日経トレンディ「常識が変わる文房具&日用品118」から気になるものベスト9!  はてなブックマーク - 日経トレンディ「常識が変わる文房具&日用品118」から気になるものベスト9!

日経トレンディ2014年9月号

日経トレンディ2014年9月号 』に、気になるグッズがたくさん掲載されていました!

中でも特にこれは!というものを9つ紹介します!


私の愛用しているアレの別バージョンもありましたよ。





1. 落としても割れないガラス風の透明コップ「シュプア」

B00HSIRCFI

見た目はガラスそのものだが、落としても決して割れないシリコーン製コップ。特にアウトドアや子供のパーティなどで重宝しそうだ。

シリコンですが半透明や色付きではなく、まるでガラスのようですね。



2. ぬれた手でもタッチ操作できる「タブレット/スマホ用 自立する防滴ケース」

B00GX279K8

ぬれた手でもタッチ操作が可能で、背面のスタンドを広げれば約60度の角度で立てておくこともできる。料理しながらでもタブレットの汚れを気にせずレシピサイトなどを見られるのは便利だ。

「防滴」なので風呂にボトンと落としたらマズイと思いますが、キッチンやアウトドア(海水浴やBBQなど)に活躍しそうですね。



3. 指サック付きでページめくり可能な「完全防水ブックケース ユウブミ」

B00LEJEPHK

滑り止めシールが付いているため、問題なく読み進められた。水に触れないので本がふやけず、湯船に落としてもケース内の空気で浮くので安心だ。

これはいいですね。

夏はシャワーだけになりがちな方も、これならゆっくり湯船につかって身体を休めることができるかも。



4. ノート型ホワイトボードに書いてスマホに簡単に取り込める「SHOT NOTE NUboard」

B00K1RY2J2

ノートタイプのホワイトボード「NUboard」とキングジム「SHOT NOTE」のコラボ商品(限定生産品)。メモした内容などを、アプリをインストールしたiPhoneで撮影すれば、ショットノートと同じようにカタチを補 正してデジタル化できる。神のノートのように使いきりではなく、消せば何度でも使えるので非常に経済的だ。

SHOT NOTEは割高な感じがするのですが、これなら良いですね。

残念ながらA4サイズがないので私はSHOT NOTEではない通常版のnu boardを仕様。

私の活用法は以下のとおりです。

【新型も登場!】持ち歩けるノート型ホワイトボード「nu board(ヌーボード)」活用術20選!

これは買い!ノート型ホワイトボードの新型nu board FME(ファイン・マーカー・エディション)は超極細文字が消えにくくて便利!【動画あり】



5. オシャレ!ティッシュを真横に引き出せる「YMSK ティッシュボックス」

B008BCO9LK

上に物を置けるのが便利なうえ、縦にも置けるなど設置の自由度も高い。側面の板は天然木で、ステンレス部は新潟・燕で加工したヘアライン仕上げ。シンプルで飽きのこないデザインだ。

ずいぶん前からずっと気になっていたのですが、そろそろ買おうかな。

本棚に一緒に立てておいても良さそう。



6. 壁にピタッとくっつくホワイトボード「dokodemo memo」


発泡ウレタン状の素材の表面にシリコン加工したシートで平らな壁にピタッとくっつく。磁石と違って場所を選ばず、小型のホワイトボード代わりに使える。

別途用意するホワイトボードマーカーは壁にくっつかないわけですが(笑)、ちょっと面白い。



7. 個人情報保護のり「ケスペタ」

B00LEECIWO

「のりで個人情報を守る」という新発想の文具。消したい情報に黒いのりを塗り、折りたたむだけ。見えなくなるうえ、剥がしても破れてしまうので二重に情報を守れる。

これは面白いアイデア!



8. 場所を取らないスタイリッシュな「大人のかき氷器」

B00J2GJAY0

スティックタイプの電動式かき氷器。上部のモーター部分を外して、下部のケースに氷を入れ、ボタンを押すだけで削られた氷が下から出てくる。

残念ながら、ケーブルレスではないため、コンセントにプラグを差し込んで使う必要があり、また一度に作れるかき氷の量は多くないようですが、グラスにちょっとしたかき氷なんて作ったら「大人」な感じてオシャレですね。



9. 液垂れしない「THE 醤油差し」

中川政七商店 THE 醤油差し CLEAR 80ml

「液垂れしないガラス製のしょうゆ差しが意外にない」(THEの鈴木啓太氏)との思いつきから研究を重ね、注ぎ口に「くちばし」がなく、表面張力を利用した全く新しいしょうゆ差しが生まれた。見た目は美しく、伝統的なしょうゆ差し。だがそこには、多くの技術や知恵が詰まっている。

お店などでも採用してほしい。

使おうと手にとったら手が汚れてしまったり、口に醤油のかたまりとかついてるのが見えたりすると不快ですよね。



まとめ

ここで紹介したのは118分の9。

まだ残り109もありますから、ぜひチェックしてみてください。


道具を変えるだけでものすごくラクになったりストレスが減ったり、習慣が変わったりすることもあります。

新しいものを積極的にとり入れてみてはいかがでしょう。

あなたはどれが気になりましたか?




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3075-ec0aecd7