日本トップクラスの催眠士に学ぶ!たった1分で自分に催眠をかけ、思いどおりに操る方法  はてなブックマーク - 日本トップクラスの催眠士に学ぶ!たった1分で自分に催眠をかけ、思いどおりに操る方法

4799102702

「意志の弱さ」が原因で、さまざまなことに挫折した経験がある人は多いことでしょう。
(中略)
しかし、「1分催眠法」を駆使することで、このようなあらゆるシーンでも、意志の強弱に関係なく、身体が勝手に動くようになります。結果として、求めていた結果を引き寄せることができるのです。

P.3
「催眠」と「身体が勝手に動く」がこうして同時に目に入ると、どうも胡散臭く感じてしまいます。

しかし本書『自由自在に自分を操る! 1分催眠法 』の目的は、TVでよくあるような、タレントさんがニワトリになったりするアレではありません。

自分の「無意識」をコントロールし、より良く生きるための方法が書かれています。

  • 決断できない自分を変えたい
  • 自信を持ちたい
  • ポジティブになりたい
など自分を変えたい方は、試してみませんか?


今日は本書から、日本でトップクラスの催眠士・心理セラピストに学ぶ、たった1分で自分に催眠をかけ、思い通りに操る方法を紹介します。





マイナスのフィルターを弱めることで、自信が持てる

まわりの人から「すばらしいじゃないですか」と自分の仕事ぶりをほめられても、「いやいやそんなことありませんよ」とか「それ、お世辞ですよね」などと返してしまうものです。

思いあたることはありませんか?
もちろん、それが謙遜から出たものであればよいのですが、「拒絶」から出た言葉だとすると、ちょっと問題です。
マイナスのフィルターは、あなたの夢や願望の実現を邪魔する「ドリームキラー」だからです。

P.25
無意識のうちに、マイナスのフィルターをかけてしまっていること、ありませんか?

「できる」と思う人と、「無理」と思う人とでは、行動が違うので、当然結果も違います。


ではどのようにすればマイナスのフィルターを弱めることができるのでしょうか。


潜在意識の門番を休ませ、心の深い部分から書き換える

なりたい自分になるには、潜在意識にアクセスして、心の深い部分から書き換えていく必要があります。
そのための方法として自己暗示やアファメーション(自己肯定宣言)がありますが、これだけではうまくいかないことがあります。
先ほどお話したように、新しい自分になることを自我が邪魔するからです。
(中略)
そこで催眠法を使います。
催眠状態にして自我を休ませ、その間にプラスの言葉を投げかけます。

P.89
いくら「私は自信を持って行動できる」と繰り返し自分に言い聞かせても、「でも実際は失敗ばかりだしな…」なんて邪魔が入ると意味がありません。

そこで、余計なことを考えないために催眠状態をつくるのです。


1分催眠法のテクニック「1点凝視法」

どこか1点を見つめることによって催眠状態に入っていく方法です。「凝視すること」が催眠状態に入る合図になります。
まず目標物を決めます。
何でもかまいません。
(中略)
動かないもの、意味をなさないもの(文字以外)からあなたの好きなものを自由に選んでください。
目標が決まったら、そこだけを見続けます。
しばらくすると、左右の隅の視界がグーッと広がり、ぼんやりとしてくるはずです。
これが催眠状態です。
催眠状態になったらゆっくりと目をつぶりましょう。
そして暗示の言葉を決めた回数だけつぶやきます。言い終わったら、ゆっくりと目を開けてください。

P.116


本書には他にも
  • カウントダウン法
  • イメージ法
  • 条件反射法
が紹介されています。

1点凝視法がうまくいかないようであれば、そちらも試してみましょう。


ところで、暗示の言葉をつくるにはコツがあります。


暗示の言葉をつくる法則

7つの法則に気をつけて「暗示の言葉」をつくると効果が高まります。
  • 肯定文にする
  • 現在形にする
  • 数字を入れて具体的にする
  • 能力ではなく行動について語る
  • 達成可能な目標にする

「運動して痩せる」ではなく、「6月には体重が5kg減っている」という感じでしょうか。


残り2つは、本を確認してください。


まとめ

何かって言うとすぐ否定から入る人がいます(私もそうでした)。

すぐ頭の中に「でも」「だって」「どうせ」が浮かんでしまう方は特に、1分催眠法で自分をポジティブに変えてみてはどうでしょう。

あなたは大丈夫!?他人に嫌われ、不幸になる人の口癖「3D」


他にも、習慣を変えたいとか、自分に自信を付けたいとか、目標達成したいとか、とにかく自分をコントロールしたい方にオススメです。


「なんか見たことある表紙」と思ったら、以前紹介したこの本と似てました(笑)。こちらもオススメ。







オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2843-1f3563d9