FC2ブログ

じゃがりこの秘密!?あの企業はいかにしてアイデアを生み出したか 〜本『アイデアは才能では生まれない』  はてなブックマーク - じゃがりこの秘密!?あの企業はいかにしてアイデアを生み出したか 〜本『アイデアは才能では生まれない』

B0036Y5KJS

あなたの会社では最近、どのようなアイデアが生み出しましたか?

「アイデア」というと、なにか一部の特別なクリエイティブ職の人だけに関係のあること、と思う方もいるようですが、そうではありません。

「問題」のあるところに、「アイデア」があるのです。

客先とのトラブルをどう解決するのか、残業を減らすにはどうすればよいか、商品をもっと売るにはどうすればよいか。すべて、アイデアで解決するものです。


有名企業のプロジェクトリーダーがいかにしてアイデアを生み出したかがまとめられているのが、本『アイデアは才能では生まれない 』です。





【じゃがりこ】ネーミング・キャラクター化で親しみを

B0036Y5KJSB0045A7BMQB0068CP0OAB0045A0D12B0087CMBOGB004BDCY1KB0055PPLYU


みなさんおなじみ、カルビーの「じゃがりこ」の名前の由来を知っていますか?

「新しくできたじゃがいものお菓子を、担当者の友人の女子高生の『りかこ』さんが美味しそうに食べている姿を見て……『じゃがいも+りかこ』で、『じゃがりかこ』を縮めて、じゃがりこという名前になりました」

P.50

また、じゃがりこにキャラクターが描かれてますが、これもおもしろい。

カップの横にキリンが描かれているのですが、このキリンがこう言っています。
「食べだしたらキリンがない。」
いうまでもなく「食べだした ら、キリがない」をもじったダジャレです。発売当初は、キリンのキャラクターを採用した理由のダジャレを容器に書いていなかったため、お客様相談室に「な ぜ、キリンのキャラクターがついているのか?」という問い合わせが殺到したため、発売後に容器に印刷することになったそうです。

P.52

これを読んで、どう思いましたか?

ネーミングとか、キャラクター化とか、こんなにも有名な商品でも、意外とキッカケは「いい加減」だったりするようです(笑)。

しかしその「ユルさ」が、アイデアを生み出すには重要です。マジメなことを考えようとするよりも、ふざけたことを考えるほうがあれこれ思いつくなんて経験、ありませんか?


思い出したのは、『クラウド情報整理術 』、『クラウドどこでも勉強術』などの著者、村上さん

彼は株式会社カーツメディアワークスの代表をされているのですが、このカッコイイ社名の由来は?と聞いたところ、

「勝ーつ!です」

と言われ、衝撃を受けました(笑)。

アイデアって、こういうものなんですよね。

かしこまって、会議室で「うーん、うーん…」と真面目に考えてばかりじゃダメですね。



【松井証券】常識の逆を考える


松井証券は、古くからある証券会社ですが、新しいことにチャレンジして成功しています。

「他(社)の逆をいったらどうなるか?」と考えるのがポイントです。
渡邊さんが開発したのは、松井証券が2008年に主要ネット証券ではじめて開始した「夜間先物取引」という商品です。
(中略)
そうです。日中の取引の逆をいって、夜間に取引をするというアイデアを、渡邉さんは思いついたわけです。

P.97
自分の業界の常識を挙げ、それらのことごとく逆を考えてみるとどうなるでしょうか。

無理だと思うアイデアこそ、他社がやらないアイデア。

そこにチャンスがあるかもしれません。



【コンサル会社】他業界からヒントを得る

コンサル会社の事例も載っていましたが、なんとキャバクラからヒントを得たこともあるそうです。

まったく違う業界の常識的なアイデアを自分の業界へ持ってくると、実は斬新かもしれません。

同業他社から真似るのではなく、異業種からヒントを得るのは良いですね。


本書の事例をまさに、自分の会社なら?自分の仕事なら?と考えてみることも、思わぬチャンスにつながるかもしれません。

アナロジー思考ですね。

4492556974



まとめ

4532318149

アイデアというのは、才能ではなく、その方法を知っているかどうか、ということのようです。

しかし、本書『アイデアは才能では生まれない 』を読んでいると、「結局、アイデアを生むには経験が必要」という結論?になっているところが多いように感じました。

アイデアは才能ではなく、経験から生まれる、ということでしょうか。

では、経験とは何なのか。


以前、こんなことを書きました。

アイデアは既存のモノの組み合わせです。

組み合わせるために「思い出す」ものを持っていなければ、「ひらめく」ことはできない
わけです。

この「思い出すもの」を貯めこむことが、経験なのかもしれません。







次はどれを読みますか?

秋元康の仕事学 ( )41408135394788907925 しかけ人たちの企画術



関連リンク




今日のひとこと

最近あまり風景写真を撮ってない…。

お盆にはあれこれ撮りに行けるかも。







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1866-e697b0e4