済史は欲望のドラマだ!」
代ゼミ人気No.1講師が教える、
歴史の流れと「なぜ?」がわかる、
社会人のための学びなおし講座。

世界恐慌、バブル崩壊、リーマン・ショック、アベノミクス…
歴史のストーリーで学ぶ、マンガのように面白い、
カネをめぐる仁義なき世界抗争劇。
封建制からアベノミクスまで、ビジネスパーソンが教養として
最低限知っておくべき、1300年の物語を2時間で一気に学ぶ。


経済は「世界史」から学ぶとよくわかる!

アマゾンより
恥ずかしながら、苦手分野。

とはいえ、大人として最低限のことは知っておきたい。

こういう本は助かりますね。



1994年に発行した『ブランド・エクイティ戦略』によって、マーケティングでのブランドの重要性が決定的なものとして認識された。
その立役者は、著者のデービッド・アーカーである。
その後、アーカー教授は、数々の書籍を執筆し、ブランド・アイデンティティ、ブランド拡張、ブランド・ポートフォリオなどの言葉を世に送り出してきた。
本書は、そのアーカー教授の20年に及ぶ研究成果を初心者にもわかるようにコンパクトに紹介したもの。
ブランドにかかわるすべての人が読むべき一冊。

アマゾンより
企業や商品だけでなく、個人ブランドについても学べるかも。



まとめ

前回紹介した20冊からは、今のところ3冊読みました。

しばらくインプットを抑えて、読んだのにブログで紹介できていなかったものをアウトプットすることに注力していました。

そろそろまたガツガツと、インプットしていきます!


読書の秋。

たまにはゆっくり読書も良いですよね。


あなたはどの本が気になりましたか?




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3138-6294ba1e