メンバーが助け合う「幸せなチーム」で結果を出す、リーダーシップの3つの考え方 〜本『はじめてリーダーになる君へ』  はてなブックマーク - メンバーが助け合う「幸せなチーム」で結果を出す、リーダーシップの3つの考え方 〜本『はじめてリーダーになる君へ』

4478023085

友人が、仕事で結果が出せず苦しんでいました。

上司から「辞めろ」と言わんばかりに罵られ、自信を失い、会社を辞める寸前のところで、配置換えに。

すると、上司が変わった途端イキイキと仕事ができるようになり、ついには結果を出して褒められるまでになりました。

人を生かすも殺すも、組織やリーダー次第ですね。


本『はじめてリーダーになる君へ 』の著者・浅井浩一氏は、「一人の落ちこぼれも作らず、チームが一丸となるマネジメント手法」により、職場再建のプロと称されている方。

実際、JTの歴代最年少の支店長に大抜擢されてから、31支店中25位以下だった高崎支店を、メンバー全員が標準以上の優秀な成績を出し、その支店はダントツの日本一に輝くまでにしたのだとか。


今日は本書から、メンバーが助け合う「幸せなチーム」で結果を出す、リーダーシップの3つの考え方について考えましょう。

今週末に行われる著者の講演「幸せな組織を作るリーダーシップを真剣に考える!」は、まだ少しだけ残席あるようです。私も参加します!






1. 自分ではなく、部下の優秀さをアピールする

「リーダーらしく」とついカッコつけたくなるかもしれません。

「グイグイひっぱっていくんだ!」「部下にナメられてはいけない!」と。

著者は、その必要はないと言います。

「オレは優秀だ。だから、みんなついてこい!」と言われるより、「あなたを頼りにしているから、ぜひとも助けて欲しい」と言われたほうが何倍もやる気が出ます。そんなことを言ってくれるリーダーのためなら、もっとがんばろうという気持ちになるのではないでしょうか。

P.26

アピールするなら、部下の優秀さをアピールするのです。

優秀なリーダー(あるいは後に、成長していくリーダー)ほど、部下の功績を上の上司に伝えようとします。「Aくんががんばってくれたから、ここまで数字を 上げることができました」「Bさんのアイデアがなければ、これほどの結果は出せませんでした」というように部下の活躍をアピールするのです。
部下が喜ぶのはもちろんのこと、こうした「リーダーとしての姿勢」は、上司からも必ず評価されます。

P.46


以前紹介した、「手がらはメンバーのもの、失敗はリーダーの責任」という話に近いですね。

【チェック】部下に好かれて結果を出すリーダーの5つの心得 〜本『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ 』


2. 結果だけでなく、プロセスやチームへの貢献度を評価する

過程を認め、ほめることもリーダーの大事な役割なのです。
(中略)
「何かを始めたこと」「結果には至っていない途中経過」に気づき、ほめる習慣をぜひ身につけて下さい。

P.139

あなたの評価ポイントが「業績のみ」だとしたら、部下たちは当然のように業績のみを追い求め、ライバル心を剥き出しにして競い合うようになるでしょう。(中略)
勝者は気持ちがいいかもしれませんが、敗者はやる気を失いますし、そもそもその他のメンバーがしらけてしまうでしょう。
そこで私は以下の2点をとても大事にしていました。

  1. 自分の能力をチームに還元する力
  2. 他人の良いところを素直に認め、吸収する力

この2点を評価の対象としていたのです。
P.238
たとえば営業マンに成績を競わせるのも良いですが、そのためにメンバー同士がいがみ合ったり、ノウハウを隠したりしていては、チームとしての結果につながらない可能性があります。

リーダーは、チームとしての結果にフォーカスすることが重要ですね。


以下で紹介した本には逆に、『「プロセス」ではなく「結果」をほめる』とありました。

あなたはどう考えますか?

あなたはできてる?仕事のできるチームを作る、上司の5つの会話術 〜本『課長の会話術』


3. 落ちこぼれを見捨てない

部下育成について、私が考えてきたのは「絶対に、一人の落ちこぼれも出さない」ということです。

P.110

もしリーダーが「成績が悪い人」(いわゆる、落ちこぼれ)に対し、誠実に向き合わず、邪険に扱うようだとしたら、他のメンバーはどう思うでしょうか。
きっと彼ら、彼女らは「自分がその立場(落ちこぼれ)になったら、同じように扱われる」と思うに違いありません。
(中略)
リーダーが「成績の悪い人」「ミスをした人」「悩みを抱えた人」に対して、人間として誠実に向き合っていたらどうでしょうか。
周囲のメンバーは「このリーダーは、こんなふうに私たちと接してくれる人なんだ」「この人は、何があっても絶対に見捨てない人なんだ」と思ってくれます。実はこれがとても、とても大事なのです。

P.112
誰でも常に結果を出し続けるというのは難しい。

時には「落ちこぼれ」になる可能性があるわけです。


落ちこぼれを切り捨てるのはラクかもしれません。

結果を出せない部下に厳しくあたり、辞めるように追い込むようなことがありがちです。

しかし、こう考えることもできます。

『あいつ使えない』という表現は、『あの人は役に立たない』という意味ではなく『私にはあの人を使う能力がない』という意味だ。『あいつ』と指差した手のうち3本は自分に向かっている



まとめ

本書で特に「共感」したのは上記3つの内容ですが、「勉強になった」のは、
  • 部下に甘える・相談する
  • さりげなく伝える
  • 腹心(ナンバー2)に話をさせる
  • 言い訳を聞く
などの内容です。

ぜひ本書をチェックしてみてください。


11/9に行われる著者の講演会、まだ席があるようですよ!

本を読むより直接お話を聞くほうが心に残るかもしれませんね。

あややこと浅井浩一さん講演「幸せな組織を作るリーダーシップを真剣に考える!」


あなたはメンバーが助け合う「幸せなチーム」づくりについて、どう思いますか?






オススメの「リーダーシップ」関連リンク




管理人コウスケのひとこと


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2617-749bcb3c