これは真似したい!大人気サイト「デイリーポータルZ」編集長に学ぶ4つのブログ術  はてなブックマーク - これは真似したい!大人気サイト「デイリーポータルZ」編集長に学ぶ4つのブログ術

4594070353


デイリーポータル Z 」といえば、おもしろネタで大人気のサイト。

その編集長が『ビジネス書 』!?と思ったのですが、さすがのふざけた内容です(笑)。

とはいえ、意外にも役立つ内容も多く、ついこのように紹介したくなってしまったわけです。


今日は特に本書の中から、「デイリーポータルZ」編集長に学ぶブログ術を4つ紹介します。





1. 記事の「実用性」をウリにする

実用的な一面があるとたくさんの人に見てもらえる
(中略)
どうも世の中、おもしろいよりも役に立つもののほうが好きな人が多いみたいなので、おもしろいですよー!とアピールするよりも役に立つという点で売ったほうがたくさんの人の目に触れる。
確かに知らない人におれのおもしろい話聞いてくださいと言われるよりも、東京のきれいなトイレ教えますと言われたほうが、見てみようかという気にはなる。いまでも笑わせるためのコンテンツにもどこかに実用性の匂いを残しておくようにしている。

P.78
これは「笑わせるコンテンツ」ではないブログでも同様。


「最近こんな飲み会に参加しました!」なんて日記を書いても知り合いくらいしか興味を持ってくれません。

同じネタでも「人の役に立つ」ように書くことで、たくさんの人に読んでもらえます。

たとえばこんなふうに。

初対面のコミュニケーションが苦手な方へ。100人超えの飲み会 #Dpub8 で感じた7つのコミュニケーション攻略法


2. 素材×アレンジで「新規性」を出す

「デイリーポータルZ」の企画は大きく分けて2パターンある。
もとの素材に新規性があるもの(「フクロウカフェがかなりきてる」)と、平凡な素材におかしなアレンジ(「イカで作ったイ革ジャン」)をして新規性を出したものだ。
(中略)
素材×アレンジの総量であるていど目新しさが出たらほぼ企画のできあがりである。
最後のチェックポイントは目新しさだけではなく自分がそれに興奮できているか、である。

P.132
フクロウカフェがかなり来てる」も「イカで作ったイ革ジャン」も確かに新しいし、気になります(笑)。


私のブログなら、例えば以下の記事はアレンジで新規性を出しました。

「素材」そのものを単に紹介したのではなく、自分なりの「使い方」を紹介したわけです。

とはいえ、モノ自体を知らなかった方にとっては、素材の目新しさも感じてもらえたようです。

ノート型で持ち運べるホワイトボード『NUboard』が超便利!オススメの使い方6選

オシャレな収納箱、バンカーズボックスを有効利用する4つのコツ+α


3. 得意パターンを作っておく

素材をアレンジするとき、自分が得意なパターンがいくつかあると便利である。
僕の場合は、この3つだ。

「デイリーポータルZ」でもライターごとに「人力でやる」「布で作る」「電子工作にする」「むりやり食べる」「段ボールで作る」などの得意パターンがある。
P.144
たくさん書いているうちに分かってくるものかもしれないし、もともと自分の得意・好きなことをパターンにする手もありそうです。

私の場合だと、この記事のような本を元ネタにした記事は得意パターン。


他にも、「素材のアレンジ」とはちょっと違いますが、本の紹介方法をそのままファッション雑誌に活かした記事や、

オシャレが苦手なあなたへ!今春買うべきアイテム5選 〜大人メンズファッション誌8冊まとめ<2014年5月号>


ビジネス書の新刊情報などなど。

GWにどれ読む?【全20冊】とても気になる未読本(2014/4/24版)〜『雑談力が上がる大事典』、『ぼくがジョブズに教えたこと』、『なぜ、あなたの話はつまらないのか?』、ほか


自分の興味分野で情報収集していること(得意なこと)をパターンにしているから、「何書こうかな…」などとゼロから考えなくても記事を書けます。


4. 現場では「事実」だけでなく「思ったこと」もメモする

僕は現場であれこれメモを書くようにしている。見たり聞いたりしたことだけではなくて、「帰りたいー」「あ、コップがうちのと同じ!」などそのとき思ったことを全部書いておく。頭のなかを通り過ぎる考えはどんどん忘れてしまうからだ。
使わないことも多いんだけど、とにかくメモを書いておくと原稿にまとめるときに参考になる。

P.115
ブログ記事のネタが欲しいときは、パソコンの前で「うーん」と考えるより、出かけたり何かアクションしたほうが良いですよね。


「思ったこと」のメモから意外な発想が浮かんだり、そのときの状況を思い出す手がかりになることもあります。

「事実」はGoogleで検索すれば出てくることもあります。

しかし自分が思ったこと・考えたこと」は検索することができない、貴重な情報なのです。


まとめ

ここではブログに役立ちそうなことを取り上げましたが、実際には以下のような事が書かれています。

第1章 憂鬱なプレゼンを乗り切る
(儲からなくてもいいから目立たせる
社内より、外での評価を上げる ほか)

第2章 最低限の努力で人を動かす
(もやっとしたアイデアでいい
実用性は間口を広げる(でも入口まで) ほか)

第3章 アイデア・企画をひねり出す
(アイデアは降りてこないことを自覚する
興奮を大事にする ほか)

第4章 インターネット上の処世術
(Twitterに不満を書かない
怒りはすぐ忘れる ほか)

…とAmazonにある目次を紹介すると「ビジネス書」っぽく実用的に見えるのですが、実際には
  • かっこいいビジネス用語を駆使する(一緒にやる→シナジーの創出、アピールする→訴求、など)
  • ビジネスメールの最後に「iPhoneから送信」と書けば、急いでるように見せることができる
など、いかにもな馬鹿げたネタも豊富です。

これこそまさに、先に紹介した『1.「実用性」をウリにする』ですね。


でも…何だかくやしいけど、実際のところ実用的な本です。ぜひ一読を。


フェイスブックページには本書のマインドマップを掲載しています。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2998-08decd27