FC2ブログ

【全10冊】現在気になっている未読本(2012/4/24版)  はてなブックマーク - 【全10冊】現在気になっている未読本(2012/4/24版)

https://blog-imgs-45-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/books.jpg

最近気になっている未読本の紹介です。

  • その本読んだけど良かったよ!
  • イマイチだったよ!
  • そのテーマならこっちの本のほうがオススメ!
など、ツイッターでおしえていただけるとうれしいです。


みなさんの気になる本は、この中にありますか?





成功の心理学

4478012997

★30年近く読み継がれる名著がついに復刊!
★全世界2000万人を感動させた『ザ・シークレット』の著者ロンダ・バーン。
彼女が「師」と仰ぐ著者の代表作!

ザ・シークレット にはとても良い影響を受けたので、これは気になります。

■プロローグ 成功者の条件
■第1章 積極的な自己認識
■ 第2章 肯定的な自己評価
■第3章 率先した自己コントロール
■第4章 モチベーションを高める
■第5章 大胆な自己期待を持つ
■第6章 どん欲な自己イメージづくり
■第7章 明確な目標設定
■第8章 活発な自己訓練
■第9章 豊かな人生観を描く
■第10章 印象的な自己表現
■エピローグ 人生の勝利者となるために




笑いの凄ワザ

4804717706

私はミーティングなどで真剣になるとついムキになってしまうことがあります。

しかし最近、私の友人にハっとさせられました。

ミーティングのピリっとしたムードや難しい状況を、ユーモアで和ませてくれるのです。

ややこしい発言に対しても、うまくユーモアで切り抜けます。

それはビジネスに必要なスキル・センスだと感じました。

本書からそんなことが学べるかな?と想像してます。

まえがきに代えて ビジネスになぜ“笑い”が必要?
プロローグ 笑いは大人の上質な気配り
講座1 笑いを支える人間力―賢いアホとほんまのアホ
講座2 笑いの気概と心構え―心のカラを破ってナンボ!
講座3 笑いで極める仕事力―ツカんで、ボケて、ツッコむ!
講座4 笑いが生み出す突破力―場の空気が一気に変わる
講座5 笑いで磨け!自分の流儀―仕事も人生も自由自在!




文章表現 四〇〇字からのレッスン

4480086129

筑摩書房の熊沢敏之社長のおすすめ本だそうです。

巧みにPRしようと思えば思うほど、紋切り型になってしまうのは不思議です。だったら逆に、自分にしか書けない、ほんとうに個性的な文章に挑んでみてはどうでしょう。

私はブログを書いていてつい、ありがちな表現ばかりしてしまいます。

わざと自分らしい言葉遣いや言い回しをつくるということではなく、自分なりの見方・捉え方を磨き、それをうまく表現できればと感じます。

本書がその助けになればと、興味津々です。

第1章 文章表現入門―自分にしか書けないことを書く
第2章 ことばは自分の中にある―レッスン「最初の記憶」
第3章 目とこころとことばと―レッスン「水の入ったコップ」
第4章 文章は「断片」によって輝く 1―メモ論
第5章 人間へのまなざし―レッスン「私の出会った人物」
第6章 演技することばたち―レッスン「モーツァルトへの手紙」ほか
第7章 文章は「断片」によって輝く 2―断片論
第8章 “なにか捉えられないもの”―レッスン「学園の断片」
第9章 想像・夢想・他者―レッスン「もう一人の自分」
第10章 文章の完成―方法としての「断片」




学ぶとはどういうことか


4062821206


大人も(大人こそ)学びが必要だということは、みなさんも感じていらっしゃることと思います。

本書を読むと、その考えが深まりそうですね。

第一章 東日本大震災と「学ぶ」ということ 「想定」の呪縛
想定の枠内での「学び」、想定の枠を超える「学び」
ほか

第二章 『学問のすゝめ』を読み解く 「学び」と日本の独立
「私徳」から「大智」へ
ほか

第三章 武器としての「学び」 「変えられないもの」を「作り変えられるもの」に
隷属構造からの解放
ほか

第四章 「学び」の四段階 「勉強」で到達できないもの
「知る」「理解する」「疑う」「超える」
ほか

第五章 何を「学ぶ」のか 学ぶ人の態度
「勉強」と「学び」の因果関係
ほか

第六章「学ぶ」ことの限界をめぐって 真の「学び」は手本から自由になること
万物の尺度は神か、人間か
ほか

第七章 専門性と「学ぶ」こと プロフェッショナルの魂
東大の学部の席次
科学的問題解決モデルの死角
「考える専門家」と「考えない専門家」
「見立て」の技法
賢慮・知慮

第八章 政治に見る「学び」 「学ぶ」ことに終わりはあるか?
何が王で何が飛車かが問題
ほか

あとがき 「学び」は人生の可能性へのチャレンジ




すみませんの国

4532261570

「すみません」とすぐに言う、「それはいいですね」と言いつつ実は拒否している、自分の意見を押し出すと「空気が読めない人」になる、全員が“首をかしげ る”提案がなぜか会議で認証される――日本独自のコミュニケーションの構造をひもとく『「上から目線」の構造』著者の最新刊。

「すみません」のかわりに「ありがとう」 という話を以前紹介しました。

日本独自のコミュニケーションというのは、日本人だからこそ気づいていない点が多そうで、興味深いです。



それでも読書をやめない理由

4760140840

プロローグ 「文学は死んだ」?
第1章 物語の中の真実
第2章 この騒々しい世界で
第3章 もうひとつの時間、そして記憶
第4章 文学という鏡
第5章 本を本たらしめるもの
エピローグ それでも、わたしは本を読む

テレビやインターネットなど、他にも情報を得られる媒体はありますが、それでも「本」はなくなりませんよね。

著者の読書論に興味があります。



影響力

4864010676

第1部 影響力を身につける方法―影響力と力を備えた人物になるには(まず、影響力の基盤を構築する
影響力のネットワークをつくる ほか)
第2部 影響力のささやき―役にふさわしい態度・行動と外見(役にふさわしい態度・行動
アクティブ・リスニング(積極的に聞く) ほか)
第3部 ネットワークを張りめぐらす―コミットメントと忠誠心を確立する(パートナーシップの法則―信頼されるパートナーになる
信頼関係を築く ほか)
第4部 チャンスをつかむ―正念場を最大限に利用する(闘いを選ぶ
ウィン・ウィン ほか)

英国ビジネススクールにおけるリーダーシップ教育の第一人者が教える、ビジネス現場における最強の「影響力」、だそうです。

昨年の話題作『「権力」を握る人の法則 』に近い内容を想像していますが、どうでしょうか。



脳はすすんでだまされたがる

404110159X

静止した絵が動いて見えたり、曲線だと思ったら直線だったり、あなたが見ている現実の大部分は錯覚なのです―。脳は、なぜだまされてしまうのか。その謎を 解くために、気鋭の神経科学者が実際にマジシャンに弟子入りし、マジックを通して認知科学実験を敢行!その奮闘ぶりと研究の成果を、ベストセラー『脳のな かの幽霊』の共著者がつぶさに綴る。錯覚の不思議をおもしろく解説した異色の脳科学ノンフィクション。

マジシャンがどのように脳(人)をだますのか、とても興味深いですね。

種明かしが気になるということではなくて、どのような脳の性質を、どのように欺くのか、という点が気になります。



記憶する技術

4763131966

・60歳を過ぎても司法試験に合格できる理由
・記憶量の増え方は「足し算」ではなく「かけ算」
・毎年300人、15年分の塾生の顔を覚えられるわけ
・復習のゴールデンタイムは「1時間以内」と「寝る前の5分」
・なぜ、色鉛筆を使ったほうが覚えやすいのか?
・B6カードを使う「論点ブロック法」という記憶法
・受かる人のカンニングペーパー、落ちる人のカンニングペーパー
・全盲の受験生が教えてくれた「耳の記憶力」の鍛え方
・「一日をふり返る訓練」をしよう
・マイナスの記憶をプラスに変換する方法

Amazonでの評価が割れていたので興味を持ちました(笑)。

パソコンだ、クラウドだと言っても、人間の記憶力は良ければ良いに越したことはありません。

本書から学べることはおそらくあるのではないでしょうか。



ブレーンステアリング

4484121069

ブレーンステアリングとは―――
(1)「正しい質問」を導き出し、(2)「正しいプロセス」を踏むことで、
思考をより生産的な方向に誘導(ステアリング)する手法です。

と言われても、いまいちピンと来ません。読むしかないですね。。。

気になります。

はじめに なぜ「ブレーンステアリング」なのか?
1章 アイデア発想に役立つ「質問」の確かなパワー
2章 「正しい質問」の蓄えを増やす
3章 よりよいアイデアの見つけ方
4章 質問群構築の体系的アプローチ
5章 アイデア発想のための「分析」の使い方
6章 個人のアイデア発想力を最大限に発揮するために
7章 お粗末なブレーンストーミング・セッションから最高のブレーンステアリング・ワークショップへ
8章 部下からよりよいアイデアを引き出す方法
9章 アイデア工場を作る
10章 10億ドルのアイデアを目指せ!
付録 画期的なアイデアを生み出す「正しい質問」101




まとめ

カラーバス選書法を実践して以来、選ぶ本の幅が徐々に広がりつつある気がします(ここに挙げた本はそうでもないですがw)。

どんな本を読んできたのか、どれだけの本を読んできたのか、それが人をつくるとすれば、良い傾向と思います。


みなさんも、興味ある本があれば、幅広く読んでみてください。

↓ こちらもよろしければ。

2011年に読んだ本150冊の中で最も影響を受けた10冊+α #10book2011 


ちなみにこれまで気になる未読本として以下を紹介しています。




関連リンク










今日のひとこと

観葉植物が好きです。けど、いつも水じゃなくて、コーヒーとかコーラとか与えてもちゃんと育つ植物があるなら、もっと愛着湧きそうです。Fri Apr 20 09:35:58 via SOICHA



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1711-bae51eb5