FC2ブログ

可能性の無視は、最大の悪策 〜本『ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』  はてなブックマーク - 可能性の無視は、最大の悪策 〜本『ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』

4062175916

公務員には3つしかいないと思います。いてもいなくてもいい公務員、いちゃ困る公務員、いなくちゃならない公務員。それを選んでいるのは、結局、本人なんですね。

P.247
これは公務員だけではありませんね。

無難に「やるべきこと」を無難にこなすだけなら、「いてもいなくてもいい公務員・社員」になるでしょう。


公務員というと、お堅く、新しい・大きなチャレンジなどしないイメージがあります(失礼)。

しかし、そうではない方もいます。

それが、羽咋市役所職員の高野誠鮮氏。

本『ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか? 』には、公務員・高野さんのすごい仕事の数々が紹介されています。

どうすごいのか。それは本書を読んでいただきたいのですが、簡単に言うと、周りの人が「無理だろ」と思うことを思いつき、そしてそれを実行してしまうのです。

中でも、とても印象的だったのがこの言葉です。




「可能性の無視は、最大の悪策」

「神子原米」というお米をPRするために、誰か影響力のある人に食べてもらいたい。

そこで、ローマ法王に食べてもらおう!と実際にアプローチするのだから、普通じゃありません。

なかなかローマ法王からの返事は得られませんでしたが、その間も別のアイデアを実行します。

神子原地区のコメ、こめ、米……。また思いつきました。
日本ではアメリカを米国と書く。米国とはまさにお米の国だ。米の国の大統領は、神子原米を食べない手はないと。勝手な決めつけです。けれど勝手に自主規制して、何もアクションを起こさないのは私のやり方ではありません。可能性の無視は、最大の悪策です。作戦、練りました。

P.110
ハッキリ言って、発想としてはふざけてます(笑)。

しかし、それが良いのです。

バカげたことを考えるほうが、人間、次々とアイデアが浮かぶものだからです。


しかしそれを笑い話で終わらせず、実行に移すのが高野さんのスゴイところ。


彼はUFOで街おこし、なんてこともするのですが(笑)、そのときはゴルバチョフ書記長、レーガン米大統領、サッチャー英首相など、世界のVIP120人に手当たり次第手紙を書いたといいます。それで45%から返事が来たというのだから驚きです。

それをマスコミへ流せば、良いPRのネタになります。


「無理だよな〜」と自分の考えを殺してしまうか、それとも、うまくいったら面白いな!とダメもとでもワクワクして実行してしまうか。

実はこの差はとても大きいかもしれません。



まとめ

4062175916

新しいことをやろう!難しい(と思えること)にチャレンジしよう!と考え、それを実行に移すというのはとても勇気が要るかもしれません。

しかし、試しにやってみる、くらいのことなら、実は私たちでもできることがありそうです。


またそういうときには、どうしても周りに非協力的な雰囲気が生まれます。

「今までどおり」のほうがラクだし、新しいことには不安があるからです。


どのように周りの人をやる気にさせ、巻き込んでいくかという点こそ、本書のポイントだと思います。ぜひ読んでみてください。



次はどれを読みますか?

4877712860
482226267743440220924478016879



関連リンク




今日のひとこと

石田純一さんも着ている、金メダルを首からかけたデザインのTシャツ。

私もお気に入りで着ているのですが、いよいよこのオリンピックシーズンに着るのはちょっと照れくさい(笑)。

頑張れ!ニッポン!











コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1835-1105998d