【反面教師】某ネットワークビジネスのセールスに学んだ5つのこと  はてなブックマーク - 【反面教師】某ネットワークビジネスのセールスに学んだ5つのこと

http://blog-imgs-60.fc2.com/k/o/s/kosstyle/20130817190236.jpg

カフェで、オシャレ男子の席に1時間おきに別の女性がやってきます。

「ホスト!?どんなモテ男だよ!」と思ったのですが、どうやら違う。


聞こえるのは「ラベンダーはリラックス効果があるんです」などとアロマの説明。

しかもどうやらネットワークビジネスの勧誘のようです。


やたら大きな声で熱っぽく、ツイッターで知り合ったという初対面の女性たちにお金の話をする様子は異様で、周りのお客さんもジロジロ見てました(笑)。

しかし、そこから学ぶことがありました。





1. 一方的に話されると飽きる

B008GQ66US
一番気になったのはこれ。

男はとにかく一方的に説明しまくっているのです。


興味のある人が聞きに来ているにしても、やっぱり途中で足がフラフラしたりしている女性がいました。ストレス反応ですね。

目的がセールスや商品・会社の説明であっても、まずは相手のニーズを聞くなどすれば、相手に合った話がしやすいだろうと感じました。


2. 資料を見ながら話されても説得力がない

B008VPG1FO

男が慣れていないのは明らか。資料を見ながら説明していたからです。

ときどき資料を確認していて沈黙があったほどです。


あれではイマイチ信用できないというか、頼りない感じがしてしまいます。

何より、実際に自分が儲かってるんだ!という体で話をしないと、説得力を感じませんね。


3. 相手の知識レベルに合わせた話をしないと伝わらない

B001MT3ZEQ

お客さん(?)には色々なタイプの人がいます。

しかし男は、いつも決まったセールストークをしていました。


たとえば「会員になれば安く購入できる」と説明するとき。

男「コストコってありますよね。あれみたいなものです。」
女「え?」
男「コストコ、知りません?えーっと、もうすぐ愛知にもできる会員制の業務用スーパーですよ」


コストコを知っている人にならうまくいく例え話ですが、そうでない人にはピンときません。

自社の説明をするためにコストコを例に出したのに、結局コストコの説明をするハメになっていました。


そういえば先日、友人(女性)が

上司がいつも仕事を野球に例えてドヤ顔で説明するんだけど、私は野球のルールも選手も全くわからないから、意味がわからない

と言っていました。

自分目線ではなく、相手に響くよう工夫したいですね。


4. 相手のニーズに合わせた話をしないと伝わらない

B004QO18BGB003BOK1H4

ある女性はアロマに興味がある様子。

アロマの話は熱心に聞き、香りを嗅ぎ比べたりしていたのですが、いざ「会員制」だの「下の会員を増やせば…」だの言われるとソワソワしていました。興味がないのでしょう。


一方、風俗嬢(男がデリカシーなく職業を聞き出していた)の19歳女性は、アロマの話のときはうなずくくらいでしたが、お金の話になると質問したり「難しそう〜」と言ったり、反応していました。


このように人によって聞きたい話が違うのに、男はどの女性に対しても、ビジネスの話を長く熱心にしていました。

相手のニーズを見極めて、それに合った話をしっかりしたほうが良さそうです。


5. 人は同じ失敗を繰り返す

男は、自分が過去に80万円ほど詐欺にあったという話をしていました。

わざと不幸話をして共感を誘う場合もありそうですが、これはおそらく本当の話だと感じました。

実際に今ネットワークビジネスで儲かっている様子が感じられないし、

「いずれ会社をやめてこれ一本で。病気で働けないときも下の人間が稼いでくれるから」

などと本気で思っている様子だったからです。

過去には詐欺にあい、今度はネットワークビジネスのうまい話に乗せられてる男、に見えたわけです。


しかし他人事とは思えません。

私たちも、同じ失敗を繰り返すことがありませんか?

人間は習慣の動物。よほど意識しなければまた繰り返してしまいますね…。


まとめ

それにしても、男は女性たちとツイッターで知り合ったというから驚きです。

こういうことにまで、ツイッターが利用されているのですね。


それでもイケメンパワーなのか、「儲け話」の力なのか、少なくとも1人の女性が1000円支払っているのを見ました。

1時間1人につきっきり、資料とアロマオイル込みで1000円。

安い気もしますが、ここからさらに女性は色々買うことになるのでしょう。


初回無料にしていないことから、彼が儲かってないとも想像できます。

儲かっていれば(儲かってなくてもですが)、初回無料にしてでも多くの人を集めたほうが良いかもしれないからです。


あるいは逆に、1000円くらいの気軽に払える額を支払わせることで、後戻りできなくする、元を取るために頑張るぞ!という気にさせる効果を狙っているのかもしれません。


偉そうにあれこれ書きましたが、実際自分がどうなのかは別問題で。自戒のために書きました。

…正直言うと、カフェで話が気になって読書が進まなかったので、せめてブログネタにでもしなければやってられないのです…。





「いいね!」で応援お願いします!




オススメの関連リンク



管理人コウスケのひとこと


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2494-e6c7b240