会議で結論がうまくまとまらない時は、フセンで情報整理してみる  はてなブックマーク - 会議で結論がうまくまとまらない時は、フセンで情報整理してみる

http://blog-imgs-60.fc2.com/k/o/s/kosstyle/20130728041752.jpg

フセンを使うと、頭のなかの情報が整理されます。


昨日、人生は「質問力」でうまくいく 名古屋ライフハック研究会Vol.24を開催。30人を超えるみなさんと、とても有意義な時間を過ごすことができました。

このイベントの企画にあたり、数カ月前からスタッフとSkypeミーティングを開始。

このとき、議論の見える化をしないと話がよくわからなくなります。

そこで私たちはいつも、Web上にメモを書き込んでチームで共有できるGoogle ドキュメントをホワイトボード代わりに使用。議事録を書きつつ、各自が自分のパソコンでそれを見ながらミーティングをします。


それでもミーティング後にどうも頭のなかがモヤモヤすることがありました。

企画アイデアを出し合ってみたものの、どうもうまくまとまらなかったのです。


そこで使ったのが「フセン」。

ミーティングのメモを見ながら、以下のステップで情報整理してみました。






1. アイデア・意見をフセンに書きだす(1枚に1つ)

まずは、アイデアや意見をフセンに書き出すステップ。

1枚のフセンに1アイデア、がルールです。


今回は、Skypeミーティングの内容で出た企画アイデアを、あらためてフセンに書き出しました。


2. 似たもの同士を集めてグループにする

書きだしたフセンを眺め、似たもの同士を集めてグループにします。

あまり深く考えすぎず、直感で。


3. 集めたグループにタイトルをつける

グループにタイトルを付けます。


たとえば、3枚のフセン
  • 「トマト」
  • 「きゅうり」
  • 「キャベツ」
のグループがあったら、「野菜」というタイトルをつけるイメージです。

タイトルは別のフセンに書き、色を変えるなどしてわかりやすくすると良いでしょう。


4. 似たグループを近くに配置する

グループ同士の関連性を見つけ、近くに並べます。

http://blog-imgs-60.fc2.com/k/o/s/kosstyle/20130728041752.jpg


5. 全体を俯瞰、そこから分かることを文章化

フセンを眺めながら、そこから分かることを文章化、スタッフへメールでシェアしました。

大きな模造紙があれば、そこへフセンを貼り付けて整理し、矢印や枠などを書き足して図解化、その後文章化すると分かりやすそうです。


今回は、企画アイデアのフセンを上記4の写真の通りまとめたことで、
  • スタッフ全体が特にコミュニケーション分野に興味が向いている
  • 参加者の「話したい」「聞きたい」というニーズを満たす内容がよさそう
などが見えたので、それらを他のスタッフにシェアしました。

文章化することで、企画が決定したわけではありませんが、ミーティング中にぼんやりしていた「企画の方向性」が明確になりました


まとめ

KJ法に似たことをしたわけですね。


Web上でこれに似たことをできるサイトもあるのですが、どうも使い勝手が悪い。

アナログのほうが良いこともありそうです。


ところで以下の記事でも、「考える」「情報整理する」ために、手を動かすということが書かれています。

シゴタノ! 手を動かして、情報を咀嚼すること


一人ではもちろん、ミーティングでも「フセン」で情報整理すると良いですよね、という話でした。


あなたはどう思いますか?




「いいね!」で応援お願いします!




オススメの関連リンク



管理人コウスケのひとこと





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2454-f9a5fb18