優柔不断な自分にサヨナラ!「決める」自分になるための5つのポイント 〜本『いま、決める力』  はてなブックマーク - 優柔不断な自分にサヨナラ!「決める」自分になるための5つのポイント 〜本『いま、決める力』

4534050410

決断力とは一種の筋肉のようなものです。よい決断を継続的にしていないと、どんどんたるんでしまい、ブヨブヨになってしまう(=決断できなくなる)のです。
「決断筋」を鍛え、よい「決断」ができるようになれば、人生が劇的に変わります。
(中略)
私たちの人生は、じつはすべて「決断する」ことによって成り立っているのです。

P.1
優柔不断なのを、「私は優柔不断な性格だから」とあきらめていませんか?

実際はそうではありません。

優柔不断な性格は、変えられるのです。


では、どのようにすれば、変わることができるのでしょうか。

その答えが、本『いま、決める力 ワクワクする未来をつかむ「決断筋」の鍛え方 』にあります。


今日は本書から、「決める」自分になるための5つのポイントを紹介します。




1. 決断しないのは、人生の浪費

一時の恐怖から決断をしないで先延ばしすることは、もっと充実した幸せな未来の可能性を自ら放棄しているということです。決断していたら得ていたはずのチャンスをすべて失い続けているということなのです。

P.083
ここまで言われると、ドキッとしますね。

「この服を買うか買わないか」と30分悩む時間があったら、友達とお茶してもっと有意義に過ごせます。

無駄に迷う時間を全てまとめたら、かなりの時間になりそうです。


他にもたとえば、恋人と別れるかどうしようかと悩んでいるうちは、次の相手とのチャンスを逃しているかもしれません。


2012年の話題作『採用基準 』には、以下のようにあります。

リーダーとは「決める人」です。

逆にいえば、決められない人は、リーダーになれません。職場での出世も、「決断力」にかかっているのです。

あなたに欠けている?マッキンゼー流「リーダーシップ」の7つの条件 〜本『採用基準』


2. 「わらしべ長者決断法」で決断に慣れる

最初はとても小さなことでよいので、小さな決断を継続的に繰り返し行なっていると、次第に大きな決断ができるようになるのです。

P.069

決断をすればするほど経験が積み重なり、決断に一時的に成功しても失敗しても、「決断筋」が鍛えられていくのです。

P.065
これが全てではないでしょうか。

いきなり大きな決断など、なかなかできないものです。


本『脳には妙なクセがある 』には、良い「クセ」をつくれば、脳の自動判定装置が良い人生へ導いてくれるとあります。

すばやく決断するクセをつけるために何度も決断を経験しておけば、その後は「脳におまかせ」で済むのです。

知らないと損する!脳のクセを活かしてより良く生きる3つのコツ 〜本『脳には妙なクセがある』


外食のメニューを10秒で決めるところからスタートしてはどうでしょう。

これは失敗しても、命取りにはなりません(笑)。

「やっぱりハンバーグにすればよかった」なら、明日ハンバーグを食べれば良いだけです。

そのうち、迷ってもたいして違いはない・決断のあとでフォローすれば良いということが分かってきます。


3. 『ファースト「だけ」アクション』をする

ファースト「だけ」アクションとは、どういうことかと言うと、文字通り、決断したことに関するアクションをとにかく最初の一歩「だけ」踏み出してみるということです。(中略)
じつは、恐怖というものは行動しているうちに消えていくのです。

P.090
たとえば転職したいけど不安、という場合。

いきなりの決断は難しいでしょうから、まずは転職サイトの求人をみてみること「だけ」をしてみるのです。

すると、良い転職先を見つけて、思い切って応募する気になるかもしれません。

逆に、「いまの会社のがいいな」と気づき、仕事に今まで以上に熱が入るかもしれません。

いずれにしても、最初の一歩「だけ」のつもりが、もっと前へ進むことができるのです。なにもしないでいると、ずっと不安なままです。


すぐにできる最初の一歩に手をつけてみる。スモールステップとか、ベイビーステップなどとも言いますね。


4. 「WHY-WHY法」で目的に立ち返る

目的と手段をごっちゃにしないように、そもそも今回の決断をするのはなぜなのか、WHYを2回くり返すことで、その中で一番大事な理由(=決断によって得たいゴール)に戻ってください

P.119

大きな決断で迷ったら、まずはゴールに立ち返ることです。

P.112
そもそもなぜその決断が必要なのか。

なぜ、なぜ、で考えてみると、明確になってきますね。

目的が明確なら、余計な選択肢が排除され、決断がしやすくなります。


5. 「三年後イメージ法」でモチベーションUP

それでも、決断のゴールに悩んだら、最後の方法です。その決断をしたあとの3年後をイメージしてみてください

P.121
転職の例でいえば、転職した3年後をイメージしてみる。

あるいは、転職しなかった3年後をイメージしてみる。

すると、するかしないか、あるいはもっと具体的な内容も、決断しやすくなりそうです。


余談ですが私は、「今日どの服着ようか」などと何分も迷ってしまうことがあります。

これについて3年後を想像しようと思うと何の影響もないことに気づき、バカバカしくなってすぐ決められそうです(笑)。

レストランのメニューを決めるのも同様ですね。


まとめ

4534050410

「決める力」というのは、誰にでも必要なスキルですね。

本『いま、決める力 ワクワクする未来をつかむ「決断筋」の鍛え方 』には、なぜ決断が必要なのか、決断できないとどんな問題が起きるのか、決断するにはどうしたら良いのかなど、詳しく書かれています。


結局のところ、決断筋を鍛える=決断癖をつけるために数をこなす、ということが最も大切なのではないでしょうか。


500円玉1枚では500円分しかモノを買うことができませんが、貯金箱に200枚たまると10万円分買えるようになります。

500円のコンビニ弁当をどれにしようかと迷っていた人でも、その決断を10秒ですることを200回繰り返せば、10万円の決断もすばやくできるようになるのではないでしょうか。


この本を読むか迷っている方は、ファースト「だけ」アクションとして、いますぐAmazonの商品説明やレビューを読んでみる、あるいは書店で立ち読みしてみるのはどうでしょう。

それがさっそく、本書の内容を実践して「決断筋」を鍛えることになりますね。





次はどのレビューを読みますか?

4478008469476313185048608126544163733507


関連リンク



今日のひとこと








コメント

いつも記事を読ませて貰っています!
要点がとても上手くまとめられていて参考になります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2141-9de2299f