『成功者3000人の言葉』から厳選!あなたの人生を変える7つの考え方  はてなブックマーク - 『成功者3000人の言葉』から厳選!あなたの人生を変える7つの考え方

4864102465

誰かの「忘れられない言葉」、ありますか?


先生に言われ、人生が変わった言葉。

上司からの、目の前がパッと明るくなった言葉。

友人から指摘され、自分の至らなさを痛感した言葉。


考えてみると、1つや2つはあるかもしれません。


2013/5/31発売の本『成功者3000人の言葉 』は、各界の3000人にインタビューした凄腕ライターが、そのインタビューメモをまとめたもの

あなたの心に刺さる言葉もあるはずです。


今日は本書から、あなたの人生を変える7つの考え方を紹介します。




1. そもそも世の中は理不尽で不平等である

文学専攻の著名な大学教授に取材をしているときでした。次々に質問を繰り出していた私に対して、彼が突然こう聞いてきたのです。
「上阪さん、ドストエフスキーを読まなければいけない理由を知っていますか」
私がキョトンとしていると、彼は訥々と語り始めました。
「ドストエフスキーの小説には、人間というもののすべてが詰まっているんですよ。特に、人間が生きる世界が、いかに理不尽で、無慈悲で、不平等で、不合理で、 残酷なものであるかが語られている。それを理解して生きるのと、まったく理解しないで生きるのとでは、人生が大きく変わって行くんです」

P.16
人は、自分が期待したとおりの結果でないときに、怒り、苦しみ、悲しみます。

であるなら、期待しないのが一番。

…とは思いたくありませんが、うまくいかないことがあるのが人生だ、と思っておくと、幾分ラクになれるかもしれません。

410201010641020101144102010122


2. 充実させるべきは今日

40代の起業家にインタビューをしていたときでした。彼がこんなことを言い出したのです。
「人生はいつまでも続くと思っている人が、多すぎるんじゃないかと思うんですよ。例えば、お正月はあと何回、味わえるのか。数えられてしまうわけです。今日の夕食だって同じですよ。人生が終わるまでに、あと何回、夕食が食べられるのか。実は数千回しかないわけです。数千回も、ではないですよ。数千回しかない。それがイメージできれば、一食一食を大事にしようと考える。誰とごはんを食べるのかを、真剣に考えるようになる」

P.36
極端を言えば、明日死ぬかもしれない。

そう考えると、1分の使い方も変わりますね。

「いつやるか?今でしょ!」カリスマ講師が教える、今やる人になる4つの考え方 〜本『今やる人になる40の習慣 』

あなたの命である「時間」をもっと有効に使うための7つの考え方 〜本『君にはもうそんなことをしている時間は残されていない』


3. 勝負は日常が決める

子どもの頃にテレビで見ていた時代劇スターに取材をして、驚いたことがありました。将軍がはまり役でしたが、将軍を演じるために普段から心掛けていたことがあった、というのです。それは、将軍たるもの、という気持ちを日常生活にも持ち込んでいたことでした。
例えば、安い居酒屋で酒を飲んだりしない。彼は若い頃から無理をして超高級レストランやクラブに出かけたそうです。

P.40
「明日はちゃんとやるから」
「本番は真剣に取り組むから」

そんな考えでは、本番もうまくいかない、ということですね。


4. できるかできないか、ではなく、やるかやらないか

大企業のエース級社員にインタビューをしていて、意外な言葉に出会いました。
(中略)
「できるかできないか、は関係がないですね。結局、やるかやらないか、なんですよ」
人は何か新しい仕事を振られたとき、まずそれができるかどうかを考えます。フリーランスの私もそうです。
(中略)
しかし、まったく違う仕事観を持っている人もいます。起業家やスポーツ選手などからも同じようなコメントをもらったことが少なからずあるのですが、「できるかできないかを考える前に、まずはやってみる」というのです。

P.80
「できない」と思ってしまえば、いくらでもできない理由を探すことができます。

あるいは、思考停止してしまいます。


できないことができるようになるのが「成長」。

つべこべ言わず手をつけてみると、「どうやったらできるか」と脳が働き始めます。

あなたの中の天才を引き出す!「クリエイティビティ」を爆発させる6つの方法


5. 人生のリターンは、取ったリスクに比例する

お金の運用をどう考えるか、どんな心得が必要か、たくさんの専門家に話を聞きました。
(中略)
そこで聞いた「運用の原則」はなるほど、と思えるものでした。
それは、リスクとリターンは相関する、ということです。例えば、銀行の預金は、金利は極めて低いけれど、元本が割れることのない安全な金融商品です。逆に、株式投資は大きなリターンも期待できるけれど、元本が大きく割れてしまうリスクも潜んでいる。
逆はありえません。
(中略)
そしてこれは、人生も同じだ、と他の様々な取材から気づきました。

P.138
この変化の時代、リスクをとらなくても安定しているとは思えません。

何もしなくてもリスクがあるのなら、リターンを期待できるチャレンジをしたほうが良いのかもしれません。

会社に使い捨てられないために必要な「武器」となる考え方 ~本『僕は君たちに武器を配りたい』


6. 世の中に「絶対」はない

あるベンチャー経営者の話です。
「絶対という言葉を使う人間を信用しない。そもそも世の中をちゃんとわかっている人間は、絶対なんて使わない。な ぜなら、絶対なんてないとわかっているから。人の話の聞きかじりを吹聴したり、受け売りをする人間に限って絶対という言葉を使いたがる。だから、どうして 絶対なのか、その理由をとことん聞くことにしている。絶対に答えられませんけどね(笑)」

P.21
「絶対これが正解だよ!決まってんじゃん」
「絶対おまえが間違ってるよ!」
「絶対うまくいくよ!」

言ってしまうこと、ありませんか?


7. 「すべての人に正しい」選択などない

こんなふうにすれば、人生は間違いなくこうなる。こんなふうにやれば、簡単にうまくいく。もしも、そんな「モデル」や「方法」があるなら、きっと誰もが知りたいことでしょう。
しかし、私がたくさんの方々への取材で痛感したのは、成功に決まり切ったモデルなどない、ということでした。(中略)
同じことをしても、同じ結果が出るとは限らないから。

P.24
成功者の話は、取説ではなく伝記みたいなもの。

説明通りにやれば必ず同じ結果が出るのではなく、その人はそうやったらうまくいった、という話なのでしょうね。


しかしそれは貴重なヒントになります。

真似してみて、自分に合うようにアレンジすれば、ゼロから始めるより早いでしょう。


まとめ

4864102465

本『成功者3000人の言葉 』、残念ながら、3000人の言葉が収録されているわけではありません(笑)。

しかし、30人のインタビューからまとめたものと、3000人のインタビューから厳選したものでは、まったく違うでしょうね。

切れの良い、いかにもな「名言」というよりは、本当にインタビューの「言葉」という感じです。


ところで、著名人でなくても、成功者でなくても、カッコイイ言葉でなくても、グッときた言葉、ずっと心に残っている言葉、ありますよね。

そんな、あなたの大切にしている言葉も、ぜひ教えてくださいね。




↓「いいね!」で応援お願いします!





オススメの関連リンク!



今日のひとこと





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2376-b7756ca9