FC2ブログ

【全10冊】現在気になっている未読本(2012/7/1版)  はてなブックマーク - 【全10冊】現在気になっている未読本(2012/7/1版)

http://blog-imgs-45.fc2.com/k/o/s/kosstyle/books.jpg

最近気になっている未読本の紹介です。

  • その本読んだけど良かったよ!
  • イマイチだったよ!
  • そのテーマならこっちの本のほうがオススメ!
など、ツイッターでおしえていただけるとうれしいです。


みなさんの気になる本は、この中にありますか?




ザ・マーケティング

B008AGPB2S

マーケティングの調査、実践、検証まで完全網羅している貴重な一冊!
ビジネスの現場ですぐに使えるノウハウが満載!

値段が高いですが、だからこそ読む人が多くなく、読んでおくとチャンスかもしれませんね。



真夜中の幸福論

4799311654

本『媚びない人生 』がとても良かったジョン・キムさんの新刊とあれば気になります。

著者についてなにやら騒動も起こっているようですが、真実は私にはわからないし、前作『媚びない人生 』は実際良かったです。

販売停止とかにはならないですよね?

豊富にちりばめられた著者の言葉は、まさに、魂の言葉だ。

「昨日の未熟な自分に心から感謝し、明日の成熟した自分を喜ぶために、今日の努力する自分を生きること」
「世界に招かれるのではない。我々が世界を招待するのだ」
「沈黙の世界から生まれてきて、沈黙の世界へ戻っていく我々」
「人生は他者と競争するものではない。人生を比較する基準など存在しない」
「人生の目的とは他者に勝つことではなく、より成熟した自分に向かって歩くことだ」
「結局のところ人間の不幸というのは、いま自分が息をしていることに対する感謝の気持ちを忘れたときに始まる」
「幸せというのは影のようで、追いかけると逃げていくが、太陽に向かって走り出すと、追いついてくるものである」
「我々はいちばん忘れるべきものをいちばんよく覚える。我々はいちばん覚えるべきものをいちばんよく忘れる」
「好きなことをやるということも幸せなのだが、やるべきことを好きになることも幸せである」
「我々が生きる今日という日は、亡くなられた方々が夢見ていた明日である」




モウリーニョのリーダー論

4408453927

と昨年つぶやいたら、最近?出てました!

モウリーニョというのは、有名サッカーチームをこんなにもたくさん優勝させた監督

また、指導する選手にとても慕われていることが知られています。

実際には本書はリーダー論ですが、

リーダーとは何か。それは命令を下すことではない、ガイドすることだ。レアル、インテル、チェルシー、ポルトを勝利に導いた、世界トップの優勝請負人。ビジネスリーダー注目。

とAmazonの説明にあるほか、目次には

●チームでの信頼関係
●共感を呼ぶ力
●カリスマ的リーダーとは
●一丸となったチーム
●個人よりも全体

とあるので、私の興味は満足されそうです。必ず読みます。



後輩力
 
4776207338

と昨年つぶやいてたら、なんとこちらも最近出ました!www


正直「後輩キャラ」になるのはイヤですが(笑)、多くの人に好かれるカラテカ入江さんについて知りたいと思いました。

なでしこジャパンの澤選手の日本代表の試合前日に自分の人生相談のために電話しちゃった話のほか、たまたま飲み屋で知り合った会社社長と仲良くなり、娘の結婚式に招待されたら加藤茶さんの結婚式だったなど、TVではすごいエピソードをたくさん語ってますね。

友だち5000人芸人で話題の
カラテカ・入江慎也が
人付き合いの秘けつをすべてさらす!

Amazonより

すでに入手済み、読んでます。



異端力

4396112831

先行きの見えない経済不況、東日本大震災を経て、日本はいま閉塞感に包まれ
ています。なぜ、リスクを取り、過去を捨てて変われないのか。その最大の壁は
「常識」です。いま必要とされているものは、頑迷な常識と、敢然と戦う「常識
破り」の人間です。それを本書では「異端」と呼んでいます。


「いやいや、ふつうに考えてアレはこうでしょ!」
「◯◯なんて常識だろ!」
「前もこの方法でうまくいったから」

などと言って(思って)しまう人は要注意かも。



挑む力

4822262677

挑戦することは誰でもできる。挑み、そして「成し遂げる」には何が必要なのか?
スーパーコンピューター「京」、宇宙を解き明かす天文観測装置「アルマ望遠鏡」、
日本の食を支える農業IT(クラウド)、らくらくホン、ブラジル進出……
挑戦し続け、成し遂げるための答えを、数々の難プロジェクトに挑んだ富士通の
プロジェクトリーダーたちの物語から解き明かす。

『◯◯力』という本が続きますね。

不安の多い世の中だから守りに入りがちですが、こういうときこそ「挑む」ことが必要なのでしょうね。

これも入手済。これから読みます。



挑戦する脳

4087206513

日 本を取り巻く困難はより深いものになっており、私たちは先の見えない日常を送っている。だが、このようなときにこそ、人間の脳が持つ「挑戦」の素晴らし い能力が生きてくる。脳はオープンエンドなシステムであり、試練に直面したときに新たな力を発揮する。事実、アインシュタインをはじめとする天才たちは、 さまざまなハンディを乗り越えてブレイクスルーを生み出した。
「挑戦」は一部の人たちのものではない。ごく普通の、私たちの日常の中にも「挑戦」は偏在している。人間は誰もが経験したことのない新たな世界と出合い、 自分の存在を確立しようと奮闘して生きている。困難を力に変えて生きるために、私たちはどうすればよいのか? さまざまな事例をもとに論じる、著者渾身の書。

こちらも「挑戦」についての本。

いろいろいう人もいますが、私は茂木さんの本は結構好きです。



一億人に伝えたい働き方

4569805922

正式には、『一億人に伝えたい働き方 無駄と非効率のなかに宝物がある』。

ライフハックを追求しつつも、たとえば人間関係やアイデア発想などの分野では非効率な方法が良い場合があります。

たとえばサトーカメラでは、接客についてあえて非効率を選ぶことで、お客さんから絶対の信頼を得ています。


「非効率」のメリットと使いどころが本書で見えるかも?と期待してます。



賢人の企画術

4344902521

なんといっても著者陣がスゴイ。

夏野剛 (「iモード」ビジネスの立ち上げに携わり、「おサイフケータイ」などの新規事業を企画・実現)
おちまさと (「学校へ行こう! 」「仕立屋工場」「空飛ぶグータン」など数々のヒット番組で企画・演出・プロデュースを手がける)
高橋憲行 (「株式会社企画塾」代表。1984年『時代の構造が見える企画書』(実務教育出版)等が大ベストセラー)
岩崎夏海 (AKB48のプロデュースなどにも携わり、著書『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』が 270万部のベストセラー)
箭内道彦 (タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」などに携わる)



街場の読書論

4778312880

本はなぜ必要か。
どうすればもっと「伝わる」のか。
強靱でしなやかな知性は、どのような読書から生まれるのか――。

ブログ「内田樹の研究室」と、各媒体への寄稿記事より、「読書」と「表現」に関するものを厳選、大幅に加筆・改訂。
21世紀とその先の生き抜くための、滋味たっぷり、笑って学べる読書エッセイ!

すでに入手済、読み始めていますが面白いです。

読書好きの人も、そうでない人も、ぜひ。



まとめ

『◯◯力』や、挑戦についての本ほか、いろいろ紹介しましたが、10冊目の『街場の読書論 』のような、ゆるいようでいてためになる本も良いですね。


こちらもどうぞ。

2011年に読んだ本150冊の中で最も影響を受けた10冊+α #10book2011 

ここではほとんどビジネス書・自己啓発書ばかり紹介しましたが、カラーバス選書法もぜひお試しあれ。


ちなみにこれまで気になる未読本として以下を紹介しています。




関連リンク



今日のひとこと

あなたの一番好きなビジネス・自己啓発書「以外」の本を、1冊だけ教えてください。









コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1812-6deb7708