メンタリストDaiGoに学ぶ!相手がソノ気になるよう動かす4つの方法 〜本『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』  はてなブックマーク - メンタリストDaiGoに学ぶ!相手がソノ気になるよう動かす4つの方法 〜本『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』

4478025223

メンタリストDaiGoさんは、元々はコミュニケーション下手な人ではないでしょうか。

TVで見る表情や「子供の頃いじめられていた」というエピソードから、そう感じます。

しかし、メンタリズムを学ぶことで彼はそれを克服したのです。


「テクニックでコミュニケーションする奴なんて信用できない」という意見もありそうですが、ではコミュニケーション下手なままで良いのでしょうか。

何とかしようと学び、克服した彼は素晴らしいと思います。

メンタリズムとは、決して騙したり、誑かしたり、裏をかいたりするためのものではありません。相手の心に寄り添うための、相手といい関係を築くための、人付き合いの基本なのだと、私は考えているのです。

よりよい人間関係、仕事環境づくりは、よりよい仕事、人生づくりの第一歩です。
さっそく、その一歩を踏み出しましょう。

P.16

いまやパフォーマーとしてのメンタリストを引退し、ビジネスの世界で活躍しているようです。

メンタリズムは、ビジネスにも活かせるのです。


今日は本『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。 』から、相手がソノ気になるよう動かす4つの方法をピックアップします。

お客さんとの良い関係構築に、あるいは部下・上司とうまくやるために、活かせる内容です。





1.  相手をよく観察する

メンタリズムを用いるとき、まずは相手をしっかり観察することが大切だといいます。

ただ「見る」だけではダメ。

意識して「観察」するのです。


たとえば、こんな例が紹介されています。

相手が自分と話しているときの表情の変化を観察するだけで、その心理を読み取ることができます。
簡単な例を挙げると、こちらの話に興味があって面白いと思っているとき、目線は上下に動き、口は軽く開きがちになります。逆に興味がなくてつまらないと、目線は左右にふらふら動き、口は左右に固く閉じられます。

P.29
観察したあとは、観察→分析→信頼構築→誘導のステップをふみます。

詳細は本書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。 』を読んでみてください。


2.  雑談で距離を縮める

交渉などの前、駅からオフィスまでの道を相手と一緒に歩くなどして雑談の時間を作ると良いと言います。

そのたった5分、10分の間で何をするのか。それは、駅から先方の会社に行くまでの間の会話を通じて、相手の個人的な情報をひと通り聞き出すのです。
ポイントは、ここでその日の商談や交渉に関する話を一切しないということ。
(中略)
目的は知ることではなく話させること、相手とプライベートな会話ができる仲になることです。
ビジネスを抜きにしたところで、どのくらい個人同士として心の距離を縮められるか、それが大事

P.63
雑談力を上げるためには、こちらの記事がオススメ。

あなたの人生・仕事が劇的に変わる!「雑談力」を身につける7つの方法

友だちが増える!気まずくならない!雑談力が上がる話し方


3.  聞きたいことは、自分から話す

自分が聞きたいことは、まず自分から話すということ。
(中略)
こういう場合、「○○さんには男の兄弟がいらっしゃるんですか?」などと相手に質問をしてしまいがちです。こう聞かれると相手は例外なく警戒します。「なんでそんなことを質問するんだろう?」と。
でも私なら逆。「僕には○歳上の兄貴がいるんですよ。その兄が実は…」と、必ず最初は自分から、自分の兄弟の話をします。
まず私から兄弟の話をしたことによって相手は、
「今この場(空間)は兄弟についての話をする場なんだ」
という暗示にかかり、次は自ら兄弟の話をしてくれるようになるのです。

P.68
確かに、あれこれ質問ばかりしていると、「質問攻め」になってしまい、相手が警戒することがありそうです。

またプライベートな内容を突然聞かれると、驚きますね。

まずは自分からさらけ出す。それが大切のようです。


ただし、自分が話しすぎないように注意する必要がありますね。


4.  先手を打って優位に立つ

ビジネスにおける交渉事などでは、相手と自分とのどちらがその場の主導権を握っているかが、結果に非常に大きな影響をもたらします。
(中略)
相手が「優位に立たれた」と自覚していなくても、無意識のうちにそう思わせる方法があります。それが”相手よりも先に行動する”ということなのです。

P.85
たとえば、待ち合わせ場所に先にいるだけでも、心理的に優位に立つことができます。

遅く来たほうは、時間に間に合っていても「お待たせしてすみません」などと謝ることになるのです。


まとめ

実際の本書は、
  • メンタリズムの基本
  • 交渉に生かす
  • また買いたいと思わせる
  • ストレス対処
  • ミスをチャンスに
などのテーマで、ビジネスに役立つ内容です。


以下の関連リンクでもDaiGoさんのメンタリズムについて紹介していますよ。

スプーン曲げじゃなく、良いコミュニケーションのために、メンタリズムを学んでみませんか?

私はまず相手をよく観察することから始めます。






オススメの関連リンク



管理人コウスケのひとこと


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2606-0e26a51c