これは役立つ!【仕事・子育て】『人を動かす伝え方』7つのポイント  はてなブックマーク - これは役立つ!【仕事・子育て】『人を動かす伝え方』7つのポイント

4860635906

「なんで分かってしないんだ」
「なんで行動してくれないんだ」

そんなふうに思い、イライラしてしまうこと、たまにはありますよね。


ではあなたは、「伝え方」を工夫しているでしょうか


できているなら、以下を読む必要はありません。

「伝え方」に自信のない方にだけ、今日は本『人を動かす伝え方 』から7つのポイントを紹介します。





1. 「相手が行動するまで」が話し手の責任範囲

聞き手を行動してもらえるところへいかに導くかが、話し手の責任範囲です。
これは聞き手の問題ではなく、話し手側の問題です。
「なんで納得しないんだ」「なんで行動してくれないんだ」と、話し手が文句を言ってはいけないのです。

P.7
以前職場で、

「ちゃんと回覧まわしたのに!!なんでミスするの!!」

と言っている人がいました。

ミスはたしかに悪いのですが、そんなに大事なことなら「回覧まわした」で済ませるのも問題。

「伝える」と「伝わる」は別なのです。

デキる上司は、伝わるまで繰り返し伝えます。伝わる工夫をします。

誰も教えてくれない!できる上司の5つの考え方 ~本『できる上司は「教え方」がうまい』


2. 丁寧すぎると混乱させる

一生懸命な人、優しい人ほどよけいな情報を盛り込みすぎて、結果として冷たいことをしているのです。
「ローソンの角を曲がる」とだけ書けばOKです。
(中略)
丁寧な人は「ファミリーマートがあるけど、ファミリーマートの角を曲がっちゃダメだよ」と言います。
人間の脳は単語が記憶に残ります。
「ファミリーマートを曲がっちゃダメ」の「ダメ」が消えて、「ファミリーマート」だけが残るのです。
紛らわしい情報は入れないようにします。

P.30
プレゼンなどでも、あれこれ言いすぎて何も伝わらない、なんてことがありますね。

仕事の注意事項も、10も20も説明しては、5つも覚えきれないでしょう。


3. 「逆」でそそる

広告で、TVでは言い切れないことはアドレスを教えて「検索」と出しているものがあります。
今はみんながやり始めたので検索しなくなってしまいました。
そこで、この裏をかいた「検索するな」というコマーシャルが出ました。
それはたくさん検索されています。
これは、「この穴のぞくべからず」と言われた時の人間の心理と同じなのです。

P.53
「私のことは気にしないで」と言われると気になってしまう、という話がこの本にもありました。

4761268913


某メルマガにははじめに「この内容を実践しない人はメルマガを解約してください」と書かれています。

そこまで言われると、解約したくないのです(笑)。


実はこの記事のはじめにも「できている人は読まなくて良い」と書きました。

そそられましたか?(笑)


4. 論よりエピソード

「こうあるべき」とか「君はこういうところがダメ」と言うよりも、ストーリーを語るほうが楽しいのです。
論を語ると演説になります。
オヤジが説教するのは、物語がないからなのです。

P.103
本でも人の話でも、エピソードやストーリーはスーっと入ってきますね。

記憶にずっと残っているのも、エピソードやストーリーです。


聞いて欲しければ、分かって欲しければ、行動して欲しければ、ストーリーを語ることを意識しましょう。

上記1でもちょっとしたエピソードを紹介しました。


「ストーリーを語れと言われても、どうしたらいいかわからない」という方は、この本がオススメ。

これは真似したい!国をも動かす「スピーチ」に隠された秘密 〜本『独裁者の最強スピーチ術』 - ライフハックブログKo's Style


5. 消去法で答えない

「お昼がイタリアンだったので中華」と答えられるのもイヤです。
これは消去法です。
「AとBとCでどれがいいですか」と聞かれた時に「Aはちょっとあれなんだよね。Bという気分でもないんだよね。じゃあC」と答える人がいます。
3つの中から企画を選ぶ時、「Aは、難しい。Cは、簡単でよそでもやっている。となると、Bかな……」という選び方は、消去法の選び方です。
これでは、選ばれたほうも、うれしくありません。
かといって、「どれでもいい」では、「どれもイマイチ」と言っているのと同じなのです。

P.125
これはやってしまいがちですね。

食事くらいは良いような気もしますが、それでも「お昼がイタリアンだったので中華」より「中華が食べたいね!」のほうが相手も気持ち良いでしょうね。


6. 数字を言い切る

「大切なコツが7つあります」と言うと、相手にバシッと伝わります。
「7、8個あります」と言った時点で、聞き手は「あまりたいした話じゃないな」と思います。
厳密にわからない時は、あいまいに言いがちです。
7つか8つかわかりにくい時に「7、8個」と言うのです。
言い切ることの強さと、言い切らないことの弱さがあるのです。

P.43
「注意事項が2、3点あります」といつも言う人がいました。

いつも、「2、3」なのです(笑)。

そしてたいてい「それから…」と5つくらい話します。

それならはじめから「5つ」と言い切ってしまったほうが良いかもしれません。

本当に5つかどうかなど、気にしている人は少ないでしょう。


7.目の前で書いて説明する

ロジック的にやや怪しいことを強引に丸め込むには、目の前で書くのが一番です。
ネットワークビジネルで勧誘をする人は、聞き手の目の前でホワイトボードに書いていきます。
事前に作られたパンフレットを広げても、伝わらないのです。
友達との会話でも、書きながら話すと話が伝わることがあります。
なんの意味もない落書きでも、目の前で書きながら話すと納得されます。
きれいに書かれたものが用意されていると、かえって伝わらないのです。

P.80
この言い方はどうかと思いますが(笑)、目の前で書くと伝わる、というのはよく分かります。

私も「マインドマップ入門講座」の講師をするとき、最初はすべてスライドで説明していたのですが、今はホワイトボードにその場でかいている様子を見てもらいます。

そのほうがよく理解してもらえます。


聞き手の集中力も増すのがわかりますよ。


まとめ

4860635906

本『人を動かす伝え方 』、とても読みやすく、しかも使える内容がたくさんあります。


「相手が行動するまで」が話し手の責任範囲』と著者が言っているのですから、これを読者が実践しなければ著者の責任なわけですが(笑)、実際のところ、本書を読んでみれば必ずあなたの伝え方が変わるでしょう。

おもしろいので、「試しに実践してみよう!」と行動したくなるのです。


実は先日のこの本とかぶる内容がいくつかあります。アプローチはかなり違うものの、この2冊の内容がいかに重要かが分かります。

【恋に・仕事に・子育てに】誰でもできる!相手の潜在意識をコントロールして人を動かす7つの技術 〜本『一瞬で人の心を誘導する技術』

可能であれば両方読むと、より理解が深まり、実践につながるでしょう。





次はどのレビューを読みますか?

相手を動かす会話術 すごい!コツ60447979369044841111524761268913


関連リンク



今日のひとこと

ときどき外出先でt.freeを今も使ってる。超便利。

iPhone4Sなので、t.freeでしかテザリングできないのです…。






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2142-b20f6856