FC2ブログ

スポンサーサイト  はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひらめくとは思い出すことである  はてなブックマーク - ひらめくとは思い出すことである

http://blog-imgs-44.fc2.com/k/o/s/kosstyle/idea_20110603011713.jpg


アイデアをたくさん生み出すことのできる人は、問題解決のできる人です。

それは、仕事はもちろん、プライベートでもとても重要なスキルではないでしょうか。


これについて、最近とても印象に残っている言葉があります。





ひらめくとは思い出すことである

ひらめくとは思い出すことである。知らないことは思い出せない
(中略)
脳内データベースが発想力を高める

これはクリエイティブ・ディレクターでコピーライターの山本高史さんの言葉です。


アイデアは既存のモノの組み合わせです。

組み合わせるために「思い出す」ものを持っていなければ、「ひらめく」ことはできない
わけです。


私はここ数年、多読を意識しています。

昨年は1年間で150冊、今年ももう100冊を読破しています。


たくさんの本を読むより、質の高い本を数冊、何度も読み込んだほうが良いという考えもよくわかります。

読んでも行動してなきゃ意味がないとも思います。


しかし今の私はあえて多読です。

その理由は、とにかくたくさんの情報に触れたい!脳内データベースを豊かにしたい!という欲求が一番です。

1年に5冊の本しか読まない人と、200冊の本を読む人とでは、出てくる言葉やアイデアが全く違うと思うのです。

そういう意味で、「ひらめくとは思い出すことである』という言葉はとてもしっくりきました。


話題の本『土井英司の「超」ビジネス書講義』には、「時代の流れをビジネス書から読む」ということも書いてあります。

これも、多読のメリットかもしれません。
4799311638



情報は「本」や「ネット」だけではない

ひらめくとは思い出すこと」であるなら、もちろん思い出す情報というのは本に限ったものではありません。

日常の中で考えたことや、体験したことも情報ですね。


たとえば私は、恥ずかしながらもう20年も日本から出ていません。

海外旅行をたくさんしている人と比べれば、「海外での体験」レベルの情報に乏しく、思い出す情報はごくわずか。そこからのひらめきはないわけです。

逆に海外へ行って様々なことを体験し、「考える」ことをしている人は、たくさんのことを「ひらめき」、こんな本も書けるわけですね。

4479793488


そういえば、本『ザッポス伝説』でザッポスCEOトニー・シェイはお金の使い方について、

モノより体験

と言っていたのを思い出しました。



まとめ

あなたは「ひらめく」ために、どんな情報を持っていますか?


そうは言っても、たくさんの情報を細かく記憶すべきという意味ではありません。

本でいう目次が頭の中にあれば、ひらめく(思い出す)ことはできます。

そのあと詳細はググれば済む時代ですからね。


この記事も、『日経ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 07月号』で上記の言葉を見つけたときに、私の記憶のデータベースにある別の情報が思い出されてつながり、「ひらめいた」ものです。

B0085WZJ24

実はこうしたことはあらためて言うまでもなく、誰にでもよくあることですよね。



次はどのレビューを読みますか?

4799311638 4492556974秋元康の仕事学 ( )4140813539



関連リンク



今日のひとこと

雨の予報だったのに晴れた日は、なんだか得した気分ですね。









コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1784-43d290fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。