誰でもできる!フセンで自分の成功法則を見つける方法  はてなブックマーク - 誰でもできる!フセンで自分の成功法則を見つける方法

4774514500

以前の職場で、こんなことがありビックリしました。

私 「フセンが欲しいんですが…」
庶務の若い女性「え?フ、セン??」
私 「うん、え、わからないかな、あのメモして貼り付けるやつ」
庶務の若い女性「あぁ、ポストイットですね!」


…まぁどっちでも良いですが、あなたは最近いつフセンを使いましたか?

あまり使っていないとしたら、とても損しているかもしれません。


フセンで考えるとうまくいく:頭と心が忙しい人のための自分整理術22 』は、オリンピックのメダリストもサポートしたというメンタルコーチの著者・平本あきおさんが、
  • 経営判断
  • 人間関係
  • スケジュール管理
  • 企画アイデア
  • 営業トーク
  • バカンス
などなど様々なことに使える「フセンを使った問題解決スキル」を紹介した本。


今回は本書から、フセンで自分の成功法則を見つける方法を紹介します。

例として、もっと多くの人に読んでもらえるブログ記事を書く方法について、本書にあるフセンを使った方法で考えてみました。





1. まず、成功させたいことをフセンに1つ書き出し、シートの「案件」の枠に貼ります。

B00HX46XQG  B0013MW3PO

「ブログにたくさんのアクセスが集まる」では分かりにくいので、具体的に「ハテブ数が100を超える記事を書く」とします。

シートはこちらからダウンロードできます


2. 次に、成功例をフセンに1つ書き出します。

フルマラソンのような自分が未体験のことにチャレンジする場合、フルマラソンに似た体験の中から成功例を探します。

P.171
今回の例では、私はハテブ100超えの経験があるため、以前ハテブが  ついたこの記事を成功例とします。

一番お得なのは?!新サービス「LINE電話」vs「楽天電話」vs「SMARTalk」vs「050plus」


3. 次に、「周りからの影響」と「自分の要因」をどんどんフセンに書き出して貼っていきます。

1枚に1件、書き出して貼り付けます。

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_8386.jpg


4. 同じように、今度は似た経験の中から失敗例を挙げます。

一方、こちらの記事も新サービスのリリース直後に公開した記事。

残念ながらほとんどハテブがつかず、アクセス数も伸びませんでした。

あなたもクリエイターに!文章・写真・音声・動画を超簡単に販売できる新SNS「note」の活用アイデア、問題点など


5. 失敗例の「周りからの影響」と「自分の要因」をフセンに書き出して貼っていきます。

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_8388.jpg


6. 成功例、失敗例の各要素の中から、特に自分に影響を与えていると思うフセンをそれぞれ3〜4つピックアップして見ていきます。

ピックアップしたフセンを、左に貼り替えてみました。

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_8390.png


7. その気づきをもとに、最後に「自分の成功法則」を何箇条かフセンに書き出します。

貼り替えたフセンを眺めながら、文章化してみます。

私の「ハテブ数が100を超える記事を書く」ための成功法則は、このようにまとめてみました。
  • 「コメントしたい!」「シェアしたい!」と思ってもらえることをもっと意識して書く
  • 話題性のあるネタをいち早くキャッチ、皆が気になる点を分析し、結論を出す
  • 驚きやワクワクを感じてもらえるよう、タイトルや書き方を工夫する


もちろん、私もいろんなタイプの記事を書くためにいつもこれに当てはまるわけではありません。

ただ、こうして法則を文章化しておけば、もっと意識できそうです。


まとめ

もちろん、上記の方法はブログに限ったことではありません。

仕事やプライベートであなたの成功法則を見つけるために、ぜひ試してみてください。


本書には他にも、フセンを使ってコミュニケーションを改善する方法や、頭を整理する方法、成功への計画を立てる方法など書かれています。

目次:
プロローグ フセンがあれば何でもできる
PART1 頭と心をスッキリさせる [フセン術・整理編]
PART2 本当の自分の想いを知る [フセン術・発見編]
PART3 周りの人を味方につける [フセン術・協力編]
PART4 自分らしいやり方を探す [フセン術・計画編]
PART5 心のブレーキをはずす [フセン術・行動編]


単なる「文具術」的な内容ではありません。

実際に著者はコーチングを行うときにフセンを使っているそうで、クライアントにはオリンピックのメダリストもいるようです。

スポーツも、技術や体力だけでなくメンタルが大事。

同様に、仕事やプライベートでも、何かの結果を出すためにはメンタルが大切ですね。

あなたもフセンを使って楽しく問題解決してみませんか?


そうそう、余談ですが、フセンは◎の方向ではがすと良いですよ。

貼り付けたときにクルンと浮いてしまうことが減ります。

http://blog-imgs-65.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_8393.png





オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2883-f49c1bd4