【全10冊】現在気になっている未読本(2012/12/03版)  はてなブックマーク - 【全10冊】現在気になっている未読本(2012/12/03版)

http://blog-imgs-45.fc2.com/k/o/s/kosstyle/books.jpg

最近気になっている未読本の紹介です。

ここ1、2ヶ月の間に発売された本ばかり。寒くなったこの季節、自宅でゆっくり読書するための参考にどうぞ。


また、
  • その本読んだけど良かったよ!
  • イマイチだったよ!
  • そのテーマならこっちの本のほうがオススメ!
など、ツイッターで教えていただけるとうれしいです。


あなたの読みたい本、既に読んだ本、ありますか?




出口 汪の論理的に書く技術

4797372079

累計600万部突破のカリスマ予備校講師出口 汪が贈る「人から認められる文章の書き方」の秘訣!
本書を読めば、「よく分からない」「いま一つピンとこない」というあなたの文章への評価がガラッと変わります!!

Amazonより
「書く技術」を無視できない時代になりました。

ブログやツイッターなどやってない、という方でも、仕事でメールなどの文章を作成します。

「書く技術」によって、結果が大きく左右されることもありますよね。



論理が伝わる 世界標準の「書く技術」

4062577933

必要な情報がきちんと伝わる―そんな文章を書くにはパラグラフの概念が重要。欧米では学生時代に徹底的に訓練される「パラグラフ・ライティング」の技法を7つのポイントで分かりやすく解説。今日から使えるテクニック満載。

Amazonより
こちらも「書く技術」。

ブログを書くときの参考になるかもしれません。

せっかく書いているブログが読者の方から「読みにくい」「何が言いたいのかわからない」などと思われていたら…ガッカリですよね。



話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

4532318424

今度は、「話す技術」「聞く技術」。

なぜこれらの会話は「失敗」してしまうのでしょうか?
ハーバード・ネゴシエーション・プロジェクトはその理由を探るべく数多の会話例を研究。すべての会話の根底にある1つの構造を発見しました。その研究から、私たちが会話で失敗するたった「3つ」の理由をお教えします。

■キーワードは、「思い込み」「感情」「自尊心」
本書では、以下の3つの理由をどう克服するか、1冊かけて伝授します。

Amazonより
アメリカでは1999年に刊行され、すでに70万部以上を売り上げたロング&ベストセラーなのだとか。

私たちは一人では生きていけないわけで、必ず人と話すことが必要になります。

そのときに、何も考えずに話す人と、この手の話を知っている人とでは、人間関係や、手に入れられるモノゴトがまったく変わってくるでしょう。



人を動かす2:デジタル時代の人間関係の原則

4422101129

あらゆる自己啓発本の原点となったD・カーネギーの名著『人を動かす』は、人間関係の
原則を説得力豊かに解き明かし、現代もなお多くの読者に読み継がれる世界的ベストセラ
ー。本書はその正統たる続編として、デジタル時代のデジタル世代へ向けた新版。カーネ
ギーの普遍的な原則を、様々なコミュニケーション・ツールが次々に登場する現代にどう
適用し、どのように応用していけばよいかを、新たな事例を挙げながら懇切に伝える。

Amazonより
まさか『人を動かす』の続編が出るとは。

もちろん、カーネギー本人が書いておらず、内容には賛否両論あるようですが、そういうことも含めて興味深い一冊。



【新訳】積極的考え方の力

4478022720

「人生に、奇跡を起こせ! 」
エジソン、アイゼンハワー、レーガン……各界著名人に多大な影響を与えた全世界2000万部のベストセラーが新訳で登場!
著者のノーマン・V・ピールは、デール・カーネギー、ナポレオン・ヒルと並ぶ自己啓発の御三家と言われており、「ポジティブ・シンキング」という言葉を初めて使った人とてしても知られている。 人生には運というものもあるのかもしれない。 しかし一方で、こうした運をコントロールし、左右することができる「心構え」と「原則」もある

Amazonより
新刊が次々と出版されるので、当たりはずれがありますね。

こういった古典的な本、それも既に全世界で2000万部も売れている本を読んでおけば、間違いないかと。



MAKE SPACE スタンフォード大学dスクールが実践する創造性を最大化する「場」のつくり方

4484121263

遊び心に富んだグーグルのオフィスを見てもよくわかるが、
創造性を発揮するには「空間」こそが重要だ。
本書は、デザイン思考を鍛える場として有名なスタンフォード大学dスクールが実践する「空間のつくり方」の手引き。
机の並べ方から座り方、コミュニティスペースやラックのつくり方まで、
環境をデザインするためのすべてがわかる。
あらゆる場づくりに応用したい1冊。

Amazonより
Googleのオフィスは有名ですね。

私は勉強会・セミナー開催をする中で、「空間のつくり方」の重要性を知りました。

イスの並べ方一つで、場の盛り上がり方がまったく変わってしまうのです。

とても気になる一冊です。



プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

4903212394

いま世界が注目するビジネススキル「ストーリーテリング」

その世界的第一人者が徹底指南するストーリーテリングのバイブル、待望の邦訳!

スピーチ、プレゼン、営業、会議、面接……あらゆるビジネスシーンで
「共感」「信頼」「情熱」を生み出す究極の語り方とは?

Amazonより
人は「ストーリー」に惹かれます。

「ストーリー」で語られると、思わず聞き入ってしまうのです。

スピーチやプレゼンでなくても、家族や友人になにか伝えたいときにも、こういった考え方はとても重要と思います。

「伝える」と「伝わる」は違います。

同じ話も、伝え方次第でまったく「伝わり方」が変わります。



ぶれない生き方
4837957382

仕事、夢、才能、スキル、人間関係、人生のゴール……
本当のところ、あなたの成功は何が決め手なのか?
実は、人間の行動は「心(マインド)の法則」によって変わってくる。

感情をコントロールし、「ぶれない」自分をつくることが、
成功と幸せへの最短切符だ。
本書では、心の中を「感情的な部分(チンパンジー)」と
「理性的な部分(人間)」に分け、この相反する二つの「顔」を
最大限に活かし、不安や悩みに流されない
豊かな人生をつくっていく。

これが本書の「CHIMP(チンパンジー)メソッド」だ。

Amazonより
「感情のコントロール」は私にとってずっと大切にしているテーマ。

20年以上にわたって人間心理を追究してきた精神科医・カリスマ・コーチの書いた本とあれば、気になります。

ちなみに本書、英国で「アマゾン」自己啓発部門、ビジネス書部門売上第1位のほか各メディアで、ビジネス書売上1位に輝いたとのこと。



物理学者が教える 筋道たてて考える技術 いかに本質をつかみ、問題を解決するか?

4804717781

目次:
まえがき 数学や物理から論理的思考を学ぼう
第1章 客観的に見る(大きいか小さいか、多いか少ないかを考える
数値の根拠、背景を知る
非日常的な数字を日常的数字でとらえる
さまざまな角度から眺める)
第2章 思考を整理する(座標軸に置いてみる
グラフ化して全体を見る
図を効果的に使う)
第3章 筋道をたてる(未知の“X”で考える
関係を数式でつかむ
分解して考え、再構築する)
あとがき 人生に役立つ強力な技術

「考える」。

これは今日とても重要なテーマであると同時に、私にとっても最も興味深いキーワードの1つです。

マインドマップ・アドバイザーとして、セミナーや勉強会などでマインドマップをみなさんにお伝えしていますが、それも「かき方」ではなく「考え方」をお伝えしています。

「よく考えろ!」と言われても、何をどうしたら良いのかわからない、という方は、「考える方法」を知る必要があると思うのです。



オリソン・マーデン 成功の原理原則
4478008965

自己啓発のパイオニア オリソン・マーデンの成功哲学の真髄をまとめた本。
本書では、第一部「あなたの中にある成功の種を育てなさい」では成功の法則について語ります。
第二部では、エジソン、グラハム・ベルに直接インタビューしてまとめた貴重な成功のエッセンスが語られます。

Amazonより
成功者と同じようにしたからって成功できるとは限らないと思いますが、それでも「原理原則」はあるのかな、と。

それをおさえたうえで、自分らしい考え方で生きるのが良さそうです。



まとめ

翻訳書が多いですね。

海外で売れた本が日本語に翻訳されて出版されたわけですから、良い本を選ぶ1つ基準となると思います。


さてもう1冊、気になる本を。

4408331007

イケアでつくったオフィス&ショップ 』です。

オフィス&ショップとありますが、自宅の参考にもなるかな?と。


よろしければこちらもどうぞ。

2011年に読んだ本150冊の中で最も影響を受けた10冊+α #10book2011 


ちなみにこれまで気になる未読本として以下を紹介しています。




関連リンク



今日のひとこと

寒くなりましたね。

【ユニクロ VS ジーユー】男性もレギンス&暖かグッズで省エネのススメ - ライフハックブログKo's Style






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/2011-9bdc3733