パートナー・子供・部下との関係が良くなる!人の心を動かす6つの考え方 〜本『ひとを動かす技術』  はてなブックマーク -  パートナー・子供・部下との関係が良くなる!人の心を動かす6つの考え方 〜本『ひとを動かす技術』

4479793690

「部下がもっとやる気を出してくれたら…。」
「嫁が、もうちょっと思い通りにしてくれたらな…。」
「子供がもっと言うことを聞いてくれたら…。」

こういった、人に対する悩みは誰でも持っているかもしれません。


本『ひとを動かす技術 』は、物語形式で人の心を動かすコツを教えてくれる本。

エルおばさんというメンターから主人公ベンが学び、成長していくのに合わせて、読者も成長できます。


今日は本書から、人の心を動かす6つの考え方について考えてみましょう。




1. 「押す」より「引く」

「押す力」は
たかが知れている。
影響力は「引く力」で
できている。

言葉が少なければ少ないほど、強い影響力を持つことができる

ついつい、人を「説得」しようとしてしまいませんか?

すると、自分の意見を押し付けたり、話す言葉がどんどん増えます。

しかしこれらは逆効果というわけです。

相手の立場に立てば分かるのですが、ついついやってしまいがちですね。


2. 長所を見つけ、任せる

とある会社の女性社員にはスキルがなかったそうです。

「しかし、ひとつだけ光るものがあった。それは、共感する力だ。彼女は人の話を聞くことができる。彼女に話すと、みなしっかりと受け止めてもらえた気になる。わかるかい?」
(中略)
「だから、私たちは彼女を電話対応の職につけた。彼女はまさに適役だった。みな彼女と話すのが大好きだった。数年後、資材調達部の責任者が必要になったから、彼女にそれを任せたんだ」

P.90

「おそらく、私には彼女自身が気づいていない可能性が見えたんだと思う。ウィンストン・チャーチルもこう言っている。『他人の長所を伸ばすいちばんの方法は、人にそれを任せてしまうことだ』」
オーガスティンは続けた。
「私はこの考えが好きだ。相手の大きさにふさわしい課題を与えてみるんだ。できれば少し難しいものをね。するとたいてい、彼らはそれをやり遂げる。それどころか、期待以上の結果を出すことが多い」

P.091
苦手なこと・できないことができるようになることはとても重要ですが、それが難しそうなら長所を伸ばすことを考えるのも一つですよね。

しかしそれを見極める目がなく、「あいつは使えない」と判断している上司が多いのではないでしょうか。


この言葉を思い出します。

『あいつ使えない』という表現は、『あの人は役に立たない』という意味ではなく『私にはあの人を使う能力がない』という意味だ。

部下の能力をどう活かすかは、上司次第ということですね。


この本も参考になります。

サトーカメラに学ぶ!日本で一番楽しそうな社員を作る5つの秘訣 ~本『日本でいちばん楽しそうな社員たち』 - ライフハックブログKo's Style


3. 「反応」せずに、「対応」する

レストランで食事中、ベンに他のお客さん(大男)がぶつかってきて、コーヒーがこぼれてしまいました。

その大男は怒り、ベンをけなし、シミのついたジャケットをどうするのか、店の支配人を呼べなどとまくしたてます。

ベンも頭に血が上るのを感じ、応戦しようとしたそのとき、
「すみません」
気がつくと、エルおばさんが男の前に立ち、湿らせた布ナプキンを彼に差し出していた。(中略)
「申し訳ありません」と彼女は静かに言った。「きっと私が彼の気をそらしてしまったんです。ドライクリーニングの御代をお支払いしましょう」
あっけにとられた大男は、(中略)「いや」やっとの思いで彼は言った。「大したことはないようだ」

P.102
もしこのとき、ベンが応戦していたらどうなったでしょうか。

それは何も考えずただ「反応」しているだけです。

「彼はただ反応した」とエルおばさんは言った。「私は対応した。このふたつはまったく違う行動だわ」
(中略)
「感情的になっている話し合いほどうまくいかないものはないわ。もし誰もが冷静になって対話すれば、世の中はもっと平和になるのに……」

P.103
実はこういう場面は、私たちの日常によくありますよね。

あなたは「対応」ができていますか?


4. 自分がやってもいないことを人に期待しない

「『世界に名を残すような成功を収める人は、世界の誰もが気づかないような小さなことを成し遂げることから始める』
そして、リーダーは自分がやってもいないことを人に期待してはいけない。まずは自分の爪やブーツの中まで泥まみれにすること」

P.152
部下から「そんなに言うなら、おまえやってみろよ」と陰口を言われている上司はマズイですよね。


あのネルソン・マンデラは服役中、なんと看守や他の受刑者の尿瓶を洗ったそうです。

人の嫌がることを率先してやることは、人の心を掴みますね。

リーダーなら知っておきたい!ネルソン・マンデラの行動哲学 〜本『信念に生きる』 - ライフハックブログKo's Style

行動は雄弁なり」というシェークスピアの言葉を思い出しました。


5. 情報が足りなくても決断する

必要な情報が
足りない中でも
決断できる者が
上に立つことになる。

P.128

まったく同じことが、この本にも書かれています。

あなたに欠けている?マッキンゼー流「リーダーシップ」の7つの条件 〜本『採用基準』 - ライフハックブログKo's Style


情報が少ない中で決断するには、「経験」と「自信」が必要でしょうか。

そしてその決断する態度によって、周りからの「尊敬」と「信頼感」が集まりますね。


6. 「能力」よりも「人格」

能力は大事だが、それ以上に大事なのは人格である。

P.192
仕事ができても人格がマズイと、「ついていきたい」「この人の言うとおりにしていれば間違いない」とは思いませんね。

本『キャリア官僚の交渉術』には、

究極の交渉力は「人間力」

と書かれています。


以下のお三方は、ジャンルは違えどそれぞれ人に好かれる天才ですね。

心理学者が分析!「笑福亭鶴瓶」流、人間関係がうまくいく6つの方法 〜本『「誰からも好かれる術」を笑福亭鶴瓶に学んだら 』

モウリーニョ監督はなぜ選手に愛され、世界最強のチームをつくることができるのか 〜本『モウリーニョのリーダー論』

人間の達人 本田宗一郎に学ぶ!人に好かれるために意識すべき6つのこと


まとめ

4479793690

「あなたが大事なのではなく、大事なのはあなたのチームやお客さま、
地域コミュニティ、そして過去から受け継いできたものだ。
大切な人とこの本をシェアしてほしい」
セス・ゴーディン(元Yahoo!副社長)

本『ひとを動かす技術 』、物語形式なのでサラっと読みやすく、また途中にまとめがあり、ポイントもつかみやすくなっています。


原著のタイトルは"It's Not About You"。

それはあなたについてではない。つまり、あなたが大事なのではない、ということですね。


自分ではなく、相手のことを大切に考える。

当たり前のはずが、できていないこともありそうです。


肩書きや権力を使って自分の思い通りに人を動かすリーダーと、人望や信頼感で人を動かすリーダー。

あなたはどちらを選びますか?


良書です。ぜひ読んでみてください。





次はどのレビューを読みますか?

4534048971なぜあの人の話に納得してしまうのか[新版] 相手を動かす会話術 すごい!コツ604484111152


関連リンク



今日のひとこと






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2089-bd8f36f1

-

管理人の承認後に表示されます