2012年に読んだ本300冊の中で最も影響を受けた10冊+α #10book2012  はてなブックマーク - 2012年に読んだ本300冊の中で最も影響を受けた10冊+α #10book2012

http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/20110309230846c0b.jpg

2010、2011と人気だったこの企画。


今年も、私コウスケが2012年に読んだ300冊の中から最も影響を受けた10冊をあげてみます。

順位は付けられなかったので、紹介している順番に意味はありません。





未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II

4484121107

ティナ先生には本当に多くのことを学びました(お会いしたわけではありませんが)。

そもそものキッカケは、NHKで放送された「スタンフォード白熱教室」。これがとにかく素晴らしいのです。

B005V3AQ9Q

特に、
  • 本物のブレストのやりかた
  • イエスアンドの考え方
  • すぐ形にしてみる大切さ
など、私の人生にかなり大きな影響を受けたと感じます。

正直、本よりこのDVDを見ていただきたい(笑)。あなたのクリエイティビティに確実に変化があるでしょう。

あまりに素晴らしい講義に感動したため、そこで行われたワークを実際に体験する勉強会を三回開催しました。参加者の皆さんと素晴らしい体験ができましたよ。


そのスタンフォード白熱教室の内容の一部や、クリエイティビティ、イノベーションについて語られているのが、本書『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II 』。

前作『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 』も素晴らしい内容ですよ。

あなたの中の天才を引き出す!「クリエイティビティ」を爆発させる6つの方法 - ライフハックブログKo's Style


アイデア・ハンター―ひらめきや才能に頼らない発想力の鍛え方

453231822X

常に獲物を狙う、ハンターの姿勢を今まで以上に意識するようになりました。

好奇心とは目にしたものに付加価値を与えるスパイスだ

P.49
たとえば「自分の講師としてのスキルをもっと磨くには?」といつも考えていると、こんなところからもアイデアや学びが得られます。

運転免許証の更新時講習の講師が「プレゼン」の天才だった件 - ライフハックブログKo's Style

この記事は、ガジェット通信アメーバニュースなど大手ニュースサイトでも取り上げられました。


この本を紹介した記事はこちら。

アイデアに才能は要らない!『アイデアハンター』になるための5つの考え方 - ライフハックブログKo's Style


スタンフォードの自分を変える教室

4479793631

↑ Amazonにある動画を見るだけでも面白いですよ。書店でもかなり売れてるようですね。


たとえば「瞑想」のメリットについて「科学的に」書かれていて納得できたのが良かった。

精神論やスピリチュアルのような「信じる者は救われる」系(?)ではなく、科学的に自分を「コントロール」する方法がわかり、瞑想・呼吸・意志力強化など取り組んでいるところです。

何度も読み返し、実践したい一冊。

【超オススメ】本当に自分をコントロールできるようになる7つの科学的な方法 〜本『スタンフォードの自分を変える教室』 - ライフハックブログKo's Style


脳には妙なクセがある

4594065252

これまた、自分を「コントロール」する方法がわかった一冊。

「よく生きる」ことは「よい経験をする」ことだと考えています。すると「よい癖」がでます。
(中略)
私は、頭のよさを「反射が的確であること」と解釈しています

P.260
私たちは様々な判断を自由に自分で行なっているつもりです。

ところが、実は過去の経験によって、ほとんどの判断が決められてしまっている、というのは驚きです。


他にも幸福に過ごすための「作り笑い」など、普段の行動に大きく影響を受けました。

自分の「脳」を知り、使いこなすための一冊。

知らないと損する!脳のクセを活かしてより良く生きる3つのコツ 〜本『脳には妙なクセがある』 - ライフハックブログKo's Style


サーバント・リーダーシップ実践講座

4502463108

「グイグイと引っ張る」「人の上に立つ」というタイプだけがリーダーではない、と分かった一冊。

リーダーシップは学校で教えてもらえません。だからこそ、自ら学び、経験から得るしかない、他人と差がつくスキルです

たとえば、なでしこジャパンの佐々木監督は、サーバント・リーダーシップで結果を出した一人

佐々木監督はスポーツの指導者にありがちな強面なタイプではなく、気さくで穏やかな人柄のようです。君臨型リーダーとは程遠いリーダーです。(中略)

「マネジャーである私自身の考えが間違っていることもある。その際、『監督が間違っている』と選手が言ってくれる。そこで、自分の問題に気付かされます。まっとうな指摘であれば当然受け入れる。(中略)
トップの過ちを部下が言える風通しの良い環境が、お互いにとっての信頼関係を構築する条件になるからです」

P.14
リーダーシップは誰にでも必要なスキル。仕事はもちろん、たとえば結婚して子供ができれば家族内でもリーダーシップが必要になってきます。

「ゆとり世代」がどうだとか、若い部下の教育に悩む上司が多いとよく聞きますが、サーバント・リーダーシップを学べば変わるかもしれません。

部活動の指導に体罰が必要などと思っている人には特に読んで欲しい…。

あなたはどっち?「本当に信頼されるリーダー」と「傲慢なリーダー」の11の違い 〜本『サーバント・リーダーシップ実践講座』 - ライフハックブログKo's Style


採用基準

4478023417

「決める」リーダーシップ、そしてバリューを出すことを、強烈に意識するようになった一冊。

リーダーとは「決める人」です。検討する人でも考える人でも分析する人でもありません。

P.125

漠然と作業をすることがなくなり、価値を生まない無駄な作業はさっさと切り上げ、できるかぎりバリューの高い仕事に優先して取り組もうと考えるようになります。これにより、リーダーが最もこだわるべき成果の重要性や、それにこだわる姿勢を叩きこまれるのです。

P.142
職場で自分の存在を認められたい方は、必ず読んだほうが良いでしょう。意識が変わります。

あなたに欠けている?マッキンゼー流「リーダーシップ」の7つの条件 〜本『採用基準』 - ライフハックブログKo's Style


武器としての交渉思考

4061385151

いまのところ、どんな高性能のコンピュータでも代替できない仕事があります。それこそが交渉です。

P.66
BATNA」「アンカリング」をこれまで以上に強く意識するようになった一冊。

知らないと間違いなく損します

交渉事って意外と身近にあるものです。

【交渉本その2】『武器としての交渉思考』を身につけよう!そのポイントとは? - ライフハックブログKo's Style


執着しないこと

4806142557

あなたの考えていることは、すべて妄想である

P.019

みなさんが思い出す「記憶」は、実際のところ、ほとんど事実と合っていません。主観によってかなり脚色されています。つまり「妄想」だということです。

P.139

仏教では、「未来」を、頭で合成した「妄想」としています。その際、合成の材料となるのが、過去のデータです。
しかし、先述した通り、過去のデータそのものも「妄想」です。(中略)
なので、未来を予測してもほとんど当たりません。

P.151

いま瞬間やっていることは何であろうともベストを尽くす

P.170
余計なことを考えるよりも、今ベストを尽くすことに集中するのが良いとわかりました。

これはいつも意識したい!あなたのエネルギーを漏電しない5つの考え方 - ライフハックブログKo's Style


ローマ法王に米を食べさせた男

4062175916

読めばとにかく「やる気」「勇気」「元気」がわいてくる一冊。

「そんなの無理に決まってる」と考えず、「やってみる?」「どうやったらできる?」と考えられるようになりました。

もう一つ、自分の地域になにか貢献できないかな、と考えるようになりました。

可能性の無視は、最大の悪策 〜本『ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』 - ライフハックブログKo's Style


僕は、だれの真似もしない

4776207370

「自分の価値」について見直すキッカケとなった一冊。

なんだか丸くなってしまった(体型ではありません)自分に気づきました。

最初に読んだときは、まるで胸ぐらをつかまれて「おい、このままでいいのか?」と言われた気分。妙にドキドキしました。

とにかく熱く、そしていつもと違うアクションを起こしたくなる内容です。


Apple製品やジョブズ好きなら、そういう視点でも他には書かれていない貴重な内容がありますよ。

「今の人生のままでいいの?」セルフ・イノベーションするために考えるべき6つのこと 〜本『僕は、だれの真似もしない 』 - ライフハックブログKo's Style

あなたの価値とは?それを高めるとはどういうことか? 〜本『僕は、だれの真似もしない 』 - ライフハックブログKo's Style


2012年「以外」の本も良かったので…

上記10冊はあえて、2012年出版の本のみを選びました。

そこで、以下には2012年に読んで影響を受けた本の中でも2011年以前に出版されたものを数冊紹介しておきます。


会議が変わる6つの帽子

4798103500

6色の帽子にそれぞれ、白「事実」、赤「感情」、黄「肯定」、緑「創造的」、青「冷静」、黒「批判」など意味があり、全員同じ色の帽子を順にかぶって会議をする手法。

様々な視点でモノを見る大切さ、そして批判は悪ではなく必要なことだということをあらためて実感。

実際に勉強会のスタッフミーティングで何度も使い、さらには6色ハット発想法を実践する勉強会を開催。好評でしたよ。

これを知ったキッカケは、先に紹介した「NHKスタンフォード白熱教室」。DVDを見ると実際に6色ハットのワークをしていて面白いですよ。

本気で多くの会社が取り入れたら良いのに、と思っており、本書を多くの方にぜひ読んでいただきたいのですが、なんとこれが定価では入手困難。

図書館で借りることをオススメします。


エッセイ脳

4120041166

エッセイのようなブログ記事も増やして行きたいと考えたときに出会った本。

私の中での「起承転結」の意味が、本書を読んで全く変わってしまいました。

「結」に一番言いたいことをもってくるのが当たり前だと思う方は、読んでみると良いかもしれません。

ブログを書く人なら参考になるかと。


アート・スピリット

433605410X

本書には、カラーバス選書法を実践して出会いました。

80年以上に渡ってアメリカの若き芸術家たちによって 読み継がれ、あのキース・ヘリングら も魅了した芸術指南書の古典的名著。

とはいえ、私のように芸術家でも何でもない人間でも「人生指南書」としてかなり興味深く読むことができました。

むずかしいのは、表現することよりも、見ることである。

P.95

ものの見方にはさまざまな方法がある。あるものを見て、それが美しいと思えたら、その見方が美しかったということになる。見えたとおりに描きなさい。

P.130

学校の型にはめられた人間になるか、学校を利用するかは、学生の心構えによる。

P.130
同じものを見て、何も感じない人もいれば、価値を見つける人もいます。

会社の型にはまるのは大切なことかもしれませんが、会社をうまく利用している人もいますね。


まとめ

「本」として良かったもの、面白かったものは、他にもたくさんありました。

408773479X41637335074799311344477620709544780176974763131850448411112847889078364140813539


先に紹介したのは、あくまで私が具体的な「影響を受けた」本のベスト10です。

そしてそれらの本を読んで私の中でつながったこと。

それは、「より積極的に、自分とは異なる考え方を取り入れる」ということです。

言いなりになるということではありません。異なる考えに対しても「そういう考えもあるのか」と素直に受け止めてみることができるようになってきたと感じています。

そしてそれらを自分の料理の材料に、あるいはスパイスにすることを考えられるようになりました。


興味のある本があれば、ぜひ今手に入れて、すぐに読み始めてください。





みんなの10冊

あなたの「2012年の10冊」もぜひ教えてください。

#10book2012というタグをつけてツイッターに流してくだされば、このブログで紹介させていただきます。



関連リンク



今日のひとこと







コメント

影響されすぎでしょ。

瀧本・池谷両教授の著作はよいと思うけど、文芸と政経分野の本がないことに一抹の不安を感じました。

また、最近は「影響を受けた~冊」的なブログ記事が目に付くけど、基本的に自己啓発系が多いのが疑問かな。

がんばって(読書で)中身を詰めていってください。

コメントありがとうございます

ご心配ありがとうございます。
ブログの趣旨でもあるので、行動や意識の変化につながる本を選びました。そのためそう感じられたのかもしれません。
娯楽の本はあえて紹介していません。

ただ、文芸と政経分野の本をもっと読みたいと思います。
ぜひ、通りすがりさんのオススメ本を教えていただけると助かります。

「瀧本・池谷両教授の著作」とそれ以外の違いをどう感じられているのかわかりませんが、もし読まれていないのなら立ち読みでもされてみると、印象が変わるかもしれません。

通りすがりです。

なにかキツイ書き方になったかも知れず、その点について申し訳ありません。

紹介されている方面の著作について、どうしても自己啓発的な傾向を感じてしまい、固定観念的な嫌悪感を感じてしまったのだと思います。

私は、文芸では、夏目漱石、ドストエフスキー、ヘッセが好きです。また、その領域を拡大していく目的でゲーテや寺田寅彦他の作品も読みますが、基本的に19世紀から20世紀中頃までの作家の作品が多いだろうと思います。

創作に最適な時代はすでに過ぎたと感じておりますので、最近の作家はあまり読みません。しかし、以前は恩田陸の作品をよく読んでおりましたし、今でも村上春樹の『ノルウェイの森』は好きです。

個人的には、文芸は心の糧になる分野だと感じています。読後、政経分野や他の分野の本を読んだ後とは異なり、心的な充足感が得られたり、空疎感の解消の様な現象が生じていることを感じます。なお、私が読書を行う最も重要な目的はここにあります。いいかえると、他の分野の本と文芸本では読書の目的が異なるということです。

また、政経分野の本は様々読みますが、最近は、スーザン・シャークの『中国危うい超大国』や宋鴻兵『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』に印象を受けました。

政経分野の本は、実生活に活かすために読みます。それは、世の中を知るためということで、これを勉強しなければ、暗闇の中を懐中電灯も持たずに歩いているようなものなのです。

大体以上です。どうか良い読書ライフを送られてください。

う~ん

FC2ブログのランキングで自分のジャンルTOPの方がどのようなブログをしているのか拝見したのですが、いやぁ自分がここまでたどり着くには相当時間がかかるなぁと感服いたしました(たどり着けないかも…)。思わずいろんなところクリックしちゃいましたもん。やはりランクTOPの方のは訪問した人が思わずクリックしたくなっちゃうような作りが必要なんですね。また覘かせていただきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2072-e6d3eada

2012年に読んだ本300冊の中で最も影響を受けた10冊+α #10book2012 – ライフハックブログKo’s Style

継続して本を読んでいる人ってすごいって思う。 僕は、本を読むときは、まとめてガーーーって読むけど、仕事が忙しくなってきて、帰宅するのが24時を過ぎるような日が続いてしまうと...