記憶できる!眠気がとれる!メンタリストDaigoのメンタリズム勉強法  はてなブックマーク - 記憶できる!眠気がとれる!メンタリストDaigoのメンタリズム勉強法


スター★ドラフト会議というTV番組で、あのメンタリストDaigoさんが「メンタリズム勉強法」というのを紹介していました。

おバカタレントの坂口杏里さんがこれを使い、3日間で漢字検定1級の50問を暗記したのをTVで実際に証明しましたから、効果はありそうですね。

具体的には、以下の5つの方法で勉強をすると良いそうです。




1. まず簡単な問題を5分とく

難しい問題から始めると、やる気が無くなってしまいます。

まず、小学生レベルのような簡単なものを解くことで、自信と集中力を持って勉強に臨みましょう。


2. ダジャレなど面白い連想をして記憶する

授業中、先生のダジャレをノートに書いておくと良いのだとか。

そういうものは印象に残りやすく、そこから勉強内容も関連付けで思い出されるというわけです。


自分で暗記するときは、ダジャレや下ネタなどを関連付けて覚えると良いそうです。

私も電話番号を覚えるときなど時々やります。「面白い!」「腹立つ!」など、感情を伴うと記憶しやすいといいますね。


3. 眠くなったら絵を描く

想像力を使って絵を描くと、眠気がとれるそうです。

絵を描くと集中できますからね。


私は読書するとき、ただ読んでいると眠くなることがあります。

ところが、マインドマップをかきながらだとイラストを描いて楽しいし集中できるので、眠くなりません。この効果を実感していますよ。


4. トイレのドアに問題を貼る

トイレのドアに問題を貼り、トイレに入る前に問題を解く。

速くトイレに入りたいから集中することで、覚えられるのだとか。


5. 消しゴムをなるべく使わない

消せないと集中するから、か。

Daigoさんは万年筆で勉強することをオススメしていました。


まとめ

いずれこの『メンタリズム勉強法』は本が出るようです。

どんな内容になるか、気になりますね。

これが「メンタリズム」なのかはよくわかりませんが、勉強方法としては良さそうですし。

どんな方法、名前であれ、本人のやる気が出たり、集中できれば良いと思います。


そう考えると、『AKB勉強法』なんて本が出てきてもよさそうですが、意外とありませんね(笑)。

っと思ったら、あった!(笑)

4053034639405303460440530349494053034612405303462040530349304053034647





関連本

4594065406434402272644130384794847090128


関連リンク



今日のひとこと

ようやく、iPhone4SのiOSを6に上げました。

Googleマップのアプリも問題なさそうだし、フォトストリームの共有機能が使いたかったので。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2084-3c73ee85