あなたは大丈夫?「会議で自分の考えをうまく伝えられない」問題を解決する5つの考え方  はてなブックマーク - あなたは大丈夫?「会議で自分の考えをうまく伝えられない」問題を解決する5つの考え方

453405193X

「会議で意見を言えない」ということ、ありませんか?

自分なりの意見を言えないようでは、あなたがそこにいる意味がありません。


しかし私も以前は言えないタイプだったので、よく分かります。

自分の考えを伝えられない原因には、以下の3つがあるのではないでしょうか。
  • そもそも「自分の考え」がない
  • 考えを伝える「勇気」がない
  • 考えを伝える「スキル」がない


そこで今日は本『自分の考えを「伝える力」の授業 』から、この3つを解決する答えを探し、まとめてみました。

以下を意識すれば、
  • 自分の考えをしっかり持ち、
  • 発言する勇気を持って、
  • 相手に分かりやすく伝える
ことができるようになります。





1. 【考える→】反対意見とグレーゾーンを探す

もともと出されていた意見と、その反対意見とを比較することは大いに意味がありますが、場合によっては、2つの意見をめぐって「勝ち負け」を決めているような感覚になることもあります。
でも、議論は勝ったり負けたり、というものでは本来ありません。勝ち負けの感覚を消すためにも、さらなる選択肢を出して話を発展させるためにも、3つ目の意見、つまりグレーゾーンは大事です。

P.126
1つの意見に対し、ただそれを鵜呑みにするのではなく、まずは反対意見を考えることが大切。

そしてさらに、それ以外の道を探すことも重要なわけです。

これで、その場に足らない新しい意見を見つけることができます。


たとえば、週末に川辺でバーベキューをする計画があるとして、雨天の場合を考えるとき。

選択肢は、
  • 雨でも行く
  • 雨なら行かない
だけでしょうか。

  • 雨の降らない場所へ行く(雨の降らない地区や、屋根付きの場所など)
も考えられそうです。


自分の考えを持つ方法について、詳しくは著者の前作『「自分で考える力」の授業 』に書かれています。

会議で意見を言えないあなたへ。「自分で考える力」を身につける5つの方法 〜本『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』


2. 【伝える勇気→】「間違った意見などない」と考える

意見は皆違って当たり前なのです。「正しい意見」「間違った意見」などというものはありません。「好みの性格」とか「嫌いなタイプの顔」というのはあっても、「正しい性格」や「間違ったタイプの顔」というのがないのと、同じです。

意見は、「正しいか否か」ではなく、「説得力があるかどうか」で判断するものです。そして、説得力のある意見とは、きちんとした根拠のある意見のことです。

P.18
逆にいうと、きちんとした根拠を用意してあれば、自信をもって意見できます。

とはいえ、そうでない場面もあるでしょう。

根拠が薄ければ反論もされます。

しかし、

意見を伝えること自体が「貢献」になる

P.21
し、「間違った意見などない」のです。


3. 【伝える勇気→】「反論」ではなく「別意見」として考える

場の空気や自分の立場によって、「反論」する勇気が出ないことがあります。

そこで便利なフレーズがあります。

皆さんにぜひ使いこなしていただきたいのが、「私は別意見なんです」というフレーズです。
このフレーズを使いこなすことのメリットは、2つあります。
1つ目は、議論における「両極」感を緩和できるということ。2つ目は、相手の意見に対して、不要な優越感や対抗意識を抱きづらくなる、ということです。
誰かが言ってきた意見に対して反論したいとき、「私は別意見なんです」と言うと、聞いている人は、「この人は(相手の意見を否定しているわけではなく)違う意見を出しているのだな」と感じます。

P.167

聞く側からすると、

「いや、そうじゃなくて…」
「それは違うでしょ。逆に…」

などと言って否定されるよりも、

「私は別意見で、…」

と言われる方が確かに「反論された」「否定された」という感覚は薄いかもしれません。


個人的には、「反論」ではなく「選択肢を増やす」アイデアとして伝えるのが良いと考えます。

「それいいですね。他にも例えば…」

のような言い方です。

こういう言い方なら相手にムッとされることも少ないので、思い切って意見を伝える勇気を持つことができるでしょう。


4. 【伝えるスキル→】相手目線の言葉で伝える

相手がどんな知識やバックグラウンドの持ち主かを把握して、「そういう相手なら、こういう言葉遣いだと理解してくれるのではないか」と考えていきます。伝える達人は、「相手目線で考える達人」でなければなりません。

P.43
たとえば、相手がどんな人かわからない場合は、専門用語を避けたほうが無難です。

しかしいつもそうとは限りません。相手が明らかに専門知識を持っているのなら、専門用語を使ったほうが話は早いでしょう。


相手の好きなことに例えて伝える、というのも便利な方法です。


5. 【伝えるスキル→】それを語る資格があることをアピールする

異業種交流の場や地域の集まりなど、自分の職種や背景が聴衆に明らかになっていない場では、「私はこれについて語る資格がある」と主張することが大事です。「この人の話、信じていいの?」と聴衆を疑心暗鬼にさせないためです。
やり方は簡単です。自己紹介のときに、自分はこれから語るテーマを「仕事にしている」「勉強した」「かつて仕事としていた」「経験した」などと言います。

P.212
これをするかどうかで、意見の説得力がずいぶん変わってきます。

たとえばこの本の内容について、著者がどんな人だか分からない場合よりも、著者が考える力・プレゼン力・作文力を指導するスクールを主宰し、あのTEDでプレゼンした方だと知ってから読むほうが、説得力が増すでしょう。


社内の会議でも、例えば若手が「私はこう思います」と言っても、「経験の少ないおまえに何が分かる」とナメられてしまうことがあるかもしれません。

自分はこれを語る資格があるとアピールするために、「以前勉強したのですが…」「以前読んだ本に書いてあったのですが…」などと言えば、説得力が増すかもしれません。


まとめ

先日【全20冊】とても気になる未読本(2014/6/11版)でも紹介した本書。

個人的には、特に「反論」についての章をぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。

日本人は、反論を言うのも言われるのも苦手ではないでしょうか。

反論の下手な人や、反論されたらすぐムキになる人をよく見かけます。

本書から反論の考え方を学び、考え方・伝え方を学び、議論に貢献できる自分になりましょう


FacebookやツイッターなどのSNSで何かの記事をシェアするときに、必ず自分なりの意見やコメントを添えてシェアするようにすると、良い訓練になりますね。

たとえば、あなたはこの記事を読んで、何を考えましたか?

反対意見やグレーゾーンを探し、ぜひ気軽にFacebookやツイッターに投稿してみてください。

間違った意見などありません。


フェイスブックページにはマインドマップを掲載しています。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2986-f88a242d