デンマークの人気雑貨店「TIGER」日本統括マネジャーに学んだこと 〜NNNドキュメント「私のボスは外国人」  はてなブックマーク - デンマークの人気雑貨店「TIGER」日本統括マネジャーに学んだこと 〜NNNドキュメント「私のボスは外国人」


先日TV「NNNドキュメント」で、デンマークの大人気雑貨店「TIGER」日本上陸の裏側について放送していました。

番組がフォーカスしていたのは、デンマーク人のボスと日本人の部下の文化・働き方の違いについて。

主な登場人物は二人。この二人のやり取りから学ぶことがたくさんありましたので紹介します。


マサコ(40)。老舗百貨店「三越」に12年勤めたあと、5年間アメリカに留学。その後、TIGERの日本統括マネジャーとして採用される。

クラウス(38)。初めて訪れた日本の飛騨高山で、居心地の良さ、日本人の親切さに触れ、日本が大好きに。移住しようと、働いていたTIGER本社に辞めることを伝えると、TIGER日本進出の責任者を任された。マサコのボス。 





1. 制限時間を設ける

夕方、社内でいつもこんな会話がかわされていました。

クラウス「帰って、時間だから。ほら早く、マサコ」

マサコ 「無理よ!まだメ-ルや電話の用件もあるし」

クラウス「帰りなさい!」


クラウスは、社員を残してさっさと帰ってしまいます。

マサコは結局残業し、さらに自宅でも仕事をします。


とても優秀な方だと思いますが、他に従業員が少ないため一人ですべてを抱えてしまい、実際に定時内にこなせる仕事量ではなかったのでしょう。

しかし、本国デンマークでは同じようにやっているわけです。


やらないことを決めて仕事をシンプルにするか、あるいは部下を雇うか、それとも仕事の期限を延期するのか(実際クラウスは店のオープンを延期させました)。

制限時間があれば、その範囲内でどうやれば良いかを考えることにつながりそうです。


仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」という、「パーキンソンの法則」を理解したほうが良いでしょう。

「時間」を理解して24時間を充実させる5つの方法 ~本『すごい!「仕事の時間」術』 - ライフハックブログKo's Style


ちなみにマサコは部下(店長)採用後、「早く帰してやらねば」というふうに考えが変わっていきます。


2. 任せることの重要性

上記のやり取りを見ていて、「任せる」ことの大切さを感じました。

TIGERの当時の状況ではできなかったかもしれませんが、もし部下がいて仕事を任せることができれば、単純に一人あたりの仕事量は減らすことができます。

一人でなんでも抱え込んでしまうこと、ありませんか?

その場合、
  • 依頼が下手
  • 気が小さくて頼めない
  • 自分の思い通りにやりたい
  • 自分でやったほうが早い
など、その原因は色々ありそうです。


ただ、「任せる」ことがうまくできなければ、自分ひとりで大きなことはできないでしょう。

組織のため、あるいは部下のためにもなりませんね。

あなたも当てはまる!?損をしている「いい人」の3つの特徴 ~本『もう「いい人」になるのはやめなさい 』 - ライフハックブログKo's Style


3. 人生で大切なことは何か

クラウスは、プライベート重視の北欧式働き方を日本でもそのまま実践。残業や休日出勤などあり得ない。仕事観の違いからことある毎に2人は衝突を繰り返ります。

クラウス「仕事以外に子供や家族や趣味など大事なものがあるはず。デンマ-クでは当たり前のことが日本では通じない」



実際のところ、日本人は仕事ばかりしているイメージがあります。

そうしないと食べていけないのか、あるいは家族の絆が薄く、趣味も少ないせいで、他にやることがないのか。

自分は何を大切に考えているのか。そして実際にそれを大切にできているのか。今一度考えてみてもよさそうです。


4. 自信と行動でチャンスを掴む

マサコは留学から帰国後、タイガーの日本進出を偶然知りました。そこでデンマークの本社に履歴書を送り、面接の時にクラウスさんに

「私を雇わないと日本で成功できない」

と言ったそうです。

これが気に入られ、TIGER日本統括マネージャーとなるのです。


あなたに同じことができるでしょうか。

チャンスとみればすぐ飛びつく。そんな行動力を自信を身につけたいものです。

不安で動けないときに背中を押してくれる5つの言葉 〜本『1歩を踏み出す50のコトバ』 - ライフハックブログKo's Style


5. 良いアイデアも「プレゼン力」がないと活かせない

TIGER日本第一号店オープンを必ず成功させなければいけない。

そのため、マサコは「プレオープン」を提案します。オープン前にメディアを呼び、大きな話題にしようというわけです。日本ではよく行われますね。

ところがクラウスはこれに反対。デンマークにはそのような習慣がないそうです。

クラウス「なんで店ができてないのに、客をいれるんだよ」

マサコ 「店を閉めた状態でセ-ルをするの。それが日本流のやり方なの」

クラウス「誰を呼ぶんだよ。プレオ-プンなんて絶対にやらないよ!」

マサコ 「日本ではやるの!」

クラウス「ダメだ」

マサコは諦めません。なんとかプレオ-プンを理解してもらおうと、上司と本社へ提案書を送ります。

その甲斐あってプレ オ-プンが認められ、当日は400人を超えるマスコミ関係者が集まり、TIGER創業者も来日して報道陣を前に挨拶しました。

これはメディアに大々的に取り上げられ、オープン初日はお店の前に200人を超える行列ができることになるのです。


相手の心を動かすためのプレゼン、そして提案書。その重要性があらわれていますね。

上司の言われたとおりやるだけでなく、上司を説得する強さ

これ、実はクラウスがマサコの採用時に期待したことかもしれません。

あなたに欠けている?マッキンゼー流「リーダーシップ」の7つの条件 〜本『採用基準』 - ライフハックブログKo's Style


6. 試してみること

上記プレオープンの件でわかるのは、試してみることの大切さ。

自分の理解できることだけをやっていては、自分の範囲内での成功しか出来ません。

大きな損害の出ないことなら、他人の意見を取り入れてどんどん試してみると、得られることは大きいのではないでしょうか。

クラウスは当初否定していたマサコの意見を最終的には取り入れ、大成功しました。

あなたの中の天才を引き出す!「クリエイティビティ」を爆発させる6つの方法 - ライフハックブログKo's Style


まとめ

異文化の人と仕事をするのはなかなか大変でしょうね。

しかし考え方が合わないということは、新しい考え方を取り入れるチャンス。

自分と違う考え方を拒否するのではなく、理解することを考えれば、グッと成長できそうです。それがイノベーションにつながるかもしれません。

組織を変える貴重な人材の特徴 〜本『若者、バカ者、よそ者 イノベーションは彼らから始まる!』 - ライフハックブログKo's Style





次はどのレビューを読みますか?

4532318424476313246647631318504806142557


関連リンク



今日のひとこと

TIGERの運営会社はZEBRA。ややこしい。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2110-4e01fb5e