大人気ブログ「箱庭」がゼロから1年で月110万PV・3万いいね!を獲得した4つの方法  はてなブックマーク - 大人気ブログ「箱庭」がゼロから1年で月110万PV・3万いいね!を獲得した4つの方法

かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール (ノンフィクション単行本)

大人気サイト「箱庭」を知っていますか?

女子クリエイターたちが、 同じような仕事をしている人と情報をシェアしようという “ライフスタイル作りマガジン”。

ゼロから1年間で月間110万PV&3万「いいね! 」を獲得したというから、ものすごいですね。


本『かんたんなのに、ほとんどの人がやっていない お店にファンをつくるウェブ発信の新ルール』に、その情報発信の秘密が書かれています。

ブロガーはもちろん、自営業の方や会社の情報を発信する立場にある方なども、とても参考になる本です。


今日は本書から、「箱庭」が1年で月110万PV・3万いいね!を獲得した4つの方法を紹介します。





1. キュレーションする

キュレーションとはなんなのでしょうか。さまざまなおもしろい情報を収集して、自分の視点で編集し、発信していくこと。「箱庭」ではこうシンプルに解釈しています。ここで大事なことは、情報を収集し、編集して発信するという点。すでにネット上にある情報を引用(収集)し、手を加えて発信するのがキュレーションであり、ゼロからつくるオリジナルの情報に比べて、労力が圧倒的に少なくてかんたんなのです。

P.011
ここだけ読むと、最近問題にあげられる、「(悪い)バイラルメディア」と勘違いしてしまいそうですが、違います。

AをAのまま紹介するのではなく、無限にある情報から個人のセンスでA、B、Cを収集し、うまく編集して発信するのがキュレーションなのです。

実際には「労力が圧倒的に少なくてかんたん」とは思えませんが、まったく文章を書けない人からすると、やりやすいとはいえそうです。


お店の情報だけを発信するのではなくて、お店のファンになってくれる人が好むような情報を無料のツールも駆使しながら効率的に集めて、SNSで発信していくキュレーターを目指しませんか?というのが、「箱庭」からの提案です。

P.013
たとえば学習塾のブログで、塾の宣伝や報告だけをするよりも、
  • 脳科学についての本5冊に学ぶ、子育てで気をつけるポイント
  • 東大生10人から得た、合格する勉強法
  • 子供に読ませたいオススメ本10冊
などの情報を配信していたほうが、塾そのものにも興味を持ってもらえるでしょう。


2. ぶれない視点を設定する

お店にファンをつくるキュレーターになることを考えた場合、ウェブ上の情報を集めて発信していくには、一定の視点を定める必要があります。視点が定まれば、情報を選ぶ際に迷わなくなり、また発信する情報に方向性が生まれるため、それに共感した方はファンになりやすくなるからです。
(中略)
視点がぶれてしまうと、ひとつの投稿には共感してもらえるかもしれませんが、定期的に情報をチェックしてくれるファンをつくるのは難しくなります。

P.022
たとえばネイルサロンを経営している人が、居酒屋の紹介やマンガの紹介などしたとしたら、視点がぶれていて本業に興味を持ってもらえないでしょう。


3. マイナーなものにこだわる

キュレーションの手法を使った情報発信は、労力があまりかからない代わりに、ネタ選びが大きなポイントになります。
(中略)
ありきたりなものを、ありきたりな方法で取り上げていると、お店までありきたりなのではないかと思われてしまいます。

ウェブでの情報発信で指示を集めやすいのは、レアな情報、もしくは(ありきたりなネタだとしても)これまでにない切り口の情報です。

P.024
せっかく書いた記事について「知ってる」と思われたら悲しいですね。

そのような情報では、そもそもまともに中身を読んでもらえず、今後またそのサイトを見ようなんて思わないでしょう。


書くことを思いついたとき、まず同じ情報がないか検索することをオススメします。

もしあった場合は、書くのをやめるか、切り口を変えればOKです。


4. 実用的な情報を発信する

実用的な情報はシェアされやすい。

定番の実用的な情報は
「初心者向けの情報」
「無料のお役立ちツール・アイテム・サイトの紹介」
「よく聞かれることの答え」
「自分が困っていたことの解決法」。

専門知識を活かした実用的な情報は
よりシェアされる確率が上がる。

P.041
私は「実用的な情報」に徹底的にこだわっています。

本を紹介するときも、その内容から「実用的な情報」を取りあげています。


また、飲み会に参加したことを書くときも、「実用的な情報」に変換して書けば、多くの方に読んでもらえるのです。

初対面のコミュニケーションが苦手な方へ。100人超えの飲み会 #Dpub8 で感じた7つのコミュニケーション攻略法  


まとめ

実際の本書には、「10のルール」が紹介されており、それを実践すれば特別な才能がなくても注目を集めるサイトをつくれると言います。

サイトにつかう写真の撮り方や、オススメアプリの紹介、具体的なFacebook・ツイッター・ブログの事例などもあり、薄い本ですが初心者にはかなり実用的です。


唯一私が気になったのは、記事タイトルの付け方に言及されていないこと。

ブログにおいて記事タイトルは、それで中身を読むかを決められる重要なもの。

これについては、以下の記事で紹介した本を合わせて読めば、参考になると思います。

せっかく書いたブログ、アクセス少ないと悲しいですね?「読んでもらえる文章」にする5つのタイトルの付け方 





オススメの「ブログ」関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3133-fd91a261