【自己PR術】有名人になり、年収UPするための5つの手法 〜本『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方 』  はてなブックマーク - 【自己PR術】有名人になり、年収UPするための5つの手法 〜本『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方 』

4894515741
あなたはどんな財布を使っていますか?

それは有名ブランド品ではないでしょうか。


食事をするとき、どんな基準で店を選びますか?

TVや雑誌で話題の店が気になることもあるのではないでしょうか。


有名だと、選ばれるのです。それはお金が集まることを意味します。

そしてそれは、人間も同じことです。

「有名」にさえなってしまえば、あなたは今の技術のままで、稼ぎを10倍にまで劇的に伸ばすことができるのです。なぜなら人は、無名なものより有名なもの が好きで、かなりの頻度で知名度を頼りに物事を選択しているからです。有名であるということは、それだけで人々に安心感を与え、選んでもらえる確率が高く なります。

つまり、「有名になったもん勝ち」なのです。

P.005
では、どうやって有名になればよいのでしょうか?

今日は、TV『鉄腕!DASH!!』の放送作家をかつてしていた野呂エイシロウさんの本『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方 』から、有名人になって年収UPするための5つの手法を紹介します。





1. 売れっ子を装う

B000EI1R3C

放送作家の世界を観察していて、そのことがわかった僕は、まず「売れっ子を装う」ことから始めました。
(中略)
どんな分野の仕事でも、自分の見せ方や売り出し方に成功すると、良いスパイラルに入ることができます。
「あいつ、すごそうだ」というだけで大きい仕事が来るため、ホームランを打つ確率も増えます。

P.026
「有名」というだけで、ギャラが上がったりオファーが来たりするわけです。

具体的には著者は、10年落ちの中古のベンツに乗ったり、忙しいフリをしたり、「これからフジテレビなんですよ」と言って実際には仕事のようではなくフジテレビの知り合いのところに立ち寄ったり、なんてことをしたそうです(笑、詳細は本参照)。

実際それをみた人は「あいつはいつも忙しい」→「かなり売れてるんだ」→「だったらうちも高いギャラを払ってでも頼んでみよう」となるわけですね。


2. 「どう見られたいか?」をベースに情報発信する

B000IGQHYO

有名になって稼ぎを10倍にすることを本気で考えたときに、まず明確にして欲しいのが「自分はどういう人になりたいのか」という着地点です。
(中略)
それが明確に見えていないと、あなたの情報発信はブレまくります。

P.056
たとえばあなたが優しく穏やかな人だと思われたいのに、Facebookやツイッターで他人の文句ばかり投稿していたら、矛盾しています。


3. マスコミを利用してレバレッジをかける

B008B3AMNI

あなたの最終目的は、ネットの世界に留まらずリアルな世界で広く有名になり、本当の成功者となることです。
そのためには、メジャーなマスコミに取り上げてもらう必要があります。
それには、今はいい時代と言えます。なぜなら、マスコミはネット経由で人材を探しているからです。

P.140
ブログなどを使って専門家として情報発信し、マスコミ関係者の検索にひっかかるようにしようということです。

マスコミに取り上げられれば、それで有名になれたり、またそのことをアピールすることで有名であるかのように見え、より多くの仕事が舞い込んでくるというわけですね。


実際、私も以前『週刊文春』2009/11/5号に取り上げていただいたときは、担当の方がネット検索したときにブログ記事が引っかかったことがキッカケでした。

また、TV「たけしのニッポンのミカタ!」担当者から取材のメールが来たこともあります(残念ながらボツになりましたが)。

ブログをうまく活用すれば、あなたにもすごいチャンスが舞い込んでくるかもしれないのです。

具体的な手法は、本書を読んでみてください。


4. 押し売りPRをせず、相手の得を考える

B00A9SMHG8

押し売りPRをあちこちにするということは、気づかないうちに自分の悪い印象を垂れ流しにしてしまうということです。
本人は、やればやるほどいい結果につながると思って送り続けますが、それを受け取ったほうは「また来た」「うざい」「図々しいにもほどがある」とどんどん不愉快な気持ちを増幅させていきます。

P.101
一度名刺交換をしただけで頻繁にメルマガを送り付けてきたり、たいした知り合いでもないのにネットでやたらとセミナーなどの宣伝をされることがあります。あまりよい気分ではありませんね。

ではどうしたら良いのか。

PRで重要なことは、あくまで受け手が「得をした!」と思えることです。

P.101
お願いやPRをする場合に、このことを意識するだけで相手の反応は全く違うでしょう。


5. 有名人に気に入られる努力をする

B005EOZLEMB0009WCIP4

有名人の周りには、いま売れていて力を持っている人が集まるし、いい情報もたくさん転がっています。かつ、そういう人たちに引き上げてもらえたら非常にラッキーなので、有名人と知り合いになる努力はしておきましょう。
(中略)
いまはネットの時代です。有名人のブログなどにコメントを送ることが簡単にできます。
フェイスブックでアポを取ることもできます。
(中略)
どんな有名人だって人間です。
毎回、毎回、自分を応援してくれ、良いコメントを寄せてくれる人に好感を持たないはずがありません。

P.168
うまい人は、有名人との2ショット写真を使ってうまく自分をアピールしますね。

有名人との写真を見せられると、なんだかその人まですごい人のように思えてくるから不思議です。


まとめ

本書で言われていることは、専門分野についてブログでうまくPRすれば、有名になることができ、稼ぎがついてくる、ということが中心です。


会社員には関係ないかというと、そんなことはありません。

たとえば営業マンが安っぽいペンや手帳を使っていると、高級なペンを買えない→儲かってない→仕事ができない、と思われてしまうかもしれません。

自分の見せ方」はとても大切ですね。


ところで、私は著者の野呂エイシロウさんについて、本書を読むまで詳しく知りませんでした。

しかしかつてTV『鉄腕!DASH!!』の放送作家をしていたと書かれているのを読み「なんだかスゴイ人だ」と思ってしまいました。

これも「自分の見せ方」ですね。


そして本書の出版自体も…。



「いいね!」で応援お願いします!




オススメの関連リンク



管理人コウスケのひとこと


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2583-bdf30ddd