年末の大掃除・片づけ、年始の年賀状整理にスマホ連携ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」は必須か  はてなブックマーク - 年末の大掃除・片づけ、年始の年賀状整理にスマホ連携ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」は必須か

B00A5YE7C8

そろそろみなさんも、年賀状の準備や、部屋の片づけ、掃除など始めているでしょうか。


部屋が散らかる一番の原因は「紙」です。

必要ないのに届くDM、レシート、本、チラシ…、紙がなくなれば、ずいぶん部屋がスッキリします。


そこでドキュメントスキャナがあれば、とても便利。

みなさん持ってますか?

最近、最新機種のこれが気になってます。まずは動画を見てください。




Wi-Fiでスマホと連携!1分で25枚の高速読み取り!



この短い動画CMを見ただけでも、気になっちゃいますね。

  • Wi-Fi接続でスマートフォン/タブレットと簡単に連携
  • 毎分25枚・50面の高速読み取り
というのが大きな特徴のようです。

詳しくはメーカーサイトを。

ScanSnap iX500 : 富士通



この価格は高額なのか?

ドキュメントスキャナーは、通常のスキャナ同様、一家に一台必須のものとなってきそうです。

なければないで済むのですが、実際使ってみるとものすごく便利なんですよね。


私はというと、『Canon imageFORMULA DR-150 』を使っています。
B002SCPGW0
手間なく・無くさず・どこからでも閲覧可!『手がきマインドマップ』の管理方法 - ライフハックブログKo's Style

その安さと、小さくて場所を取らないこと、クールなデザインが決め手でこれにしました。

紙の本の自炊などはやらないので、これで充分だと思ったのです。


ただ、気になるのは「重送」問題

紙5枚程度なら良いのですが、10枚、15枚と紙の枚数が増えると、2、3枚一緒に紙を送ってしまうんです。

結局ボタンを押せばOK!とはいかず、重送が起こらないか見守るか、5枚など少ない枚数ごとにトレーへ紙を手差しすることになり、やや面倒です。


その点「ScanSnap iX500 FI-IX500」なら、値段は安くないですが、重なり検出(超音波センサー)機能があるだけでなく、対応可能枚数が50枚となっていますから、かなり安心できそうですね。



まとめ

1ヶ月もすれば、年賀状がたくさん届いていることでしょう。

それを、どう整理していますか?

ScanSnap iX500 FI-IX500」があれば、たくさんの年賀状もサクッとデジタル化、あとでパソコンやスマホでカンタンに眺めることができますね。

年始の部屋が散らからなくて済むのは最高です。





次はどのレビューを読みますか?

https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/2010072512503058a.jpghttps://blog-imgs-34-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/DSC_0031.jpgB005OGZ79Y


関連リンク



今日のひとこと

▼もうすぐフェイスブックページの「いいね!」が1,700人に!

▼ブログ更新の励みになります。ありがとうございます!






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2025-9271469a