アイデアに才能は要らない!『アイデアハンター』になるための5つの考え方  はてなブックマーク - アイデアに才能は要らない!『アイデアハンター』になるための5つの考え方

453231822X

アイデアは新たに生み出されるケースより、だれかが埋もれているアイデアを見いだし、それを使って何か有益なものを生み出すケースのほうが多い。
(中略)
優れた才能などなくてもかまわない。私たちの研究では、傑出したアイデアハンターのほとんどは天才ではないことが明らかになっている。アイデアに敏感なだけだ。

P.19
アイデアは一部の天才が生み出すものではありません。

「無から生み出す」のではなく、「アイデアハントする」と考えを変えれば、私たちにもすごい発想ができるのです。


本『アイデア・ハンター―ひらめきや才能に頼らない発想力の鍛え方 』は、様々な事例を交えてこのことを教えてくれる良書です。

今日は本書から、『アイデアハンター』になるための5つの考え方について考えてみました。





1. アイデアは外に求める

アイデアハンターは他人にアイデアを求める
(中略)
まず必要なのは、アイデアを求めて自分の枠から出ること、アイデア探しを自分の頭のなかだけにとどめないことだ。なぜなら、アイデアのほとんどは自分の外にあるからだ。

P.61
先日開催した、名古屋マインドマップ普及会(ナゴマイ)のイベントでは、マインドマップを使ってみんなで「未来の文房具」を考えるアイデア出しをしました。

実際みんなでやってみると、事前に一人で試したときより圧倒的におもしろいアイデアが出てきました。


本を読んだりするのも、自分の外にアイデアを求める1つの手ですね。

とにかく、一人で机に向かい、なにもせずに「うーん」と唸っているだけでは、何も生まれません。



2. とことん興味をもつ

好奇心とは目にしたものに付加価値を与えるスパイスだ。

P.49
以前、とある方の講演を聞いたとき、内容のメモではなく、講師の方の話の構成、話し方などをメモしていたことに驚かれたことがあります。

私も人前で話すことをするのでそういうことが気になるわけですが、そうでない方はまさか「興味を引くために意外性のあるキャバクラの話」などとメモしないでしょうね(笑)。

同じ話を聞いていても、他の方が楽しく笑い話として聞いている一方で、私は「なるほど、これは使える」などと感心していたわけです。


ボストン・ビール・カンパニーの創業者兼会長のジム・コックはこう語っているそうです。

「事業のアイデアを探しはじめたとたん、そこら中にあふれていることがわかった。ラジオの周波数に似ているかもしれない。電波は常に飛んでいるけれど、それにスイッチを合わせなければ受信できない」

P.72
とことん興味をもってラジオの周波数を合わせるとはじめて、電波を受信できるわけですね。



3. 間口を広げる

トーマス・エジソンはまったく縁のなさそうな情報源に興味を持つ人間だった。たとえば、「シェークスピアこそアイデアの宝庫だ」とよく語っていた。
(中略)
エジソンは類推能力こそ発明のカギだと考えていた。たとえば彼は、伝達文が電報設備を通って伝わるのを見て、同じように電流が電線やフィラメントを伝わる仕組みを構想した。これが電球の発明につながった
(中略)
さらに重要なのは、エジソンが「最高の学習とは間口の広い学習である」と考えていたことだ。

P.73
最近、漫画『ブラックジャックによろしく』の著者が、漫画をネット上で無料公開しただけでなく、二次利用をフリーにしたことで話題となっています。


全巻無料公開の漫画『ブラックジャックによろしく』読んだ人の感想まとめ - NAVER まとめ


これを知って、「自分の仕事でも、何か過去の製品を無料で配ってみるとどうなるだろう」と考えてみるのも面白いですね。


また、荒俣宏さんは著書『0点主義 新しい知的生産の技術57 』の中でこうおっしゃっています。

夜中に隠れて観るアダルトビデオだって、のちにどんなヒントをくれるかわからない。



アナロジー思考』ですね。

4492556974


アイデアハントする対象は、積極的に広げたほうが良いでしょう。

同じ世界、同じ業界よりもむしろ、他からアイデアを得られることが多いのです。



4. トレーニングを欠かさない

優れたアイデアハンターは、緊急の問題に直面してから初めてアイデアを探し始めるようなマネはしない。彼らにとって、<狩り>はたまに開かれる会議や月一度のブレーンストーミングのときだけにするものではない。習慣として継続的に行うものなのだ。

P.105
常にアイデアハントをし続けること自体が、トレーニングになります。

日頃の練習は絶対に欠かせない。なぜなら、アイデアはつねにそれを探す習慣のある者のところにやってくるからだ。それにもかかわらず、アイデアはひと握りの独創的な天才のところにしか舞い降りてこないと考えたり、逆に特別な刺激を与えたり準備などしなくても、どこからともなく降ってくるものだと思っている人は多い。

P.108
毎日ブログを書いていると、日常のふとしたことをキッカケに「あ!これブログのネタにしよう!」とアイデアが浮かびます。

どうしたら◯◯を解決できるだろう?といつも考えつづけている人は、他の人と同じものを見てもアイデアが浮かぶのです。特別なトレーニングは必要ありません。



5. アイデアにすぐ結果を求めない

「アイデアハントの目的は、必ずしもすばらしいアイデアをただちに手に入れることではない」と。むしろアイデアを起動し、それが広がりをもち、熟し、変形したり、またほかのアイデアとぶつかったり組み合わさったりすることで発展するように仕向けることが目的である。このようにして最高のアイデアが生まれる のだ。

P.144
要は、アイデアの評価を先送りするということ。

アイデアを「使える」「使えない」とすぐ決めつけず、「フロー」の状態にしておくのです。


たとえばこの記事。


『週刊アスキー』付録の「パチパチまとめ板」+無印の「バッグインバッグ」が最強かも - ライフハックブログKo's Style


はじめは「パチパチまとめ板」を普通に紹介した記事を書いたのですが、もうすでにたくさんの方がブログやツイッターで紹介しているのを知り、そのまま記事を公開することはしませんでした。

しかし削除してしまうのではなく、下書き保存してしばらく寝かしておきました。

すると先に紹介した名古屋マインドマップ普及会(ナゴマイ)のイベント「文房具を楽しもう! 」で、無印のバッグインバッグを紹介したら反応が良かったのを思い出したのです。

そこで、パチパチまとめ板を紹介しつつも実は本命のバッグインバッグを紹介する記事に書き換えたというわけです。


現実的には使えないA案でも、すぐにダメと決めつけて捨ててしまわずに残しておけば、A 案として実際に使える形になることがあるのです。



まとめ

453231822X

本『アイデア・ハンター―ひらめきや才能に頼らない発想力の鍛え方 』、とても良い本です。

発想についての手法ではなく、考え方が書かれています。


本書のはじめに、こう書かれています。

私たち一人ひとりの”成功の阻害要因”となっているのは、どちらの可能性が高いだろうかーーー<モノ不足>か、それとも<アイデア不足>か。仕事で目標を達成できないのは、デスクが狭すぎたり、さえない電話機を使っているためだろうか。おそらく違うであろう。

P.6
「アイデア」の大切さが分かる方は、ぜひ読んでみてください。





次はどのレビューを読みますか?

48334200234872905660秋元康の仕事学 ( )4532318149


関連リンク



今日のひとこと

飲みに行きたいな〜。って、来週イベントのあと飲み会あるけど。

楽しみ!







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1903-4c3ce7b7