サッカーワールドカップ2014に学ぶ、大きな結果を出すためにとても重要なこと  はてなブックマーク - サッカーワールドカップ2014に学ぶ、大きな結果を出すためにとても重要なこと

https://blog-imgs-69-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/brazil-croatia-berlin-june-13-2006-2-547706-m.jpg

サッカーワールドカップ2014、ドイツの優勝でその幕を閉じました。

最優秀選手はアルゼンチン代表・メッシ選手、得点王はコロンビア代表・ロドリゲス選手という結果を見て、とても大切なことを学んだ気がします。





飛び抜けたメンバーがいても、優勝できない

今回のワールドカップ、最優秀選手「ゴールデンボール賞」はアルゼンチン代表・メッシ選手でした。

受賞しても、チームが優勝できなかったのでこの表情。


1次リーグで3試合連続ゴールを挙げるなど計4得点の活躍で、チームを準優勝に導きました。

TVで浦和レッズの選手が、

「メッシは異次元」

と言っていたのが印象的です。


また、得点王「ゴールデンブーツ賞」は6得点のコロンビア代表・ロドリゲス選手。



面白いのは、最優秀選手・得点王、どちらも優勝したドイツの選手ではないということです。


チームの総合力があったのはドイツ

ワールドカップ2014決勝は、チーム力のドイツ vs 天才メッシのアルゼンチン、という印象でした。


チーム力のドイツとは、どういうことか。

しっかりとした基盤があり、途中出場したゲッツェが決勝ゴールをあげたように選手交代でチーム力が落ちない選手層の厚さ・バランスの良さがありました。


今大会でワールドカップ通算得点記録を16得点に更新したクローゼのようなベテランから、優勝ゴールを挙げたゲッツェ(22歳)のような若い世代まで散らばった年齢層。

18得点を8人で挙げるという偏りのなさ

メンバーのうち前回大会の経験者が11人。FWクローゼが4大会連続、主将のラームら4人は3大会連続出場です。

レーウ監督は前回2010年も指揮を執り、2006年はクリンスマン監督の下でヘッドコーチを務めていました


一方で、アルゼンチンは天才メッシ頼み、というふうに見えます。

アルゼンチン代表の監督がインタビューで、

「メッシが頼りだ」

と言っていたほど。

ネイマールの抜けたブラジルが4位に終わったのも、同じく個の力に頼りすぎたことが原因ではないでしょうか。


そう考えると、サッカー協会や監督が考えるチームの方針が、勝敗を大きく分けたと考えられそうです。


あなたのチームは「個」に頼りすぎていないか?

これはビジネスにも同様のことが言えそうです。

あのジャパネットたかたは、高田社長が経営者でありトップセールスマンでもあるというワンマンチームからの変化を目指しています。

社長vs副社長!ジャパネットたかた社長がクビを懸けてまで取り組んだ4つのこと


会社などのチームで、うまくいっていないのを優秀な人材がいないせいにしたり、逆に優秀な人材が抜けた途端に回らなくなるようでは、チームの作り方に問題があるかもしれません。

今いる仲間で「最強のチーム」をつくる3つの考え方!「あいつがいなければ…」「優秀な人材がいれば…」はNG!


…次は日本も、「結果」で称えられたいですね…。

【ブラジルW杯】ごみ拾いたたえ日本サポーター表彰 リオ州政府「五輪で見習って」 - MSN産経ニュース

日本代表帰国 温かい声援に戸惑いも/サッカー速報/デイリースポーツ online





オススメの「チーム力」関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/3038-6504aab6