読書は「利口ぶる」ためでなく「行動する」ために  はてなブックマーク - 読書は「利口ぶる」ためでなく「行動する」ために

https://blog-imgs-56-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/reading.jpg


ビジネス書などを読む「目的」はなんでしょうか。

本『金持ち男になる93の方法 』に、こんなことが書かれています。




読書を行動に活かしたか

学んだ考え方を活かすためには行動を起こさなければならない。自己啓発書には強力なメッセージが込められているから、それを実行すれば大きな効果が得られる。
読書の目的は、利口ぶることではない。せっかく読んで何かを学んでも、その知識を実行に移さなければ何の意味もない。「行動は雄弁なり」というシェークスピアの言葉を肝に銘じよう。

私は2012年に300冊の本を読みました(マンガ島耕作も含む、笑)。

年末に読書メモ(マインドマップ)を見ながら読んだ本すべてを振り返ってみたのですが、「行動」せず「読んだだけ」で放置している本もありました。


自分にとって必要のない行動なら、する必要はありません。

しかしそれなら、そもそもその本を読む必要がなかった。ざっと読んだところで「これ以上深く読まない」と決めてしまえばよかったのです。

必要のない本を熟読するのは時間の無駄遣いですよね。





次はどのレビューを読みますか?

http://kosstyle.blog16.fc2.com/blog-entry-1351.html


関連リンク



今日のひとこと

温泉行きたいな。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2103-54deddb2