真似しても、意外と真似にならない  はてなブックマーク - 真似しても、意外と真似にならない

//blog-imgs-60-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/copy-lady-744186-m.jpg

思い切って、暴露します。

私は、人の真似ばかりしています。


マネをするのには抵抗がある?

まねをするのはカッコ悪い?

真似をするのは恥ずかしい?


そう思う気もなくはありません。

それでも、私は普段からマネしまくってます。






「型」を真似ても、同じ内容にはならない

たとえば、この記事。

月1〜2回、未読の気になる本を紹介しています。

【全20冊】とても気になる新刊情報(2014/9/17版)〜井上公造 著『一瞬で「本音」を聞き出す技術』、『自衛隊に学ぶメモ術』、『知的生産の技術とセンス』ほか - ライフハックブログKo's Style


これは、人気ブログ「マインドマップ的読書感想文」のマネがキッカケ。

【全19冊】未読本・気になる本(2014年09月15日):マインドマップ的読書感想文

しかし、気になる本がまったく同じはずはありませんから、内容は当然違ってきます。

それに加え、「タイトルに一部の書名を加える」など私なりの工夫を入れているので、もはや全く別ものです。



また、毎週気になった記事・更新した記事を紹介するこちら。

本『知的生産の技術とセンス』発売間近、高級ボールペンLAMY2000+JetStream、シンプルなノートでタスク管理する方法、ほか【今週のライフハック140921】 - ライフハックブログKo's Style


これは、人気ブログ「ライフハッカー[日本版]」のマネがキッカケ。

iPhone 6を買ったらまず入れておきたいオススメアプリ100選!ほか〜木曜のライフハック記事まとめ | ライフハッカー[日本版]

これも当然、まったく同じ内容になるはずがありません。

私は自分の更新した記事も加えるようになりましたし、日曜日更新というのもこだわりです。


まずは素直にマネてみる。するとマネるうちに違和感を感じ、「自分はこうしよう」と変えたくなる。それが個性・オリジナリティなのです。


もちろん、丸パクリしたら大問題です。

そうではなく、「方法」「考え方」を真似してみるわけです。

これなら、「マネするのは恥ずかしい・カッコ悪い」と思う必要はありません。


元ネタへの「尊敬」が大切

あの『吾輩は猫である』や『風の谷のナウシカ』にも元ネタがあることを、知っていますか?

『ナウシカ』も『吾輩は猫である』もパクリだった!?正しいパクリ方のすすめ 〜本『あらゆる小説は模倣である』


本『あらゆる小説は模倣である』には、「元ネタへの尊敬が大切」ということが書かれています。

私も、マネする元ネタに対して「すごいなぁ」「なるほど!その手があったか!」という尊敬の気持ちがあります。


しかし一方で、記事の内容やタイトルを丸パクリして問題になる悪質なブログも見かけます

いくら元ネタへのリンクを貼っていても、元ネタへの尊敬が感じられない記事は、やはり「ただのパクリ」という気がしてしまいます。


元ネタ+αでオリジナルに

たまたまここではブログの例をあげましたが、友人の読んでる本を自分も読んでみたり、仕事の仕方をマネたり、文房具などの道具を真似してみたりすることは、よくありますよね。

真似することは、先人の知恵を借りることで1から苦労して考える必要がない、有効な手段です。

しかしそこで苦労しなかった分、真似した先で考えることをすると良いのではないでしょうか。

Aを見てAとしてアウトプットするのではなく、A+B=Cにする。つまり、Aに自分の個性Bを足してアウトプットすれば、それはオリジナルのCなのです。

この本に、近いことが書かれています。


とはいえ最近、大人気になった動画などをただ紹介するだけのブログが増えていたり、私のブログ記事をパクってほんのちょっと別情報を加えただけのNAVERまとめを見つけたりと、何だか複雑な気持ちです…。






オススメの関連リンク




管理人コウスケのひとこと


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2619-faa5146e