上手くブログを書くなら、美味い「おまんじゅう」をイメージすると良い  はてなブックマーク - 上手くブログを書くなら、美味い「おまんじゅう」をイメージすると良い

4140884126

良いブログを書くには、美味しい「おまんじゅう」をイメージすればよかった!


本『「売り言葉」と「買い言葉」―心を動かすコピーの発想』では、長い文章の書き方を「おまんじゅう」に例えています。





1. 「あんこ」を探す

長い文章を書くときは、この「おまんじゅう」の構造に当てはめて考えるとスムーズに書き進めることができます。いちばん伝えたい内容が「あんこ」であり、書き出しと終わりを「皮」と考えるのです。
(中略)
最初にやるべきことは「あんこ」を探すことです。「メールやレポートを書く目的はなんだっけ?」と整理し、大切なことを箇条書きにしていきます。そのうえで優先順位をつけたり、内容が重複する部分はひとつにまとめたりします。それができたら清書をし、もらった相手になったつもりで読み直してみましょう。

P.178
あなたがブログを書くとき、「いちばん伝えたい内容」「書く目的」を決めていますか?

いきなり冒頭から書き始める必要はないのです。


私の場合もまずいちばん伝えたいことを箇条書きし、優先順位をつけます。

この記事で言えば、この3つ。
  1. 「あんこ」を探す
  2. 「皮」のひとくち目を美味しそうにする
  3. 最後のひとくちの「皮」で食後の印象を決める
まずこれを箇条書きします。

その後、これを詳しく説明するために文章を広げていきます。

本からの引用や、私の経験談・考えなどがそれです。


2. 「皮」のひとくち目を美味しそうにする

こんどは「皮」に着手します。最も大切なのは、冒頭のフレーズ。ここがおいしそうでなければ、その先には進んでくれません。なので、よみたくなるような配 慮をほどこしましょう。いきなり難しい熟語を使って読み手の思考を止めるのは避けたいですし、いたずらに長い書き出しで勢いをそぐのもオススメできませ ん。
(中略)
ちなみにコピーライターは、広告でいちばん目立つキャッチコピーと同じくらいの熱量で冒頭のフレーズを考えます。

P.179
ブログで言えば、キャッチコピーは記事タイトル、冒頭のフレーズは記事の最初の文ですね。

あなたはブログを書くとき、記事タイトルや冒頭のフレーズを大切にしていますか?


私は冒頭の文章については、なるべく短く読みやすくし、その先を読みたくなるように工夫しています。

たとえば
  • 質問にする
  • 気になってもらえそうなキーワードを入れる
などを意識します。

どうしても自分でつくれない場合は、他人の力を借ります。

他人の名言や、本からの引用で始めるのです。


ちなみに記事タイトルは必ず10案以上考え、そこから選んでいます

せっかく書いたブログ、アクセス少ないと悲しいですね?「読んでもらえる文章」にする5つのタイトルの付け方


3. 最後のひとくちの「皮」で食後の印象を決める

次に最後のフレーズを考えましょう。伝えたいことは箇条書きでおさえているので、この部分がなくても意味は伝わります。でもここは、読後感を左右する大切なパーツ。最後まで読んでよかったと思ってもらえる印象的なフレーズを探しましょう。僕が好きなのは、これからの目標や、未来への決意を入れるスタイルで す。

P.179
「あぁ美味しいおまんじゅうだった!」となるか、「後味が悪かった。美味しくないおまんじゅうだった」となるか。

最後のひとくちが、全体の印象を決めることがあるのです。


私個人的には、これがなかなか難しいと感じます。

うまくオチをつけたり、印象的なフレーズをもってこれたら良いのですが、無難なひと言になってしまいがちです。

なるべく考えるのですが、どうしても思いつかない場合は、無難な文章や結論を繰り返すことで締め、公開してしまいます。

ブログですから後で修正も可能。いつまでも悩んで時間をかけるよりは、公開してしまったほうが良いと考えます。


まとめ

上記の内容を「あたりまえ」と思う方も中にはいるでしょう。

しかし、「あんこ」が見えないブログ記事が意外と多いのです。


ところで本書のタイトルである『「売り言葉」と「買い言葉」』にここでは触れませんでした。

売り言葉に買い言葉」といえば、暴言に暴言でやり返すという意味ですが、本書では違う意味を定義しています。

「売り言葉」とは何か?

「買い言葉」とは何か?

答えは、本書を買わなくてもAmazonや楽天ブックスの本書紹介ページに書かれています。




オススメの関連記事





管理人コウスケのひとこと

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2537-6fd95000