「今」「ここ」を充実させてラクに生きる!芥川賞受賞の僧侶に学ぶ「禅」入門 〜本『禅的生活』  はてなブックマーク - 「今」「ここ」を充実させてラクに生きる!芥川賞受賞の僧侶に学ぶ「禅」入門 〜本『禅的生活』

4480061452

生きにくい世の中である。不況、雇用不安などの外圧もさることながら、個人の内部に深く根差した、生きるための目標、足場の固め方までもが見えにくくなっ ている。だけど、しょせん人はこの身と心で生きてゆくしかない。それならいっそ、ものの見方をがらりと変えて、もっと楽に生きるための思考法を身につけてしまおう。作家にして禅僧である著者が、禅語をもとにその世界観をひもときながら、「今」「ここ」を充実させるための様々な智慧を、坐禅なしに伝授してしまおうという画期的にしてフラチな人生指南&禅入門の一冊。

Amazonより
最後の一文を読むだけで、なんだか「ふつうじゃないな」と思いますね(笑)。

本『禅的生活』は、作家として芥川賞を受賞した僧侶玄侑宗久さんの本。

正直、「宗教」にはあまり興味がないのですが、本書には興味がわきました。

「禅」というとあのスティーブ・ジョブズも影響を受けたといいますよね。


今日は本書から、「今」「ここ」を充実させてラクに生きる考え方を紹介します。





無可無不可(可もなく不可もなし)

日本語で「可もなく不可もなし」といえば、たいていは特に優れているわけではないけれど特別よいわけでもない、もっと簡単に言うと「まあまあである」、というような意味で使われる。
しかしこれが禅で使われる場合はまったく違う意味なので注意して欲しい。
(中略)
可 もなく不可もなし、とは孔子自身が自らのことを言ったもので、「微子篇」にでてくる。つまり自分は、為すべきことや為してはならないこと、あるいはこれはオッケーでこれは駄目、というふうには決めつけていない、と主張しているわけだ。臨機応変、とも受け取れるし、より禅的にいえば、自分を見くびらないということかもしれない。

P.012
どんなときにも当てはまりそうです。

「私はどうせこういう人間だから」となにかを諦めたりするのも「決めつけ」、雨の日はつまらないと考えるのも「決めつけ」ですね。



一切唯心造(いっさいゆいしんぞう)

「一切はただ心が造るもの」、ということ。

このことについて初めて真剣に考えたのは、「禅」とは関係のない、この本を読んだのがキッカケだったかもしれません。

「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方

ストレスは出来事が与えてくるものではなく、自分自身がその出来事を「ストレスだ」と評価してつくりだしたのだ、と。


この本にもありました。

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

ゴキブリが気持ち悪いのは、ゴキブリのせいじゃない。あなたが気持ち悪いと思うからだ、と(笑)。


逆に、他人から見て不幸に思えることも、幸せに感じている人がいます。

まさに幸も不幸も「心」がつくりだしているということですね。



因果一如(いんがいちにょ)

禅師はそのことを「因果一如」と表現された。たとえば善因善果というけれど、もともと善悪の判断じたいが人間の勝手なものだし、結果なんていつどこに顕れるかわからないのだから、そんなものを期待して「今」という時間を殺すな。因でもあり、同時に果でもある瞬間として「今」を味わいつくせとおっしゃるのである。我慢して時を過ごすのは時間の殺生であり、禅ではそれも重大な殺生と考える。

P.133
ちまちま節約して貯金しても、明日死んでしまったら無意味に。

だからといって、将来のことなんて全く気にせず遊んで暮らせ、というわけにもいかないでしょう。

「楽しいことをする」のではなく、「することを楽しむ」と、禅では発想する。

P.134
いまの仕事が楽しくないから、楽しい仕事に転職する、という人もいるでしょうが、「いまの仕事を楽しむ」という選択肢もありますね。

どうすれば楽しくなるか、と考えること自体が、ちょっと楽しいかもしれません。


「今」を大切に。そして、「することを楽しむ」。

あなたはできていますか?



まとめ

4480061452

本書の著者は臨済宗妙心寺派福聚寺副住職

また、2001年「中陰の花 」で第125回芥川賞受賞している作家でもあります。


本書で初めて著者を知ったのですが、非常におもしろい方ですね。

ひと言でいえば、「不良」です(ゴメンナサイ)。

他の僧侶が読んだら怒るんじゃないか!?ということも書いてあり、しかしそれだからこそ面白いのです。


この本は、TV「ワールドビジネスサテライト」の人気コーナー、「スミスの本棚」で知りました。

ぜひ以下もチェックしてみてください。





次はどのレビューを読みますか?

4887595166怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書) 禅的シンプル仕事術4761268530



関連リンク




今日のひとこと

先日、名古屋マインドマップ普及会のイベントを開催しました。


【報告】2012/9/2イベント「文房具を楽しもう! 」vol.8


文房具好きって多いなぁ。とても楽しかったです!







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1889-1dd32312